summersunday’s blog

就職/転職について30代男子が語り尽くす

30代無職が就職するには?

こんにちは!転職を繰り返し、30代で無職にもなったことがあるなかむー(@yuyachama)です。

 

30代で無職となると辛いですよね。そんなときの解決法などについて考えてみたいと思います。

 

f:id:summersunday:20180621183309j:plain

 

 

30代無職が就職するには?

はじめに

・30代で無職

・これからの人生に迷っている

 

そんな方へ向けて記事を書いています。今後の人生について迷いますよね。

自分の記事が少しでも力になれれば嬉しいです。

 

30代で無職の人の特徴とは?

・人間関係が苦手

・自信がない

・趣味に没頭

・親に依存

 

といった傾向があることが多く見られます。人間関係が苦手で仕事を探していても見つからなかったり、仕事が見つかったとしても人間関係でうまくいかずに退職してしまったり。

 

自信がないというのも特徴としてあると思います。就職活動でつまづいてしまい、そのまま引きこもってしまっているケースも見られます。また、趣味に没頭しているあまり就職せずにきてしまっていることもあります。こうした場合のほとんどは実家で親に依存しながら生活しているという方が多いのではないでしょうか。

 

就職のためにやるべきこととは?

・生活リズムを整える

・外に出る

・資格取得

・職業訓練

 

などの方法があると思います。まずはハローワークなどに登録するところが大事でしょう。そして生活のリズムを整え、朝起きるというところを始めてみるといいでしょう。そうすることで自然と活動的になり、やりたいことや、就職のための動きなどができるようになるでしょう。

 

外に出て人と接するということも大事だと思います。若者サポートステーションで面談をしてもらったり、転職エージェントなどで面談をするとコミュニケーションの練習にもなり良いかと思います。

 

さらにステップを上げると、資格取得などを目指すと自信がついて良いかもしれません。資格が難しい場合であっても、職業訓練など公的機関の訓練を受けることでスキルアップにつながります。

 

引きこもりや精神疾患の場合

ただでさえストレス社会なのに、無職で社会からも疎遠となると精神疾患や引きこもり状態となりかねません。

 

・心療内科に通院する

・規則正しい生活を続ける

 

ということをまずは意識しなければなりません。

これができてくれば、就職活動を進めていくこともできるでしょう。諦めずに活動することが大事となってきます。

 

うつ症状の場合には、服薬と休養によって回復すると言われています。めげずに治療を継続して、体調が回復したら仕事を探してみると良いでしょう。いきなりフルタイムが難しい場合にはアルバイトや派遣などで探してみるのも一手です。

 

関連記事↓

無職で就職活動をするのは不安だと感じるあなたへ - summersunday’s blog

 

職歴がある場合には・・・

・前職と似た仕事を探す

・人手不足な業界に就職する

 

ということが重要になってきます。職歴があるというだけでも、人手不足な会社では重宝されます。派遣や契約社員というかたちから正社員登用という道を目指してもよいかと思います。

 

就職活動の基準とは?

・やりたいことよりできること

・精神的に楽な仕事であること

・無理をしないこと(人間関係など)

・採用されやすい業種、職種を選ぶこと

 

などが挙げられます。もちろん、選べるのであればそうしたことがいいです。やりたいことなどよりも自身が培ってきたバックグラウンドに適した仕事を見つけるのが良いかと思います。わからない場合には転職サイトの登録などで適職診断してみるとよいでしょう。

 

精神的な負荷ということも念頭に置いておかなければなりません。体力面でもそうですが、精神面が崩壊してしまうと次の就職までのステップが長くなってしまいます。アルバイトや派遣などから始めるのもよいでしょう。

 

無理をしないというのも大事です。多少の負荷というのは大事ですが、やはり人間関係で無理をしてしまうのはよくありません。

 

採用されやすい職種などを選ぶというのも、興味がある範囲の中でやるといいでしょう。大量募集、オープニングスタッフ、紹介、急募といったもので興味や関心のある職種を選ぶと良いでしょう。

 

学歴・資格がある場合には・・・

・資格を活かす

 

ということを就職のために使ってみると良いでしょう。

これから資格の勉強をするということや、資格取得を目指す意欲というのはとても前向きでアピール材料となります。

 

無職から就職をするために有利な資格とは? - summersunday’s blog

 

こちらの記事にまとめてあります。

 

・パソコンスキル

・介護系

 

などは就職に繋がりやすい資格と言えるでしょう。また運転免許やフォークリフトなども工場系、配送の仕事などに繋がるように思います。 

 

ハローワーク、就職支援を利用する

・ハローワーク

・若者サポートセンター

 

など各地にあるので、利用してみるのがオススメです。

 

無職なら無料で就職支援を受けて就職を目指そう! - summersunday’s blog

 

上の記事にてまとめています。

 

介護系や運送、警備、建築現場などは人手不足のため就職しやすい環境にはあるかと思います。前向きな気持ちをアピールしましょう。

 

また就職できた事例としては、派遣社員から正社員登用を目指すというかたちがありました。

 

就職活動を継続するコツ

・自立しようという気持ちを持つ

・危機感を持つ

・エージェントなどのプロに相談する

・将来について考える

 

やはり上記のような気持ちの面での意気込みが必要となってきます。自立しようという気持ちがあるのと無いのとでは継続できるかどうかが違ってきます。就職してから使えるお金でやりたいことを考えておくなどすると良いかもしれません。

 

危機感というのも大事になってきます。親がいつまでも健康でいられるかわかりません。そうした将来についても考えておかなければならないでしょう。

 

そしてやはり一人で続けようとすると難しい部分があります。エージェントなどのプロに相談するのが良い手法です。

 

下記エージェントは無職や既卒、フリーターなどの就職に実績がありおすすめです↓

 

おすすめの仕事は?

人手不足といった業界になってしまいますが、

 

・介護

・IT、WEB

・ドライバー、配送

・警備

 

などの業界、職種が求人が多く出ていることがあります。

 

詳しくは下記記事にまとめてあります↓

無職の期間が長いと就職できない?そんなときはどうすればいい? - summersunday’s blog

 

思い切ってフリーで仕事を目指すことも?

・フリーランスとして仕事をする

・フリーターをしながら正社員を目指す

・就職活動をする

 

という方法があると思います。

派遣や契約社員からという手もあると思います。

 

体力に自信があるのであれば期間工というのがオススメです↓

工場求人ナビ というサイトで近くの工場を探してみてください。

 

またフリーランスを目指すのであれば田舎フリーランス養成講座というものもオススメです。

田舎フリーランス養成講座【山梨県都留市2018年2月ー3月期】を受講しました - summersunday’s blog

 

まとめ

・引きこもりや精神疾患を治す

・職歴があるなら活かす

・無料の就職支援を活用する

・フリーとして活動することも視野に

 

ということを書いてきました。

 

下記エージェントは無職や既卒、フリーターなどの就職に実績がありおすすめです↓

 

こんな記事も書いています↓

無職から就職するには?就職方法やスキルの身に付け方、取りたい方法など - summersunday’s blog