読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

銀杏BOYZの歌詞がクレイジーでめっちゃ好き【好きな歌詞部分】

広告

こんばんは!

サラリーマンなかむー(@yuyachama)です。

 

銀杏BOYZ、going steadyがすきです。

以前、好感度を意識して、さわやかな歌ばかりチョイスした記事を書きました。

本当は、クレイジーな歌詞がすきです!青春!おっぺけぺー!

 

 

銀杏BOYZの好きな歌詞

 

あいどんわなだい 

あいどんわなだい

あいどんわなだい

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

歌詞の好きな部分

純情可憐な君を きもちよくしたい

純情可憐な君を ぐちゃぐちゃにしたい

純情可憐な君を 踏んだり蹴ったり

純情可憐な君の 正体は魔法使い

 

好きな理由

クレイジーです。清楚な女の子、こんなことしないはずなのに、そんな妄想がうかがえます。魔法使いより、純情可憐な女の子の方が魔力を持っていますよね。

 

SKOOL KILL 

SKOOL KILL

SKOOL KILL

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

歌詞の好きな部分

学校帰りに君の後ろをつけてみたんだよ

君の部屋は二階の水玉模様カーテン

学校で君のジャージ盗まれた事件あったろ

誰にも言えないけど犯人は僕さ

 

僕はストーカーなんかじゃないよ

その辺のやつらと一緒にしないでくれよ

僕は君が本気ですきなだけ

ソフトクリームを一緒に食べたいだけ

 

好きな理由

めちゃくちゃストーカーですね。好きな気持ちが、変な方向にいってしまう思春期の気持ち、正しい方法に発散できるとよいですね。ソフトクリームを一緒に食べたいだけ。

 

援助交際

 

援助交際

援助交際

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

歌詞の好きな部分

ヴィトン、ブルガリ、グッチ、エルメス、ティファニー、プラダ、シャネル、カルティエ

僕が全部買ってあげるから ああ 世界が滅びてしまう

 

眠れない夜を優しく包む恋のメロディ 抱きしめて今夜だけ このままでいて

あの娘はどこかの誰かと援助交際

 

好きな理由

クレイジーです。うわさでどこかの誰かと援助交際をしてしまっていると聞いて、壊れています。どんなブランド品も買ってあげたい、止めたいと願う純粋な気持ちだと思っています。

 

あの娘は綾波レイが好き

 

あの娘は綾波レイが好き

あの娘は綾波レイが好き

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

歌詞の好きな部分

金曜日の夜はクラブで踊るのさ

ラリってゲロ吐いて朝まで踊るのさ

ハウスのDJにつかまってトイレで○○○○最高さ

 

好きな理由

僕たち馬鹿だから馬鹿ばっかしだから という歌詞もあり、なんだか凄まじい曲です。

クレイジーのひとこと。好きです!

 

 

あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す

 

あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す

あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

歌詞の好きな部分

僕にとって君はセーラー服を着た天使

色白で無口でどこか淋しそうな女の子

もしもモーニング娘。に君がスカウトされたらどうしよう

もしも君がいないと僕は登校拒否になる

 

好きな理由

曲がった恋心。クレイジーです。人を守るために、社会的な信頼を得て、しっかりと生きていかないと、女の子を幸せにできないのだと、若い男子が葛藤する苦悩を歌っているものと考えています。

 

さいごに(あとがき感想戦)

いやー、めちゃくちゃクレイジーですね。すごい好きです。なんか、好きな人にフラれた後に、いやそんな好きじゃなかったし、と開き直ってみたり、それでも泣きたくなったり、そんなときに聞いてカラ元気を出したいですね。純粋な気持ちと、ひん曲がった行動と、どうしようもないエネルギーが、歌詞となって表現される銀杏BOYZの歌がとても好きです。決して現実世界で、過ちは犯しておりません。

オススメです!going steadyのさわやかな歌もとても良いです!

 

過去記事↓

ゴイステの好きな曲 - summersunday’s blog

 

 

 

広告