summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

諸葛亮孔明ー三国志の名軍師について書籍や情報整理

三国志といえば、というキャラクター諸葛孔明。諸葛亮。

 

蜀の軍師ですよね。

自分も頭が良い人に憧れます。東南の風吹かせて~~!

 

f:id:summersunday:20180617214552j:plain

 

諸葛亮孔明

三国志って?

中国の歴史区分で、184年~280年までのことを指します。

 

三国とは、

の三国で、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備という君主が有名です。

 

三国無双やゲーム三国志などもお馴染みです。

 

三国志演技という歴史小説の物語が有名になったそうです。

 

諸葛亮プロフィール

諸葛亮 (コミック版 三国志 英雄伝2)

181~234年。ちょうど三国時代とともに生まれたのですね。

伏龍、臥龍とも呼ばれ、蜀の劉備に仕えた。劉備の後継、劉禅の丞相として補佐しました。

 

蜀の軍師といえば諸葛亮孔明という存在で、さまざまな戦で兵法を用いて敵を攪乱し、勝利を収めています。

 

三顧の礼

人材を求める劉備が三度出向いて諸葛亮を口説き落としたエピソードから

 

人を口説くときは、自ら出向き、一度や二度は断られても足しげく誠意を見せると良い、という意味でつかわれることがあります。

 

諸葛亮は劉備に仕えるときにすでに「天下三分の計」と唱え、北の有力な曹操、東の有力な孫策、孫権とは衝突せずに天下を三つに分ける戦略を出しています。

 

劉備は徐庶、龐統、諸葛亮という名軍師を配下に加えます。諸葛亮、龐統は「伏龍」「鳳雛」と呼ばれます。

 

諸葛亮の名言

諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

・勢力や権力を目的とした交際は長続きさせることが困難である

・内部の守りを固めずに外部を攻めるは愚策である

・将帥、勇ならざるは将なきに同じ

(将軍に勇気がなければ、将軍がいないのと同じこと)

・小善を必ず録し、小功を必ず賞せば、則ち士勧まざる無し

(小さい良い行いを記録し、小さくても良い功績は褒めたたえることを徹底すれば、部下や家臣たちのやる気は高く保たれる)

・泣いて馬謖を切る

(かわいがっている部下であっても命令に背いた場合には厳しく処罰すること。馬謖は丘の上に兵を置いてはならないという諸葛亮の教えを守らず自分の判断で小高い丘へ兵を置き、囲まれて兵を減らすことになってしまったことから。)

・死せる孔明、生ける仲達を走らす

(自分が死んでも、戦の場では部下たちに木像を作らせ健在であるかのように振る舞い戦略として司馬懿仲達(魏の軍師)を走らせた)

 

赤壁の戦い

曹操(魏)VS劉備(蜀)・孫権(呉)の連合軍が戦った三国志で最も有名な戦い。

 

映画レッドクリフなどにもなっています。

レッドクリフ Part I & II ブルーレイ ツインパック [Blu-ray]

 

諸葛亮は天下三分の計を説き、呉と手を組むことを劉備に進言。

一夜にして模造船を走らせて矢の雨を受けることで矢を調達し、決戦の際は「祈祷」により東南の風を吹かせ、火計によって火を拡散することに成功した。

曹操軍は圧倒的な兵力を誇りながらも、火によるパニックで後退することに。

 

司馬懿との関係?

真・三國無双 英傑ブランケット 司馬懿

三国が成立してから、諸葛亮は何度も魏へ攻め込みました。(北伐)

 

五丈原の戦いが有名です。

 

戦いののち、司馬懿は陣形跡を見ながら、「天下の奇才なり」と表現したそうな。

 

敵でありながら評価を受けるということは相当にお互いが敬意を持っていたということだと感じます。

 

こんな記事も書いています↓

三国志の好きな武将【魏・呉・蜀各3名】 - summersunday’s blog