summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

プロ野球の球団年俸総額ランキングと1億超え選手を(2017版)

年俸総額

1位:ソフトバンクー42億800万円

松坂4億

和田4億

摂津4億

五十嵐3.5億

武田1.2億

 

松田4億

本多1.8億

今宮1億4500万

 

デスパイネ4億

内川3.5億

柳田2億6500万円

長谷川2億

中村晃1.5億

 

他球団であればもう少し低いのではと感じる選手もいます。

複数年契約の選手も多いようで、安心して野球に打ち込める環境が整っていることが感じられます。

 

2位:巨人ー36億8653万円

山口3.2億

マシソン2億8500万円

菅野2.3億

内海2億

澤村1.5億

カミネロ1.4億

森福1.2億

 

阿部2.6億

 

坂本3.5億

村田2.2億

マギー1.9億

 

長野2億2500万

ギャレット1.6億

陽1.6億

 

巨人は人気球団で東京ドームも連日満員。さすがです。

年俸が高くて移籍する選手が多いのも納得。しかし2017のシーズンの活躍をみると、大誤算の選手もちらほら。

 

3位:阪神ー25億3878万円

メッセンジャー3.5億

藤川2億

藤浪1.6億

能見1.3億

マテオ1.1億

 

鳥谷4億

 

糸井2.8億

福留2.3億

 

阪神も外国人や補強選手などにかなり資金を投入するイメージがありましたが、最近はベテラン選手に費用がかさんでいるようにも見えます。世代交代の時期が近い気もしているので、2018はどうなるでしょうか。藤浪復活がカギな気がします。

 

4位:ヤクルトー22億4200万円

石川1.8億

オーレンドルフ1億7600万

成瀬1億4400万

館山1.2億

秋吉1.1億

 

山田3.5億

川端1.6億

畠山1.3億

 

バレンティン3.3億 

 

バレンティンと山田が飛びぬけていますが、全体的に納得できる気がします。球団への貢献などが大きい選手ばかりが1億超。

 

5位:日本ハムー21億9774万円

大谷2.7億

増井2.2億

宮西2億

メンドーサ1.9億

谷元1億

マーティン1億

 

レアード3億

中田2.8億

田中賢2億

中島卓1億

西川1億

 

レギュラー層は高額。継投なども上手くはまって結果が出せている選手も多い印象があります。

 

6位:ロッテー21億7107万円

涌井2.5億

スタンリッジ1.4億

石川歩1.3億

益田1.2億

 

パラデス1.4億

井口1億3500万

鈴木大1億

 

角中1億4100万

 

成績と同様に高額になっていくことが分かります。

生え抜きの選手が少ない気もしますが、応援の熱気が一番ある球団ですきです。

 

7位:西武ー20億3557万円

牧田1億

菊池1億

 

銀仁朗1億

 

メヒア5億

中村剛4.1億

浅村1億5500万

 

秋山2億

栗山1.9億

 

おかわり君(中村剛)がさすがですね。外国人にもお金を使っているようですが、格差がすごいですね。菊池投手は2017で活躍し2億超の選手に。

 

8位:オリックスー19億6804万円

金子5億

平野3億

西1.3億

コーク1億1500万

 

中島3.5億

 

T岡田1億

 

オリックスは複数年契約も多いようです。金子千尋は4年20億という。ある意味、ずっとオリックスに居てほしいという意味もあるような。中島裕之選手も複数年のようですが、成績はもっと期待してしまう金額です。

 

9位:楽天ー19億4986万円

岸2億2500万

則本2億

 

嶋1億

 

今江2億

藤田1.1億

ウィーラー1億

 

岸も則本も妥当な金額な気がします。ベテラン選手は指導的なものも評価に入っている気がします。助っ人外国人がいい働きをしているように感じます。ウィーラー1億、ペゲーロ8500万、アマダー3000万。

 

10位:中日ー18億1390万円

山井1.2億

 

ゲレーロ1.5億

 

大島1.5億

平田1.2億

 

優勝を繰り返していた時期の主力が成績を落とし、世代交代の時期のようです。かつての投手王国のはずが、パっとしません。大島は他球団なら2億超かもしれませんね。

 

11位:広島ー16億8806万円

ジョンソン3.1億

野村1億

 

石原1.2億

 

菊池1億4500万

新井1.1億

エルドレッド1.1億

 

丸1.4億

 

いい選手にちゃんと支払うというカタチができているように思います。年俸総額は低いのに、優勝という。2018年は上がっていると思いますが。ベテランの起用もしっかり休める日があるようにできていて、層の厚さがうかがえます。

 

12位:DeNAー15億8622万円

クライン1.5億

久保1億

 

ロペス2.3億

 

筒香3億

 

かつては弱小球団でしたが、2017は日本シリーズへ。

筒香選手という存在も大きいのかもしれません。ピッチャーの起用もローテーションが崩れず、先発が打ちこまれても中盤までは投げ切るというのも力が発揮しやすい環境なのかもしれません。

 

 

プロ野球カラー名鑑2017[ポケット版] (B・B・MOOK)