読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

オススメ映画!ブログで見つけた映画を見てみたので感想

広告

オススメの映画ランキングなどで紹介されていた映画を見てみました。

どれもTSUTAYAでいう旧作です。100円+税で見れるので、ぜひ。

これから下はネタバレもろ有りです。

 

Before Sunrise

 

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

 

 

Beforeシリーズの初作。「恋人までの距離」という邦題もあります。

1995年のアメリカ映画。

ヨーロッパの長距離列車の中で出会ったアメリカ人学生ジェシーとフランス人女学生セリーヌ。列車内で夫婦ケンカが始まり、そこから避けるように移動するセリーヌ。偶然隣に座っていたジェシーと、騒動の内容を聞かれる中から会話が始まり、食堂車へ誘われる。そこで意気投合したものの、ジェシーはウイーンで降りる予定で、セリーヌはパリへ向かっていた。

ジェシーが降りる直前に、声をかけなかったら一生後悔すると思って、と言いながら途中下車をお願いする。その願いに乗ったセリーヌ。ジェシーは明日の朝の便でアメリカへ戻る予定で、ホテル代も無いため街を歩き回る予定だと告げる。二人の翌朝までの恋が始まる。

ウイーンの街へ降りた二人は、観光スポットを聞こうと街の人に声をかける。街の人に、ここに来た目的は、と聞かれ、ハネムーンよ、と冗談で答えるセリーヌ。

そこからレコードショップや、お墓、遊園地や夜の繁華街、クラブなどを巡っていろんな話をする。二人の人生観や価値観を語る姿は、学生らしく、悩みに満ちていて共感できる。人生をよりよく生きるには、という悩みを一生懸命に見つけ出そうとする二人。神様は人の心の中にはいない、いるとしたら、人と人のこのあいだよ。だとか、魔法が存在するとしたら、人を理解しようとするために何かをシェアしようとすることよ、とか。

朝が近づくにつれて、どんどん惹かれあっていく二人。時間の少なさに戸惑いながら、一度は理性ある大人の選択をしよう、と再会の約束や、連絡先を交換しないことを選択。この決断がより一層の二人の間を近づける。バーでお酒を飲むために、ジェシーはバーテンダーに必ず送金をするから、とワインをもらう。バーテンダーも、君の人生最高の夜に、と送り出してくれる。二人の印象を語り合う中では、最初から電車を降りるつもりでいたことや、お互いの好きなところを、友人に電話するというような設定で話し合う。このシーンは、見ているほうが恥ずかしくなるほど。

最後の最後には、再会の約束はしないと決めていたはずが、こらえきれずジェシーから、また会えないかと提案する。セリーヌもまた会いたいと言ってくれることを待っていた、と再会を約束する。半年後に同じ場所のウイーンの駅で。

 

見ながらかなりキュンキュンしました。人は一日で恋に落ちると思いましたし、こんな素敵な二人にぜひとも再会してほしいと願っています。役柄とはいえ、本当に二人は人生を真剣に考えて、向き合っています。ほんとに好き合っているように見えます。

ウイーンの街も素敵で、町中が絵に描いたような世界で、大人でも正解の出ない人生の問いを考えていく二人が、とっても甘酸っぱいです。なぜか、二人は若いのに、「理性ある大人」として遠距離恋愛を選択しませんし、どちらかが引っ越すという選択もしません。今夜限りにしよう、と。その設定が本当に悲しく、その時間を大切に過ごす二人に感動します。電車を降りたときから一緒に寝てもいいと思っていたと知っても、好きになりすぎて、そんなことをしていいものかと悩む男子の気持ちもすごくわかります。

最後には再会を誓い合うので、がんばれと応援してしまいました。

 

続編は誰かと見たいぜー!

 こちらの記事もどうぞ。

summersunday.hatenablog.com

 

広告