summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

自分はNoと言えない日本人だった件

広告

こんばんは。

サマーサンデーです。Noと言えなかった話です。

 

出来事の概要

いま同じ課の中でトラブッてるグループがあります。

量産部品を扱う会社なのですが、上手く立ち上がらずに製品の出来上がりと検査を同時進行で行う納期綱渡り状態にあります。

今まで僕も何度か駆り出され、出張をした場所へ今週も行かなければならなくなりました。隣の部署の部長いわく、いまが「頑張りどき」だそうな。

そこで土曜日も出勤しなければならなくなったときの話です。

 

登場人物整理(課内の人物)

Aさん=僕と同じチーム。課のエースで次期課長。チームリーダー。

Bさん=ベテラン。中途採用でエースより年上。Aさんのチーム。

Cさん=大ベテラン。トラブル多発。チームリーダー。

Dさん=若手。Cさんのサポート的役割。最近は別拠点工場へ出張が多い。

Eさん=出向者。僕より新人。年齢は30代後半。Cさんチーム。

Fさん=大ベテラン。絡みづらい。

Gさん=派遣社員。人柄のいい女性。Fさんチーム。

 

出来事の詳細

生産管理課の方が、うちの課に相談にきました。担当者はミーティングすらできない状態のため、課長とベテランのBさんが対応しました。金曜日と、土曜日と、月曜日にとにかく人の手が足りなくて困っている。誰か応援をお願いできないか、という内容でした。生産管理課の方は、今までの経験もあるベテランの方と僕に応援を依頼しておりました。

 

ちなみにうちの課は8名いて、エースのAさん、ベテランのBさん、僕が1チーム。今回のトラブルの担当者のCさん、若手のDさん、出向者のEさんが1チーム。

大ベテランのFさんと派遣のGさんが1チーム。

合計で3チームの形で製品やユーザーなどで別れて仕事をしています。

 

僕の所属するチームは、エースのAさんがいれば最低限の仕事は、ほぼまわる程度の仕事量です。ベテランのBさんは、隣のCさんのチームに吸収されつつある状態で、代わりに僕がAさんと仕事をしている状態です。

 

Cさんのチームは、Cさんが炎上中でDさんは出張が多く、あまり今回の件に関与していません。1週間や2週間などの単位で出張するため、近々異動とのうわさもあります。Eさんは出向者で、親会社からきたので、課長も気を使っているようなかんじなのと、なんとなく何考えてるかわからないかんじの人で、他の部署の方などは仕事を頼みづらいようです。

 

Fさんチームは、全然違うユーザーなので、同じ課ですが、詳細は全然把握していません。いつも事務所ではなく、工場で実験をしていたり、特殊なソフトウェアのあるパソコンの前で作業をしています。

 

生産管理課の方は、前々からBさんに困りごとを依頼するようになっており、今回もそのようなかたちでした。僕もできないことが多いので、人の手が足りないときの応援メンバーに行きます。そのため今回トラブってる仕事は経験がありました。

今回も課長から、「サマーサンデーくんって、土曜日大丈夫?」

と聞かれて、pairsで出会ったいいかんじの女性とのデートの約束でしたが、仕事優先すべきだろうと考えて、「行けと言われれば、大丈夫です!」と答えました。

 

このことで、行くことが決定しました。

だいぶ後悔しています。ああ。

ちなみに後から聞いたのですが、ベテランのBさんは土曜日は用事があるようで行かないとのことでした。まさか!普通に断ってよかったの?

 

それでも土曜日出勤は頑張るぜ

後悔していると言いながら、デートより仕事を優先しちゃう自分が好きだったりします。ナルシストでよかったー!地球に生まれてよかったー!課長も、出向者のEさんより僕の方が使いやすいらしく、僕に仕事をふってくれました。心配なのは、デートの約束断ったことでタイミング合わなくなって、いいかんじだった関係が終了しないかです。タイミング大事ですもんね。ひとまず今週は出張続きなので頑張ります。

 

NOと言えない若者がブラック企業に負けず働く方法

 

 

 

広告