読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

統合失調症について調べたことを記すブログ

広告

こんばんは。

 

統合失調症という病気をご存知ですか?

 

自分は高校生のころ、過度のストレスから体調を崩し精神科へ通ったことがあります。今思い返すと、そのころの症状が「統合失調症」なのではないかと感じています。本を読んで調べてみたことを載せていきます。

 

医療の知識のない素人が書いていますが、なにか参考になれば幸いです。

 

統合失調症について

症状

陽性症状

・妄想(ありもしないコトを信じ込んでしまう)

・幻覚(あるはずのない声・音)

・不安感/焦燥感

・思考障害

 

陰性症状

・やる気が出ない

・集中力が落ちる

・感情の起伏が乏しくなる(無表情、無関心)

・うつ状態

 

病気の経過

前兆→急性期→休息期→回復期

 

前兆

眠れない、過敏になる、アセり、無気力

 

対策

無理をしない、睡眠を多くとる

 

急性期

幻覚、不安感、頭が冴え過ぎる

 

対策

薬物療法、睡眠を十分にとる、安心できる環境でしっかり休む

 

休息期

過度の眠気、倦怠感、無関心

 

対策

無理しない、ゆっくり休む、好きなことからはじめてみる

 

回復期

意欲や関心が出てくるとともにアセりも感じる、活動範囲が広がる

 

対策

ストレスをためない、楽しみながらリハビリ

 

抗精神病薬

抗精神病薬には

気持ちを落ち着かせる

幻覚や妄想をやわらげる

意欲を高める

 

の3つの効果があります。

 

気持ちを落ち着かせる効果

コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミンなど

 

気持ちを落ち着かせる+幻覚や妄想をやわらげる

セレネース、リントンなど

 

意欲を高める+幻覚や妄想をやわらげる

スルピリド、ドグマチールなど

 

意欲を高める+幻覚や妄想をやわらげる(新しく開発された薬)

リスパダール、ルーラン、セロクエル、ロナセン、ジプレキサ、クロザリル、エビリファイなど

 

よく見られる副作用

・手足のムズムズ、手や足、口や舌がふるえる、眼が上を向いてしまう(筋肉のこわばり)

・立ちくらみ、よだれ、便秘、目の焦点が合わない(自律神経のはたらきによる副作用)

・眠気、ダルさ

 

自分の服薬経験(高校生時の記憶より)

セレネース、ドグマチール、リスパダールを飲んだことがあります。13年ほど前でしょうか。急性期の症状である、幻覚や幻聴が聞こえることから不安となり眠れなくなりました。

セレネースを飲み始め、最初は効果があるのか無いのかわかりませんでしたが、落ち着いて眠れるようになりました。日中も眠気やダルさがあり、頭が重く感じることが多かったように思います。当時、日記を書いていたので頭が重いことを訴えていることを病院の先生に指摘されたことで覚えています。

ドグマチールを飲みはじめたころには、焦りを感じ始めていたころかと思います。同級生はほとんどが受験勉強をしていたので。そのあと、きっかけはわかりませんが、リスパダールをずっと飲み続けていたことを覚えています。睡眠さえとれれば日常生活に問題ない程度だったのですが、飲み続けないといけないことを言われました。

最初は本当に薬に抵抗がありました。それでも服薬を続けていくことで今では症状はほとんど残っていません。普通のサラリーマン生活をしています。ストレスがかかると、当時のことは思い出されて恐ろしいので、早めに対処できるようにしています。

 

生活をサポートする場所

当事者学習会

ピアカウンセリング(当事者どうしでカウンセリング)

ピアカウンセリングとは?この6つで基礎知識や資格がわかる

デイケア(レクリエーションなど)

作業所(支援事業所など)

 

再発のサイン

身だしなみが崩れる

極端に行動的になる

不安、焦り

眠れなくなる

熟睡したと感じられなくなる

 

要注意シチュエーション

引っ越し、就学、進学、転職

冠婚葬祭

恋愛

人間関係のトラブル

 

活用できる社会資源

医療機関(医師、看護師、相談スタッフ、ソーシャルワーカー)

公的機関(保健所、精神保健センター、役場の福祉課、地域活動支援センター、精神保健福祉士)

その他(家族会、当事者の会)

 

経済的サポート

障害年金

傷病手当金

生活保護

自立支援医療

高額療養費

 

生活のサポート

精神障害者保健福祉手帳

(税金の優遇、NHK受信料の減免、ケータイ電話の減免、福祉タクシーの利用)

家事援助(ホームヘルプ)

短期入所事業(ショートステイ)

 

社会参加のサポート

障害者就業・生活支援センター

ハローワーク

相談支援事業所

 

トライアル雇用、ジョブコーチ、ステップアップ雇用など

 

 

記事のさいごのひとりごと

自分は高校生のときに服薬し、病名は自分で知らないままに過ごしていました。飲んでいた薬の名前を覚えていたのでおそらくこの病気だったのではないかと思います。その後、過労なのか仕事のストレスでうつ症状に悩んだこともありました。

消耗期は、自分でも怠けているのではないだろうかという焦りが生じていたように思います。焦らずに過ごせるようにしたいです。自分も、まだこれから結婚をしようと人生のステージアップを目指していて環境変化や精神面の負荷がかかると思われるライフステージを残しています。結婚できればですが。

調べてみて、家族のサポートや社会資源の活用など様々な理解とサポートが必要な病気なのだと感じました。

 

 

 

マンガでわかる!統合失調症

マンガでわかる!統合失調症

 

 

 

 

統合失調症がやってきた

統合失調症がやってきた

 

 

 

 

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)

 

 

 

 

広告