summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

メニエール病というストレスか疲労からくるめまいになったときの話

こんばんは。

今日もそこそこ忙しい一日でした、移動がきつい。片道2時間。

さて、社会人2年目、ぼくはメニエール病という病気になりました。

回転性のめまいがする病気です。

ストレスが原因だそうです。最初は、驚きと、ストレスで身体に影響がくるなんて、という自分のメンタルの弱さを嘆きました。

そのときのことを詳しく。

 

1、社会人2年目ー部署異動後に半年ほど経過し、現場に近い部署のため体力的にも疲労が蓄積する。

1年目の最後まではほとんどパソコンと向き合う仕事だったのですが、2年目から同じ部署の配置移動で現場に近い場所になり、一日中現場という日も多く、また残業も重なり体力的に疲労していました。栄養ドリンクに頼っていました。週末は遊びたいときで、当時は彼女ができたばかりで、寝る間を惜しんで遊んでいました。そんな疲労をため込んだ時期でした。

 

2、朝起きたら激しいめまい

朝目覚めると、信じられないくらいのめまいが。テレビの画面が回るのがわかりました。ものすごい吐き気に襲われ、立ち上がることもできず、寝たまま会社に電話をかけました。起き上がれずに、そのまま寝ると、2時間ほどで目が覚め、普通の状態に。

 

3、迷惑をかけられない、会社へ

人数の少ない部署で、一人欠けるとたちまち仕事が詰まってしまうところなので、11時過ぎに会社へ急いでいきました。しかしながら偶然にもその日はまだ忙しくないときだったので、帰らせてもらえることに。

 

4、年の為、病院にいこう

めまいが収まり、何事も無かったかのような状態でしたが、不安だったので、病院へ行きました。めまいがしたことを伝えると、耳鼻科へ案内され、症状を伝えると、聴力検査へ向かわされました。

 

5、聴力検査ののち、メニエール病だと伝えられる

聴力検査の結果、典型的なメニエールの症状だと言われ、深刻そうな顔で、一緒に治療していきましょう。と言われてしまいました。

難病なのかな、ととても不安になったことを思い出します。ストレス性ってのが厄介ですよね。

 

6、1週間ほど服薬し、治療を終える

1週間、粉薬とまずい液体を飲み続けました。耳の病気なのか、水分が耳に溜まるような状態になり、それが平衡感覚をつかさどる神経を圧迫し、めまいを引き起こすようです。1週間後、また聴力検査をすると、聴力が戻っており、無事に普通の生活に戻りました。

 

7、会社のマネージャーに相談

仕事の過労が原因だと思っていたぼくは、マネージャーに相談をしました。メニエール病のことはマネージャーも知っており、体調の悪いときは申し出るようにとのことでしたが、仕事の軽減などはしたくなかったので、良い具合に仕事にも全力で取り組めるようになりました。

 

8、いまだに疲れがたまると目が回る

一度の大きな回転性のめまい以降、大きなめまいはありません。しかしながら、いままで無かっためまいが起こることがあります。決まって仕事の遅くなった日の夜中などです。

 

今後も上手く付き合っていく必要がありそうですね。

ゆっくり過ごせる日があれば、すぐに症状は良くなります。

ストレスマネジメント、しっかりしましょうね。

胃とかに来る人も多いようです。20代でもあるようですよ。要注意!

 

あまり仕事に疲れたらワークライフバランスを保てる企業を探すのも方法です。

 

MIIDAS