summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

「富士通を退職した話」(はてなブログ匿名記事)を読んでの感想と個人的な意見

広告

こんばんは。

 

珍しくオピニオン。

 

匿名の記事

 

anond.hatelabo.jp

 

はじめに

今朝、上の記事を読みました。

「ああかわいそう、だけどなんで辞めちゃうのかな、たぶん他に行っても辞めちゃうだろうな。」

ぼくはこんな感想を持ちました。ブックマークでもそのような意見が見られます。

 

父親なら

自分の父親が上の人物と同じ行動をもし私が取った場合、間違いなく激怒していると思う。

「なにを考えてるんだ、山奥でも与えられた環境で頑張れ。せっかく大手に入ったんだ、もっと自分の力を証明して自分のやりたい仕事ができるようになればいいだろう」

たぶんそんな台詞を言ってくれると思う。言ってほしい。説教タイムがほしい。

 

コメント要約

・会社側に責任論(富士通の人材活用ができていない等)

・本人の責任論(ITなのに富士通の本体?業界研究できてない等)

・寛容(早く退職できてよかった、環境を変えてがんばれ等)

・その他(転職系の釣り記事、つくり話、他の人の体験談)

 

会社側の責任について

新卒をひとり辞めさせてしまうという時点で、会社にとっては不利益なことでしょう。離職率のデータも出さなければなりませんし。人事部の方などは必死に説得したのではないかと推測できます。

富士通ほどの規模があれば、本人の希望を聞いたり、ジョブローテーションがあったりするのではないかと思っています。もちろん同世代と比較しても間違いなく良い給料のはず。

なので、私の意見としては、会社側の責任は少ないと予想しています。

 

本人の責任について

山奥に配属になったこと、こちらに関しては総合職で入社した時点で覚悟を持たないといけないことだったと思います。もちろん希望が叶わなかったのだとしたら、より優秀な人材の希望を通すために致し方なく、という会社側の決断だと思います。

やりたい仕事に関して、情報系の知識が浅くわかりませんが、大学院を卒業されていて、研究や開発のようなお仕事を希望されていたのに、やってる仕事は希望と違うというのは残念です。これは会社側にも適任者を見極める力がなかったと思います。

富士通くらい大きな会社だと優秀な人が多すぎて、この方は埋もれてしまったのかもしれない、という推測がなんとなくしっくりきます。

最初の感想の通り、本人には多少なりとも考えの甘さがあったのではないかと思います。

 

寛容な意見について

私の想像以上に、早く退職できてよかった、環境を変えて頑張れ、山奥は誰でも嫌だよなあ、そんな意見が多くあるように思いました。私自身、転職経験者ですが、この記事を読んだあとにはここまでの寛容な意見は持てませんでした。ブラック企業で精神的に追い込まれるくらいに働かされてしまったり、実際に体調を崩してしまったりした方には、「環境を変えられてよかった」「新しい環境でがんばれ」と思うのですが、まだまだ私も甘いです。

 

その他について

転職系の釣り記事、こちらは少なからず感じました。私がこのような意見を書いたあとに、転職系のアフィリエイトを添付すると、もしかしたらいつもより目の触れる機会が増えるかもしれないと思います。

つくり話、こちらも最初は感じましたが、書いた本人にメリットが少ない気がします。

他の人の体験談に関しては、自分好きすぎだろっ、とツッコミを入れたいのですが、共感して著者を応援している姿勢は素敵だなあと思います。 

 

 

さいごに

「転職」というものが思っていた以上に寛容な社会になってきているみたいで、転職経験者としては嬉しいです。転職=負け、出世コースには乗れない、と思っていたので。「ブログでアフィリエイトなんて敗者復活戦だ、人生のメインストリートを真っ直ぐ歩けるうちは真っ直ぐ歩いた方がいいさ」という尊敬するアフィリエイターの言葉とともに、こちらの記事を終わらせていただきます。もーえーわ。

 

コスプレ・アノニマス/ガイ・フォークス 仮面マスク &帽子&ウィッグ&ウィッグネット 4点セット AMENITY☆LIFEオリジナルセレクト

 

下記のような記事も書いています。

日本の企業での出世に学歴って関係あるの?ないの?どっちなの? - summersunday’s blog

普通の会社ってどんなだろう?もしかして社畜?(残業時間についての感覚:経験2社、3部署から) - summersunday’s blog

 

広告