summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

フリーターから第二新卒での就職活動は可能?事例を集めて見た

こんにちは!

転職を繰り返しているいわゆるジョブホッパーのなかむー(@yuyachama)です。(年収は右肩上がりではありません)

 

さて、今日はフリーターや既卒就職、第二新卒などの定義や就職方法について考えたく。

 

フリーターをしている場合は既卒?第二新卒?などという疑問を考えてゆきたいと思います。

 

f:id:summersunday:20180813220536j:plain

 

フリーターから第二新卒!?

はじめに

・現在フリーターの方

・20代第二新卒などを狙っている方

 

転職活動を目指す方すべてに読んでいただきたいです。

テーマはフリーターと第二新卒という就職方法について。

 

最終学歴終了後3年以内なら第二新卒!

f:id:summersunday:20180810133653j:plain

 

さまざまな定義が存在する第二新卒です。

 

・卒業後3年以内

・就職後2年以内

・25歳以下

 

などなど。既卒との違いは「正社員での就職歴があること」だと感じます。

 

なのでフリーターでの就業経験のにですと、既卒就職になるような気がします。ただ定義はさまざまです。第二新卒募集のサイトで応募することも企業によっては可能だと思います。

 

やる気、将来性、バイタリティが重要視される

f:id:summersunday:20180719104926j:plain

 

第二新卒やフリーターからの就職の場合、重要視されるのは就業経験や成功体験よりも

 

・やる気

・将来性

・バイタリティ

 

が大切です。というと、やはり30代でさまざまな経験がある転職希望者よりも、やる気がみなぎる姿勢が大事だと思います。

 

就職が困難なケースは!?

f:id:summersunday:20180718082056j:plain

 

フリーター経験があり、第二新卒市場で就職を目指す際に難点となるのは、

 

・すぐ辞めてしまうのではないか

・正社員経験がなく新卒同様の教育が必要

・基礎的社会人スキルの欠如

・アルバイトが忙しく就職活動に時間が割けない

 

というケースが想定されます。

特にアルバイトが忙しい場合には、非常に困難となるので、早いうちに身内からお金を借りておくなどをしてでも就職する方が良いのではないかと考えます。

 

しかしそういったことも簡単にはできないので、ある程度お金を貯めて、就職活動資金を貯めておくということも必要だと思います。

 

若者の就職支援には!?

f:id:summersunday:20180718082152j:plain

 

・若者サポートステーション

・ハローワーク

・ジョブカフェ

 

などというさまざまなサポートシステムがあります。若者といっても15歳~39歳までと幅広い世代に対応しているので、若者サポートステーションに相談してみるというのも一つの手だと感じます。

 

さまざまな職場が受け入れ提携をしてくれていたり、アルバイトから正社員へと目指す道も用意してくれている職場などを紹介してくれるでしょう。

 

事例にはどんなものが?

f:id:summersunday:20180515203052j:plain

 

ハタラクティブ  というサイトを通じて憧れの教育業界の事務へ就職された方がいます。

 

清掃業者から正社員へと就職された方もいます。

その方は最初に入社した会社で「うつ」になるほどの激務となり、そこからしばらく療養をしていたようです。

 

その他にも

・薬局アルバイト⇒調剤薬局正社員

・フリーライター⇒出版社

・居酒屋⇒営業職

 

などという就職を決めた方もいます。

 

ハタラクティブ  というサイト経由での就職のようです。すごいですね。

 

さいごに

f:id:summersunday:20180504170637j:plain

 

フリーターだから、という理由で就職をあきらめることはしなくてよいと思います。

第二新卒などもあるので。

 

さまざまな事例もあります。

 

若さ

やる気

将来性

バイタリティ

 

さえあれば、就職は可能だと思います。

 

ハタラクティブ  が自己PRや履歴書、面接対策なども手伝ってくれることでしょう。

 

以上です。

 

ハタラクティブ詳細ページへ