summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

インドのチャイをおすすめしたいです(なかむーのご提言)

広告

こんにちは。

 

チャイってご存知ですか?

インドの。

 

カルディオリジナル インスタントチャイ 150g

 

 

チャイについて

チャイとは?

インド式に甘くに出したミルクティー、のこと!

 

チャイはチャイってことですね。インドの。

インドに行かなくても飲めますし、日本人向けにブレンドされています。

 

カフェイン量?

100mlあたり16mg、だそうです。(そう言われてもピンとこない)

 

成人なら10杯くらい飲んでもよい量だそうな。人によってそれぞれカフェインに対する反応が違うので、眠れない方は避けてくださいね。

 

コーヒーは100mlあたり40mgだそうです。1日4~5杯。

 

チャイのおいしいところ

・甘い

・インドを思い出す

・コーヒーとも違う

・ミルクティーより手軽(おしゃれ感は減る)

・お菓子などなくてもチャイ単体でいける

・チャイって言いたくなる

 

いろいろひっくるめてチャイがうまいです。

インドのチャイ!

 

インドにいったことが無い方はぜひ。衝撃です。

 

 

 

インドの思い出(完全に余談です)

以前ブログにしたように思いましたが、したことありませんでした。

大学のときにインドに行きました。1か月。

 

ムンバイから内陸へ数時間走った土地に、インドの研修施設があり、IT企業の方々と一緒に大学生として英語や文化などを勉強させてもらいました。

 

インドはほこりっぽい土地で、道路整備もあまりされていないところもありますが、ぼくが行った時期は雨の降らない季節でした。毎日暑いですが、夜になると冷えて、乾いた土地に月がぼやーと浮かぶ、映画で見るような世界観でした。

 

6人の男子でコンドミニアムのようなところで共同生活をしました。テレビはヒンドゥー語が分からずに、スポーツ番組を見ていましたが、ほとんどみんなネットでmixiをしたりfecebookをしてました。

 

ぼくは半分くらいお腹を壊していましたし、1日は謎の高熱にうなされました。帰りたかった。友人は1週間くらい寝込んだ子もいましたね。女性のほうがお腹は強かったように思います。きつかったー。

 

あとは、貧困層と富裕層でかなり格差があるようなのが分かりました。富裕層の暮らすエリアを見学させていただいたのですが、敷地内に入るのにガードのようなものがあり、区画に入るには住民である証拠が必要になっていました。区画内にいくつも家があるのですが、整備された芝生のあるお庭付きの家が多かったです。

 

お話をさせていただいた家庭はお母様がジョブハンティングのお仕事(転職斡旋?)でお父様がIT系のエンジニアでした。インドはITが盛んなようですね。大手企業のCEOもインド人って聞いたことありますし。

 

区画を外れると、整備されていない道路が広がり、露店商がいたり、野良犬もいて、研修前にさんざん狂犬病についてレクチャー受けていたので恐ろしかったです。道路ではリクシャと呼ばれる原付バイク型タクシーを使いました。移動はやすかったですし、マーケットは南国フルーツが売っていました。食べたかったですが、お腹が弱いので断念。

 

行かせていただいた世界遺産は、「アジャンタ」と「エローラ」で仏教遺跡や石窟遺跡でした。途中でハチの大群に襲われることもありましたが、古代から続く人の営みを感じられました。どっちがどっちか忘れてしまいましたが。とてもよかったです。

 

インドの1か月は正直きつかったですが、旅としていくとまた別の面白さがあるのかな、なんて思います。ブログで旅の記録なんかを書くのも面白いですね。当時の写真が全然のこっていませんが、当時から日本人駐在員のブログ情報がとても細かくて見させていただいていた記憶があります。ゾウとか乗ればよかったな。水牛が町にいたのは見ましたが。

 

無事に帰ってこれてなによりなインド滞在でした。

 

これ、チャイの説明じゃなくてインド滞在備忘録だな・・。ぜひみなさんと海外旅行などができる日がきたら嬉しいです。英語が多少、程度の語学力ですが。では!

広告