summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

休職時は戻りづらい?もちろんだけども部署異動などで乗り切るべし

こんにちは!

軽うつ症状で休職経験のあるなかむー(@yuyachama)です。

 

逃げるように出社拒否してしまいました。上司にメールだけして。

誰も僕のことを知らない土地へ逃げたくて新幹線で東京から九州へ向かった話 - summersunday’s blog

 

人事の方にメールをいただき、上司がいない場所で休職という手段があることを教えていただき別の部署に復帰できました。

 

そのときのことを思い出しながら。

 

f:id:summersunday:20180813215933j:plain

 

休職は戻りづらい

休職中の乗り切り方

・まずは治療(服薬と休養)

 

で症状を抑えることが大事です。必ず治ると自分を信じて進むしかありません。

ラッキーと思うようにして休むしかありません。わたしは焦って他社の転職活動をしてしまったり、転職エージェントに相談に行ったりしてしまいました。そして余計消耗しました。

 

わたし自身、日中にすることもなく、クリアしたゲームを何度も繰りかえる毎日でした。

 

当時は日記ブログを書いていて、本を読んだ感想などをつらつら書いていました。

そんな風に過ごすうちに、外へ出たい、誰かと話したいという気持ちがわいてきました。

 

部署は変えるべき?変えないほうがいい?

f:id:summersunday:20180718082130j:plain

 

わたしの場合は別の部署への異動となりました。

 

それはメールで人事の方が同じところへ戻れそうかと聞かれたときに、無理そうです、と答えたからでした。本当に配慮いただき感謝です。自分のような人間がクビとならずに戻れるという素晴らしい会社でした。

 

・同じ部署で慣れた環境で頑張る

・別の部署で違う環境で心機一転

 

という2択かと思います。自分の場合は別の部署でまったくの素人状態からでしたが、それでも周りの配慮も良く、苦手な人間関係などもなくて再発せずに済みました。同じ部署だったらどこかうしろめたかったと思います。

 

どちらが良い選択かは正直わかりません。同じ部署のほうが業務内容に慣れていて良いかもしれません。

 

しかし転勤も含めての異動ができるのであれば、かなり人間関係も変わるので良いかもしれません。わたしはそのパターンでした。

 

復職プロセス

f:id:summersunday:20180718082130j:plain

復職の際も非常にしっかりとしたプロセスを踏んでいただきました。

 

まずは出社する訓練。ちゃんと会社に行けるかどうか、という部分。

 

わたしは3週間、イスに座る練習からでした。

最初の1週間は午前中のみ。次は午後のみ。そして3週目は全日。

 

仕事は禁止でしたし、話しかけてもらえるのも少なかったですが、ちらほら声をいただけました。自分は本を読んで過ごしていましたが、それでも時間が長く感じました。仕事をもらえる方が時間が過ぎてよかったかもしれません。ゴミ捨てや掃除など。

 

その後、3か月の残業禁止期間がありました。

 

その後も残業禁止は解けたものの、ほぼ残業なし期間でした。周りが配慮してくれていました。

 

給料はどうなる?

・傷病手当が6割でました

 

保険や税金は引かれますが、生活する分には十分な金額をいただけました。社宅というのも大きかったかもしれません。しかし給料の6割程度であれば、たいていの場合遊ぶ気力もなく、外食することも無くなるので少し貯金を切り崩す程度で済むのではないかと思います。

 

復職できる状態とは?

・安定した症状

・食事が十分とれている

・睡眠がとれている

・日中でも外出ができる

・定期的な通院ができている

 

などがあると復職できる状態と言えます。しかし最終的には受け入れてくれる部署や復帰部署の上司が納得するかどうか、人事の方の手助け、労働組合などの委員長にも手伝っていただきました。もちろん社長や役員などの方からも承認が必要でしょう。

 

安定してきたと思っても乱高下するのが「うつ」などの精神病です。十分に休養が取れたと感じてからの方が良いでしょう。焦らないことが必要です。

 

戻りづらいときに助かったこと

わたしが復職した際に嬉しかったことは

 

・以前から知っている方が話しかけてくれる

・上司が仕事配分を守ってくれる

・先輩がとても寡黙だが丁寧に教えてくれる

・隣の方が過去をまったく知らない風に接してくれる(明るい

・人が増えること自体を喜んでくれる部署全体の雰囲気

 

などがありました。今思い出しても、とても良い職場だったと思います。慢性的に人手不足でしたが、自分のように残業ができない人間がきて厄介だったと思うのですが。それでも誰一人イヤな顔は出さずに、むしろ歓迎してくれました。嬉しかったです。

 

さいごに

休職は戻りづらく、戻ってからも以前の人間関係などが続くことがあり悩ましい問題が多いかもしれません。

 

思い切って転職してしまおうと考えることも多いかと思います。

 

しかしわたしは別の部署に戻ることで社会復帰ができました。そういった選択肢の前例もあると思っていただけたら幸いです。

 

こんな記事も書いています↓

うつ症状で休職してから社会復帰をするまでについて - summersunday’s blog

 

やはり転職を希望するという方は就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック! というサイトがオススメです。

 

 

 

ジェイック詳細ページ