summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

輝くのは少し先

こんばんは。

ブログに訪れてくださる方だとか、

さまざまなキーワードで検索される中で、

自分のブログは自分と同じような境遇とか、同じような感情とか、

過去の経験とかを持った人だと嬉しいし、自分のブログで少しでも

勇気が出たりしてもらえるとこれ以上ハッピーなことはありません。

今日も詩を書いてみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日は朝の占いで

bad dayだってさ

いつもより

気を付けて

行動していると

 

君の笑顔

それだけで

good day

変わったよ

 

誰だって

浮き沈みが

あるみたい

 

辛くなったときに

ふと出会えた

あなたの言葉

 

自分だけじゃない

そう気づけたとき

遠く離れた

あなたと繋がった

気がしたよ

 

これから

しんどいことが

起こったら

 

またあなたの

言葉を探して

歩き出すよ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

んーそこそこですかね。

不登校だったころとか、ふとした新聞記事だとか

テレビのニュースだとか

いろんな人の言葉の中で

本当に響く言葉を発する人がいます。

おそらく、自分の体験を言葉にできたのだと思うのですが、

それによって救われたり、少しでも心が軽くなったりすると、

本当に価値のあることだと思います。

さてとテレビ見て寝よう。