summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

ハンター×ハンターの解説本3冊読みました

こんばんは。

 

ハンター×ハンターというマンガに関する本を3冊読みました。

 

ハンター×ハンターの秘密

『ハンター×ハンター』の秘密

 

 

主人公の解説、世界観、幻影旅団、ゾルディック家、念能力、ジン・カイト・ミト、多彩なキャラたち、ハンター試験、休載に関すること、という切り口でハンター×ハンターの魅力を解説してくれる本。

 

コルトピの念能力

「神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)」には原作があるようです。

 

神の左手悪魔の右手 (1) (小学館文庫)ギャラリーフェイク(1) (ビッグコミックス)

 

念能力と性格分析

ハンター×ハンターの世界では、念という能力を用いて、自分がもっているオーラで肉体を強化したり、オーラを変化させたり、放出したり、何かを操ったりする超能力のようなものが存在します。それを性格分析で系統分けができるようなので、ご紹介。

 

強化系・・・単純で一途

変化系・・・気まぐれでうそつき

放出系・・・短気で大雑把

操作系・・・理屈屋でマイペース

具現化系・・・神経質

特質系・・・個人主義者、カリスマ性有り

 

あなたは何系ですか?

著書では2名のキャラクターが性格分析と一致しないとの見解が紹介されています。

 

ハンター×ハンター愛読団

「ハンター×ハンター」愛読団

 

ゴンとキルア、念、現実とのリンク、伏線、実在のハンター、という切り口でハンター×ハンターの世界を解説してくれます。

 

念能力の解説

ハンター×ハンターの世界では、戦闘力という概念だけでなく、そのときの状態などによっても勝敗が分かれるとされています。特に、ナックルが使用する「天上不知唯我独損(ハコワレ)」は相手を攻撃すると発動し、相手にオーラを貸し付けます。技を発動するとポットクリンという生き物が相手にまとわりつき、攻撃する度にオーラを貸し付けます。また、10秒に1割のペースで貸し付けが増していきます。貸したオーラが相手の総量を超えると強制的に念が使えなくなる「絶」の状態にされてしまいます。

 

POP・・・その時に持っているオーラの容量

AOP・・・体外へ放出することができるオーラの量

MOP・・・オーラの最大容量

 

最強の念能力は!?

・幻影旅団シャルナークの「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」

相手にアンテナを刺すことさえできれば、相手を自由に操作することが可能になる。

 

・ナックルの「天上不知唯我独損(ハコワレ)」

相手を攻撃すると発動し、相手にオーラを貸し付けます。貸したオーラが相手の容量を超えると強制的に念が使えなくなる。

 

・メレオロンの「神の共犯者」

神の共犯者は息を止めている間はこの世から存在しなくなり、消え去ることができ、メレオロンが触れている間はその人も消え去ることができる技。これをナックルとコンボすれば、相手を攻撃して破産させることができ、有利に戦闘を進められる。

 

・ゴレイヌの「黒の賢人(ブラックゴレイヌ)」

ブラックゴレイヌでは、相手と念で作り出した賢人を瞬間移動させることができる。こちらもナックルとコンボ。

 

・ヴェーゼの「180分間の恋奴隷(インスタントラヴァー)」

唇を奪ったものを自分の下僕にする能力。180分間はどんな命令でも従う下僕になってしまう。キスさえできれば最強。

 

・フィンクスの「廻天(リッパーサイクロン)」

腕を回せば回すほど威力が強くなるパンチ。回しまくれば最強。

 

 

ハンター×ハンター最終研究

ハンター×ハンター最終研究 (サクラ新書)

ハンター、念能力、幻影旅団、グリードアイランド、キメラアント、ゴンとキルア、伏線という切り口で解説をしてくれる。

 

念の四大行

纏・・・オーラを肉体に留める技術

絶・・・オーラを絶つこと

練・・・オーラを練り増幅させる技術

発・・・オーラを操る技術

 

念の応用

隠・・・オーラを見えにくくする

凝・・・目にオーラを集中させ相手のオーラの動きを捉える

周・・・ものにオーラを纏わせる

円・・・オーラを円上に広げ、物の動きや形を感じる

硬・・・オーラを集め、ほかの部分を絶つことで集中させる

堅・・・全身を通常よりも多いオーラで覆い防御する

流・・・状況に応じてオーラを必要な部分に必要な分だけを集める

 

制約と誓約

クラピカ・・・幻影旅団以外に使用しない、その制約に命を懸ける

フランクリン・・・より威力が出る気がする、指先を銃口のように切り落とす

ゲンスルー・・・爆破させたい場所に触れて「ボマー」という、能力の説明、発動条件を説明する。爆弾解除にはゲンスルーに触れて「ボマー捕まえた」と言わなければならない。ゲンスルーの仲間3人が親指を合わせ「解放(リリース)」と唱えることですべての爆弾を起爆。

 

除念師

アベンガネ・・・「森の精霊よ 我にとりつきし不浄の念を取り去り給え」と唱えながら人形に草を巻きつけたものを火の中にくべる。火の中から念獣が現れ、念能力を喰らってくれる。

ヒナ・・・除念したい能力に応じて腹が大きくなる。方法は不明。

 

 

本を読んでの感想

3冊ともに今までの記憶やストーリーを思い出させてくれるとても面白い本でした。ハンター×ハンターの奥深さを感じられます。ときに飛躍した考察もあり、自分としては納得できないようなこともありましたが、どれも興味深かったです。特に、キメラアント編の軍儀と最終決戦のシンクロのあたりは、マンガを読むだけでは難しかったので、非常に面白かったです。

 

「狙った通りに獲物が動けば、ハンター冥利だろ?道中楽しみたいだけさ」

 

 

 

本の購入できるサイトへのリンク

 

 

  

 
 
 マンガはこちらのリンクで買えます

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)

  

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)