読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

ひきこもり脱出作戦!元ひきこもりとも言えないかもしれないけど言いたい!

広告

こんにちは。サマーサンデーです。

ブログ村「元ひきこもり」のランキングに入ったようです。アクセス解析で飛んでみたら入ってました。

 

今日の記事は、

こちらの記事に触発されました。

 

ひきこもりから社会復帰したい方への元ひきこもりからのメッセージ

Virginiaさんの記事

  

www.hikikomotrip.com

 

ひきこもりを脱出するために実践したことが書かれています。布団を干すこと、趣味を持つこと、ほんとにいいアイデアだと思いました。近所の人へのあいさつはハードル高い気もします。整理整頓もいいですね。ラジオもいいですね。人の生の声っていいです。ツイキャスなんかも面白いかも。

 

 

わたしのひきこもり時代

 

小学校6年生で不登校。

期間は2か月ほど。夏休み手前に通い始めました。しれっと。

 

高校2年生で不登校。

進学校の勉強に付いていけず、部活動も体力的にしんどくて、精神的にまいってしまう。約4か月ひきこもり。家のすぐ横のコンビニアルバイトを始めてひきこもり脱出。高校を中途退学して海外留学。WSOセンターという不登校の人に海外の高校を紹介してくれる斡旋会社に助けられました。

 

大学2年時にひきこもり

大学2年の前期でした。頭痛と気だるさが続き、メンタル的な症状だと思うのですが、大学に行けなくなりひきこもりました。単位はほとんど落としましたが、後に全取りして4年で卒業しました。3か月ほどひきこもり、しれっと戻りました。夏休みが長くて助かった。

 

社会人6年目にひきこもり

仕事が大変でストレスにより夜眠れなくなってしまいました。会社には本当に迷惑をかけてしまいましたが、休職期間をいただき5か月後に復帰。休み始めてすぐは、町で誰かに遭遇しないように、いつもと違うスーパーに出かけました。食材は買わないといけなかったので、スーパー・コンビニへは外出しました。

 

 

ひきこもり時代の過ごし方

小学校

ひたすら教育テレビを見ていました。朝は家族が起きるので普通に起きるし、夜は家族が寝るので普通に寝ます。日中めちゃめちゃ暇でした。勉強はしないとマズいと感じていたので、教育テレビで勉強してました。ほんとにまったく外出しませんでしたね。週末に家族に連れ出されるのもしんどかった記憶があります。

 

高校

夜6時くらいから、近所を走り、近くの公園で懸垂をするのが日課でした。そのあと本屋さんへ行き、立ち読みをしました。そこで偶然留学の本を見つけたのがきっかけで、留学したいと思い立ちました。

 

大学

マズイひきこもりでした。何もせず、カップラーメンばかりを食べる日々。昼夜逆転。もう完全にダメでした。mixiという最高のツールがあったので、誰かの日記を読んだりして過ごしていました。

 

社会人

スーパーへマスクをして出かけ、何日か分の食料を買い込み、家でゲームをして過ごすという過ごし方です。今思うと地獄。早く会社に戻るか、誰も知らない会社で出直すか、そんな風に考えていました。転職活動の面接が入れられるまで、1か月以上はひきこもっていたように思います。

 

 

 

 

効果的だったこと

朝ちゃんと起きる

ちゃんと朝起きること。ひきこもりはできない。特に予定もないから。週に5日は、ちゃんと朝起きて、朝ごはんを食べよう。だいたい学校が始まる時間とか、会社が始まる時間とかのイメージで起きること。「何かしよう」という気持ちになるので。

 

朝ごはんをモリモリ食べる

いっぱい食べるとエネルギーが湧く。目玉焼きとソーセージ、パンとサラダ、フルーツなど。いっぱい食べると「何かしよう」と思う。ごはんと味噌汁と鮭でもいいや。

 

日課を作る

 絶対に1日にしなければならないことを作る。近所を走ったり、帯番組を見たり。ハードルが高いけど、勉強をしたり、本を読んだり。日記を書いたり。一日のうちにしなければならないことを自分ルールとして設定して、必ずやる。毎朝ラジオ体操とかでもいいや。

 

本を読む

雑誌でもいいし、マンガでもいい。本を読もう。親が買ってきてた週刊誌とか、新聞とか読んでた。新聞のコラムとか読み込むと面白い。春秋とか、毎日面白い時事が書かれていて、とても勉強になる。将来、誰かを勇気づける記事を書きたいと思ったものです。ブロガーというカタチで夢叶えています。届いていますか?

 

自分を責めない

家族といると居心地が悪いかもしれない。焦ると思うけれど、急がず。自分を責めないように。環境のせいも少なからずあるから。

 

何かしないと、ではなく何かしたい気持ちを大切に

学校に行っていないから、何かしないと。会社行ってないから、何かしないと。ではなくて、何かしたい、という気持ちになったことを大切に。誰かに会いたい、そんな気持ちが一番いいかもしれない。有名人に会いたいとか。もし僕に会いたいと思ったこの記事を読んだひきこもりの方やそのご家族の方がいらっしゃったら、是が非でも会いに行きたい。サイドバーへメールをください。僕が何か力になれるなら、どこへでも行きたいです。

 

わたしの現状

ポンコツですが、普通にサラリーマンになっています。毎日大変ですが、毎月お給料日になると給料が振り込まれて、今は結婚がしたい、と思える人生を歩んでいます。これからもおそらく落ち込んだりして、すこしひきこもったりするかと思います。でも楽しいです。もしひきこもりで悩んでいるのなら、何か力になれたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

広告