summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

メンタルイルネスとの向き合い方とかの話

広告


GIRLS' GENERATION - Catch Me If You Can MV (sub español - roma - hangul) HD

 

こんばんは。

サマーサンデーです。

 

表題の件、自分なりの向き合い方を考えたいと思います。

長いので、上の音楽を流しながら読んでいただけると幸いです。

 

はじめに:発症時期と症状

16歳のとき、精神的な病気にかかりました。部活で疲労したまま、いろいろ考えすぎてしまったようです。寝つきが悪いのは昔からあり、丸々2日くらい一睡もできない日がきて、そこから変な想像をして怖くなったり、よくわからないことを言いだしたり。自分もよく覚えていないのですが、僕はとっても悪いことをしたから、償わないといけない、とか。スパイに追われてるから、俺に関わらないでくれ、とか。脳神経外科に連れていかれ、精神病院を紹介されました。そこから通院が始まり、薬を飲みながら高校へ通いましたが、数か月で行けなくなりました。眠れないのも辛く、薬で眠った日も多かったです。だんだんと薬の量が減り、アルバイトを始めながら社会復帰していったように思います。

 

メンタル面が影響した体調不良

・高校生のときの病名不明の精神病

・メニエール病(社会人2年目、回転性のめまい)

・軽うつ病(社会人5年目)

 

高校生のとき

悩みも多い時期だったと思います。漠然と将来への不安も多かったです。病気は先生も病名などは言わずにカウンセリングをしたり、よくわからない絵を見ながらのテストのようなものをしたり、脳波を測ったり、いろいろとしました。うつ病の本を読むと、自分と似たような症状があるのを感じました。

・寝つけない

・何もしていないのに疲れが出る

・自分に価値がない、申し訳ないと感じる(強い罪責感)

・集中力が続かない

薬はいくつか試して、自分に合うのを探すようなかたちでした。最初は非常に抵抗があり、精神安定剤を自分が飲むなんてと思いながら飲んでいました。セレネースという薬や、リスパダールという薬を飲んでいました。最終的にはリスパダールという薬だったように思います。合わない薬のときは、頭が重くて仕方がないときもありました。家族から言われて、日記をつけるようにしていたと思います。落ち着いてから薬のことを調べたりして、統合失調症に効くと書いてあったりして、一体自分の病気はなんなのだろうと不思議に思います。

 

メニエール病

社会人2年目には、激しい回転性のめまいに襲われました。天井がまわり、気持ち悪くて吐くほどです。病院に行って聴覚診断をして、メニエール病だと言われました。仕事で疲れていたのと、ストレスも溜まっていたのだと思います。転職も考えましたが、1週間ほどの服薬でよくなりました。おしっこが出やすくなる、苦いシロップみたいなのを飲んだのを覚えています。耳の奥に水がたまって三半規管を圧迫してめまいが起こる仕組みのようです。

 

軽うつ病

社会人5年目でした。営業の数字へのプレッシャーと、上司との関係性が原因かと思います。東京で消耗したのはこのときです。転職前と転職後に同じような症状にかかりました。転職前は貧血気味にもなっていたようで、最初は内科に行ったのですが2週間くらい体調がすぐれなかったので、クリニックに行きました。適当な病名をつけてもらい、転職前の会社は休ませてもらいました。しかし、休みが長くなり転職を考えていた時に面接が決まって内定をもらえました。転職後には最初の数か月は定時上がりのお気楽リーマンだったのですが、すぐに忙しくなり、終電の日々に耐えられずに会社に行けなくなりました。自分のダメさに、死んだほうがいいのではないかと思ったこともあります。とにかく遠くに行きたくて、新幹線に乗り込んでいました。実家も通り過ぎてしまいましたが。家族に手紙を書いてるときは、さすがに泣けました。

このときは人事の方と話をさせていただき、休職をしました。4か月休職したのですが、不毛な期間であり、いろいろと人生の転機にもなりました。

 

いまの考え方とか生活とか

・東京を離れました(静岡在住)

自然が多いと単純に癒されます。電車通勤は少なからずストレスです。

 

・早く寝る

とにかく早く寝ています。11時くらいには布団の中です。休日も寝すぎないような生活です。

 

・残業など過負荷を避ける

体力面もメンタルに影響をします。部署も残業が少ない部署でありがたいです。全員が終電まで残るのが普通なのはしんどくて無理です。

 

・人と比べない

案外負けず嫌いなようで、営業のときは数字で同期に勝ちたかったし、同世代の平均年収を気にしてました。意識的に比べないようにしています。

 

・等身大で生きる

等身大というと聞こえはいいですが、要は「自分は大したことない」ってことを自覚して生きるということです。

 

・何事もtoo muchにならない

のめりこんで、根詰めるタイプのようです。根詰めないようにしてます。ブログはたまにのめりこんじゃってますが。

 

・自分の違和感に正直に

関わりたくない人とは無理に関わらないようにしています。仕事上やむを得ずのときは仕方ないですが、部署内はみなさん素敵な方です。

 

・ブログで吐き出す

ブログは僕にとっての精神安定剤です。思いの丈を吐き出す場所です。いつもスターをいただけて本当にうれしいです。ぜひこれからもお願いします。

 

統合失調症―精神分裂病を解く (ちくま新書)

 

 

 

 

広告