summersunday’s blog

就職/転職について30代男子が語り尽くす

営業が辛くて転職を考えている人に向けておすすめの方法

こんにちは!なかむー(@yuyachama)です。

 

営業職をしていましたが、事務系職種へ転職しずいぶんと気持ち的に楽に仕事ができるようになりました。そんな体験もふまえて、いま営業が辛いと感じている方に記事が書ければと思います。

 

営業をしていると、外出中に本当に仕事しているの?と社内でうわさされていたり、社内から仕事していないと思われたり、成果が出ないと詰められたり、テレアポが辛かったり、いろいろ苦労が絶えませんよね。

 

ズバリですが、別職種や営業スタイルの違う仕事に転職するのが良いと思います。

おすすめはこちら↓

マイナビエージェント

typeの人材紹介 

 

f:id:summersunday:20180813220536j:plain

 

営業が辛くて転職したいと考えている方へ

営業から転職できそうな職種は?

・事務系

・経理

・総務

・人事

・企画、マーケティング

 

などが考えられます。もちろん第二新卒などの年齢であればどの職種でもこれから成長をしようという意気込みがあればできるでしょうし、30代ともなれば前職の経験値が活かせそうなものでないと厳しいかもしれません。

 

経理なども簿記などの資格が必要となってくるでしょうし、事務系でもMOSなどの資格が即戦力としての力量と判断されるでしょう。人事などは人気職種なので新卒で採用される場合が多いかとも思います。企画マーケ職も特殊スキルが必要となるでしょう。

 

難しい場合が多いと思われがちですがエージェントを介して希望を伝えることで都市部などであれば転職が可能なことが多いです。わたしのオススメはやはり上述した

マイナビエージェント

typeの人材紹介 

です。

 

営業を辞めたい理由は?

f:id:summersunday:20180807124931j:plain

営業をそもそもの辞めたい理由はなんでしょう?

 

・ノルマ

・長時間の拘束

・お客様と話すのが苦痛

・社内の人間関係

・上司のプレッシャー

・移動が多すぎる

・板挟み状態

 

などなどあるかと思います。営業職特有のものもあれば、そうでない理由もあるかもしれません。社内で部署異動させてもらうという方法もあるかもしれません。

 

ノルマがある場合には数字と戦うプレッシャーや不安がつきまとうので精神力が必要となるかと思います。長時間の拘束というのもあるかと思います。アポが取れるまで帰れない、移動時間中にデスクワークができない、会議資料の作成などなど。

 

お客様と話すのが苦痛というのは致命的かもしれません。コミュニケーションの上でどうしても苦痛という場合は別職種のほうが向いていると言わざるをえません。社内の人間関係も多くあると思います。社内と社外の板挟みという状態になることも考えられます。

 

上司からのプレッシャーも数字ノルマが無い場合でも感じざるをえないことが多いでしょう。営業が数字を上げなければ会社の業績に関わることなので。移動が多すぎるというのも辛い要因になると思います。体力面でもそうですし、そのあいだにも客先や社内からの要望が増えるでしょうし。板挟み状態というのもよくある事例でストレスとなることが多いでしょう。

 

関連記事↓

営業職が感じるストレスはやばい!ストレス要因8つピックアップ - summersunday’s blog

 

営業にそもそも向いてない?

f:id:summersunday:20180718082152j:plain

 

営業には向き不向きが多くあると思います。

 

・コミュニケーションが得意

・行動力がある

・数字を追うことが魅力

・自分の意見が言える

・スケジュール管理が得意

 

など向いている人が持っている資質かと思います。

 

反対に、向いていない人は

 

・約束を守れない

・人付き合いが苦手

・空気が読めない

・自信がない

・能動的に動けない

 

という方はやはり向いていないと言わざるを得ません。

 

関連記事↓

営業に向いている人の特徴とは?ー営業向きの性格、スキル10選 - summersunday’s blog

 

営業には向いているのに成果が出ないと感じたら・・・

営業職としてまだ成果が出ていないだけ、という場合もあるかもしれません。会社側もまったく向いていない人間を営業として配属することは無いとも考えられます。

若手社会人向けですが、基本的なことをカバーしていくことから始めましょう。

 

・約束を守る

・期日に余裕を持つ

・嘘をつかない

 

という点を意識しましょう。おのずと信頼が増していき営業成績が付いてくるはずです。ときには無茶な要求を社内に飲み込んでもらうときもあるかもしれませんが、それは営業としての信頼を得てからです。

 

お客さんと自分であったり、社内であったり、決めたことはしっかりと約束として守って行けば長期的には信頼を獲得できます。また資料作成であったり会議の数値であったり、上司からの要望などさまざまな期日が決められると思います。そういったことを着実にこなしていくことも重要なことです。

 

また嘘をつかないことも重要です。できないことをできると言ってしまったり、確実にできないときには確認をするということが大切です。会社を大きく見せて注文を取ることも必要なときがあるかもしれませんが、嘘をついてまではしてはなりません。

 

向いてないと思ったら転職!?

f:id:summersunday:20180813220553j:plain

営業が向いていないと感じたら転職をするのもひとつの方法かと思います。

営業でも別ジャンルであったり、別職種にトライするのも良い方法でしょう。

 

 

営業職の別ジャンルへ

・新規営業ー深耕営業(ルート営業)

・有形商材ー無形商材

・法人営業ー個人営業

 

などさまざまなものがあります。テレアポなどでの新規開拓は苦手だったけど、ルート営業でお客様とじっくり関係を深めていくのはできた、というパターンなどあるかもしれません。

 

また、商材が無形だったため提案力が試されることが多かったけれど、自社製品が強みがあるもので、売りやすくなった、という例も考えられます。

 

法人営業だった場合には時間がかかってしまい営業スタイルとして向かなかったけれど、個人営業になったら目の前の人とのコミュニケーションが上手くいって売上が増したというケースもあります。

 

関連記事↓

営業職で異業種へ転職するときに気を付けたいこと - summersunday’s blog

  

適正を見る!?

適正を見るには、グッドポイント診断LP  というサイトに登録するだけで、良い部分を見ることができます。この機会にぜひ。無料で受けられます。リクナビNEXTというサイトです。

 

別職種はどんなものがある?

別職種だと、

・事務系

・経理

・総務

・人事

・企画、マーケティング

 

などが考えられます。事務職は営業にて培った見積作成や各種事務作業などができるという証明になりますし、電話応対などもできることがアピールできるでしょう。

 

人事も同じ文系職種であり、営業でたくさんの人を見てきたりした経験が活かせるし、社外から社内のことをやりたいという気持ちを表現できると採用されやすいように思います。なかなか求人が出ないのが難点ですが。

 

企画やマーケティング感覚というのも商品を売るというテーマが同じなので、前線にいた営業時代の経験が活かせるでしょう。

 

関連記事↓

営業から未経験の別職種へ転職をするときの選択肢ー志望動機や自己PR方法 - summersunday’s blog

 

転職エージェントの活用は必須

f:id:summersunday:20180807124931j:plain

マイナビエージェント

typeの人材紹介 

 

営業職は募集が多い分、入ってみたらイメージと違ったということにもなりかねません。

 

自身が希望するような条件を整えて、それをしっかりとエージェントに伝えて転職活動をするのが良いと思います。

 

オススメエージェントは、マイナビエージェントです。総合力No1という評価もありますし、親身になって相談にのってくれました。

 

その他営業職の転職に強い、typeの人材紹介 などもおすすめです。年収面での調整などを積極的に行ってくれるでしょう。 

 

とにかくホワイトが良い方へのおすすめ

とにかくホワイト企業が良いというかたは、

・インフラ

・メーカー(素材)

 

などがおすすめです。どちらも人気企業が多いので、転職先として出ることはまれですが、エージェントが持っている非公開求人などで紹介してもらえることもあるでしょう。

 

営業職として別ジャンルを希望する方へのおすすめ

有形商材がおすすめです。やはり無形商材で法人営業というのは難しく、営業としての提案力や企画力が試されるのですが、有形商材の場合には商品・製品の力で売れることもあるからです。行動力次第、ということも言えるかもしれません。

 

営業が嫌な理由をハッキリさせておけば、自身に合った営業スタイルができる営業職を継続でき、キャリアを築くことができるかと思います。そうした適職を紹介してくれるエージェントを見つけられると良いでしょう。

 

営業を辞めてよかったこと

f:id:summersunday:20180718081939j:plain

 

営業職でなくなると良いこともあります。

 

・ノルマからの解放

・こまごまとした雑務がなくなる

・専門知識が積みやすい

・付き合いでの飲み会が減る

 

などなど良いこともあります。特に専門知識が積みやすいというのはあるかもしれません。

 

実際に営業としてキャリアを積めば転職などは実務経験から多数あるかもしれませんが、専門性という意味では営業以外のキャリアの方が身に付くように思います。

 

営業が辛い業界は?

一般的に言われている事例では、

・不動産

・金融

・小売り

・自動車ディーラー

・広告

・ITコンサル

・製薬

 

などと言われています。

 

こんな記事も書いています↓

営業職が辛い業界ピックアップー離職率が高い業界10選 - summersunday’s blog

 

 

まとめ

・職種について

・辞めたい理由

・向き不向き

・転職について

・おすすめ転職エージェントについて

・辞めてよかったこと

 

などについてまとめてみました。

  

キャリアに悩む方へ:オススメ転職サイト&エージェント

・無料で市場価値診断が受けられるサイトがあります

自身のキャリアや出身学校などを簡単に記入するだけで、転職市場での価値を測定してくれます。簡単なプロフィールだけで診断できるので、登録してみることをオススメします

ミイダスに登録する

 

自分の適性がわかる下記サイトもオススメです。20分〜30分程度の時間で利用できるので、まずは気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

自分の才能や強みを知ることで、行動が変化します。リクルートが提供している、グットポイント診断ではあなたの強みを無料で診断することができます。

グッドポイント診断を受ける

 

当サイトを通じて転職を考えていただく方もいます。

登録は少し手間がかかりますが、それによって「仕事」という人生の大きな時間を割くことになる環境が変化するのであれば、とても良いチャンスだと思っています。

 

すでに世界シェアの高い優良企業に居る方は、より高年収な求人を見てみることもオススメです。 ビズリーチという高年収に特化したサイトがオススメです。

 

直接採用企業を検索をしてみる

 

 

当サイトから登録が多い転職サービスはこちら

高年収求人多数会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

総合的な満足度が高い マイナビエージェント

営業職の転職なら typeの人材紹介

無料での想定年収診断が人気 MIIDAS

グッドポイント診断 リクナビNEXT