summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

この世の中は目を開けて見ている夢

いつだってそう

不安な出来事とか

悲惨な事件をニュースで見ると

 

目を背けたくなる

現実は

残酷で映画みたいな

ハッピーエンドは

待っていない

 

ニュースでそんなに

熱くなれるあなたが

羨ましいよ

 

ぼくにとっては

遠い国の存在の

遠い国の出来事

 

ぼくには関係ない

そうであってほしい

 

一番こわいのは

事件に巻き込まれることじゃない

 

身近で起こったり

身内が巻き込まれたとき

 

ぼくは当事者でいられるだろうか

いつものように

 

遠い国の

知らない人の出来事と

同じような感覚で

過ごしてしまわないだろうか

 

もっと勉強したら

遠い国で怒ってる人は

怒りを鎮めてくれるの

 

もっと善いことを

たくさんしたら

紛争はなくなるの

 

だれが謝ったらいいの

誰も教えてくれないし

誰も解決法をしらない

 

こわいほどの

無関心でも

いつかの未来で

 

一緒に笑って過ごせる日が

くると信じているよ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

んー長いだけの駄作ですね。

 

それにしてもパリは怖い事件ですね。

東京でも起こりうるのでしょうか。

難民も犯行に加わっているそうです。

トリコロール柄にフェイスブックのプロフィール画像を変更すると

パリ市民の安全と平和を祈るための意思を表すことができるようです。

賛否両論あるそうですが、3・11経験者はpray for japanで勇気づけられたそうです。

スーパーひねくれの僕は、

トリコロール柄にしている人を見て、事件の背景とか知ってるの?

歴史もわかってるの?とか思ってしまいます。流行りにのってるだけ、とは思いませんが、

いろいろ理解した上でやったほうがいいのでは、と感じてしまいます。

僕自身は、自分のようなひねくれの方に自分の意思を明かしたくない気持ちで

トリコロール柄にしていません。

あんまり考えすぎず、パリの方へ向けて応援の気持ちを込めて行動することのほうが

価値のあることだと思います。

 

賛否両論あって、そちらに目が向いてしまいますが、

悲惨な事件が二度と起きないことと、凶悪な犯人が早く捕まることを願っています。

 

Pray for Paris