summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

サラリーマンがお客さんに絶対に言わない方がいいことを言ってみる件

広告

サラリーマン、サマーサンデーです。

 

お客さんの無茶な要求ってけっこうありますよね。

 

お客様は神様みたいな風潮で仕事をしています。工場は営業に言いたいこと行って、営業が上手くオブラートに包んだ表現に変えてくれるので、なんとか商売が成り立っています。お客さんも好き勝手「下請け」どもよ、働きたまえ、と言ってくることがあります。かろうじて敬語ですが。

 

なんでできねえんだよ、2日もあるじゃねえか!

 

みたいなことをよく言われたものです。

 

実態はというと、

営業で言い辛いからいったんキープ(数時間)⇒担当者に直接説明(数時間)

 

これで半日は必要。

 

担当者がゴネる。⇒説得⇒上司も巻き込む⇒担当者の上司を巻き込む

 

ここで1日がほぼ終わる。結局、担当者には1日しか残らない。

 

なんでできねえんだよ、2日もあるじゃねえか!

 

そうなんです。作業自体は1日くらいのものでしょう。始めるまでが長いのです。まあでも担当者も他の仕事を抱えているので、いきなり1日かかる仕事が納期2日で舞い込んだら、残業確定、社畜確定なのです。

 

しかしながら、他のお客さんの仕事があるもので、とは決して言えないのであります!1つのユーザーを失ってしまうと、売上に相当な打撃になります。

 

なんでできねえんだよ、2日もあるじゃねえか!

 

わかりました。やります。

 

担当者と連絡がつかないときとか怖いですよね。ああ、面倒くさい事態になったと思う瞬間です。

 

 

 

 

てめーのとこの仕事だけじゃねーんだよ!!!!

 

 

 

 

 

サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン)

広告