summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

お肉の焼き加減の答え方3パターン

広告

こんにちは。

ステーキのお肉の焼き方聞かれて、

「よく焼いてください。」

なんて答えていませんか?

 

ざっくり3パターンありますので、参照ください。

 

レア(rare)

 

面を焼かれていて、内側は赤いかんじ。

お肉の味を感じたいときはぜひ。いいお肉は生に近いほうがいいなんて聞きます。そんな高いお肉を食べたことはないですが。

 

ミディアム(medium)

 

中間の意味。全体が色が変わっているが、赤い部分が見える。

よく焼いてください、のニュアンスだとミディアムに焼かれる気がします。ステーキ屋さんだとミディアムと頼む人は少ない気がしますが、ぼくはミディアムくらい焼いてもらうのが好き。

 

ウェルダン(well-done)

 

全体にしっかり火が通った赤い部分が消えてるような状態。お店によっては、表面が焦げるくらいのニュアンス。あくまで独自の見解。ウェルダン、はよくやった!という意味の英語です。

 

How would you like your steak?

 

はう うっじゅー らいく ゆあ すてーく。お肉の焼き加減はどうしますか?

would you likeはdo you wantと同じ意味なので、ステーキはどんなのが欲しい?という意味ですね。こう聞かれたら、上の3つ、もしくはミディアムレアと注文しましょう。

 

ミディアムレア(medium-rare)

 

ミディアムとレアの中間。いちばんおいしいお肉の焼き加減と言われています。個人的には、もっと焼いてよって思う。高いお肉を食べてきたことがないので、火が通ってないとお腹壊すんちゃうかな、って思うからですかね。

 

 

 

【MRB】テンダライズステーキ 約500g(5枚入り) BBQ食材(焼肉/焼き肉)バーベキュー肉 アメリカ産 US産 牛肉ステーキ (モーガン牧場ビーフ・アメリカンプレミアムビーフ)【販売元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)】

 

 

広告