読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

デスペラードが良い歌ってだけの戯言

広告

こんにちは。

 

デスペラード(desperado)って曲、ご存知?

 

ああそう。

 

とりあえず聞いてみやーて。

 

Desperado

動画

www.youtube.com

 

曲について

邦題:ならず者

リリース:1973年

歌ってる人:イーグルス(Eagles)

 

カバーした人(で知ってる人)

カーペンターズ

平井堅(瞳をとじてのカップリング曲)

superfly

コブクロ

鬼束ちひろ

 

カーペンターズはyesterday once moreなどで有名な方。中学校の英語の先生が授業でやってくれてから好きな曲。英語が好きになるきっかけ。

平井堅さんの歌ってるので知りました。コブクロは何うたってもかっこいいよね。

superflyさんもなに歌ってもかっこいい。声量やばいし。鬼束さんは曲のかんじも近いし合ってる気がします。

 

歌詞と和訳

Desperado, why don't you come to your senses

ならず者さんよ、そろそろ考え方変えてみたらどうだい?(素直になれよ)

You been out ridin' fences for so long now

フェンスの上で座り込んだまま長い事

Oh, you're a hard one

難しいやつだね

I know that you got your reasons

君の理由があるのは分かってるよ

These things that are pleasin' you

良い事、楽しい事と思ってやっていることでも

Can hurt you somehow

君を傷つけることもある

Don't you draw the Queen of Diamonds, boy

ダイヤのクイーンをひこうとしてるって?(美人と結婚したいってことかい?)

She'll beat you if she's able

ダイヤは君を騙そうとするかもしれない

You know the Queen of Hearts is always your best bet

ハートのクイーンが最高の賭けだって分かってるんだろ(性格が大事って分かってるだろ?)

Now, it seems to me some fine things Have been laid upon your table,

いま僕から見たら君のテーブルには良いものが揃っているように見えるけど(仕事とか、私生活とか)

But you only want the ones that you can't get

手に入らないものばかり求めているようだね

Desperado, oh, you ain't gettin' no younger

もう若く戻ることはないんだから

Your pain and your hunger, they're drivin' you home

痛みや飢えが君を故郷に戻すことになるよ

And freedom, oh freedom, well that's just some people talkin'

自由だとか、フリーダムとか、言う人もいるだろうけど

Your prison is walking through this world all alone

君は足枷をはめたまま世界を歩こうとしているようだよ、一人で

Don't your feet get cold in the winter time?

君の足は寒さを感じてないのかい?(強がるなよ)

The sky won't snow and the sun won't shine

空は雪を降らさないし、太陽は輝かない(暗い顔になってるぞ)

It's hard to tell the night time from the day

昼から夜に変わることすら感じれなくなる(まるで落ち込んだ人みたいだ)

You're losin' all your highs and lows

君は人生の良し悪しすら味わえなくなってる(ハイ&ローみたいな賭けもしようぜ!)

Ain't it funny how the feeling goes away?

感情が消えていくことなんて楽しくないだろ?

Desperado, why don't you come to your senses?

そろそろ戻ってきたらどうなんだ?(素直になれって)

Come down from your fences; open the gate

フェンスから降りて、扉を開けよう

It may be rainin', but there's a rainbow

雨が降るかもしれない、でも虹が出ているよ

above you

君の上に

You better let somebody love you, before it's too late

君は誰かに愛されたほうがいい、手遅れになる前に

 

勝手に解釈していく

デスペラード、ならず者と訳されています。

辞書をひくと、無法者、ならず者という意味だそうです。通例米国開拓時代の。

 

センスに来い(come to your sense)の意味がよくわかりませんが、素直になれってことなんじゃないかと思って訳しました。

 

男の友達に向けて、言い聞かせるようなメッセージだと思うとしっくりきました。

 

ダイヤのクイーンを美人に例えて、ハートのクイーンを性格の良い人に例えてみたらなんとなくしっくり。人生を賭けるならハートのクイーンがいいぞって。料理上手がいいぞって。

 

テーブルに揃ったカードを、条件とかに例えて、もう十分そろっているように見えると伝えているようにも思いました。

 

Your pain and your hunger, they're drivin' you home

この歌詞がうまく訳せませんでした。どういう意味でしょうか?ドライビングホーム?家に車で帰る?故郷を思い出させる?痛みと飢えとは?

 

最後には誰かに愛された方がいいと助言しています。誰かと人生を歩むことはいいものだぞって伝えるように。

 

そんな歌だと勝手に解釈しましたが、全然的外れかもしれません。

作品とは違った解釈があるのが、ポエトリーであってもいいでしょうよ。おつかれ!

 

 

 

 

 

 

広告