summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

フリーターから就職するには?もしフリーターだったら取りたい戦略とおすすめ転職サイト

こんにちは!

 

有効求人倍率が高まる中、ニートやフリーターなどという言葉も昔のこととは言いつつ、実際に就職活動をしている方も多いと思います。

わたし自身、転職をした経験などをブログで書くうちに、実際に就職を目指す方から相談を受けたりする中で、いろんな方法を探しました。

フリーターから自分で事業を始める方もいましたし、ボランティアなどの人脈から就職先を見つける方も居ました。

そうした様々な就職方法について考えていきたいと思います。

 

f:id:summersunday:20180403212924j:plain

 

フリーターだったらどうする?これからの働き方

はじめに

こちらの記事は、就職を目指す方や、働き方を模索している20代の方をターゲットに書いています。わたし自身は30代、会社員経験もあり、転職も経験しています。

 

自分がフリーターなどになった場合、どのような方法を取るだろうかと考えながら書いてゆきます。

 

その1、転職サイト経由

・未経験職種を募集している会社

・第二新卒

 

こうした求人を転職サイトで見つけて応募するというかたちを取るのが一般的なように思います。

転職サイトはウェブ上に求人広告を出して積極的に募集をかけている企業なので、採用人数が多い求人はとても狙い目です。

 

マイナビエージェント は大手ですし、サイトとの連動性も高く、相談にも幅広く対応してくれると思います。

 

その2、ハローワーク

f:id:summersunday:20180403213021j:plain

 

・公的機関のためフォローが親切

・スキルを身に付けるための講座なども受けられる

 

ハローワーク経由は求人が多いです。ご自身の自宅の場所にもよりますが、近くで求人を募集している企業はいくつか見つかるでしょう。

 

また、ハローワーク経由で一番良いと感じるのはパソコン講座や何かしらのスキルを身に付ける講座を受けられることです。無料で受けられるものも多いです。

 

ハローワークインターネットサービス - ハローワークインターネットサービストップ(仕事をお探しの方)

 

その3、「新卒」切符のために学校に通い直す

・新卒を手にする

・学費がまかなえればある程度確実性がある

 

専門学校などで就職活動のための時間を作るということもひとつだと思います。もちろん、学費の工面などの問題が生じるのであまりオススメはできませんし、自分自身が使う手ではないと思いますが。

 

しかし「新卒」しか採用しない会社を受験できるというのは、今現在の日本社会では価値のあるものだとも感じます。大きな会社で安定を・・・という方はこうした方法もオススメです。

 

その4、製造業で期間工

f:id:summersunday:20180403213040j:plain

 

・大量募集の期間工で契約社員となる

・お金も貯まり、正社員も目指せる

 

期間工という期間限定で労働ができる工場があります。最長で5年程度雇ってくれますし、途中で正社員登用試験を受けることができ、合格すれば世界的な大企業での正社員が目指せます。

 

トヨタ系列の企業が多く募集しています。勤務地は愛知県などが多いですが、とてもオススメです。契約社員であっても、年収400万ちかくもらうことができ、寮に住めるのでお金を貯めることができます。年齢層も20代~50代あたりまで多くいます。

 

工場求人ナビ 

 

 

その5、フリーランスとなる

・ウェブ系スキルを高めてフリーとなる

・自分で事業を始める

 

さまざまな方法があるかと思いますが、フリーランスとして独立している方も周りにいます。

「ウェブライティング」「ウェブサイト制作」「デザイン」などは定期的に仕事があるように感じます。クラウドソーシングサイトを経由して仕事を受注することは比較的容易な時代だと感じます。ブログでアフィリエイトなどもその一つでしょうか。

 

田舎フリーランス養成講座にて訓練を受けるというのもオススメです↓

田舎フリーランス養成講座 | 地方独立を支援する移住型体験プログラム「田舎フリーランス養成講座」の公式サイトです。

 

その6、コネを使い倒す

f:id:summersunday:20180403213059j:plain

 

・事業をしている親戚筋を探す

・ネット経由でメッセージを送る

 

コネクションがSNSの普及で広がりました。実際に、わたしの周りでベーシックインカムハウスを始めようとしている方もいます。生活していく分の生活費を工面してくれる代わりに少し事業の手伝いをするというシェアハウスのようなものです。

 

こうした方を頼ってみたり、親戚で事業をしている方に頼んでみることは有効な手段だと思います。地方では人が不足していることもあるので、なにかしら職が見つかるのではないでしょうか。

 

その7、とにかくネットで情報を集めて専門家に相談する

パっと調べるかぎりたくさんのサイトが見つかりました。

 

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】  

マイナビジョブ20's  

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」  

・既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】  

 

既卒、フリーターの相談にも積極的にのってくれると思います。すべて登録して全部行ってみれば一社くらい引っかかるのではないでしょうか。

 

その8、知識・スキルの販売

f:id:summersunday:20180328221250j:plain

・何気ないスキルが売れる!

・勉強教える、人の相談にのれるなど

 

ココナラ  というサイトに自身のスキルを出品してみることもオススメです。相談にのる、デートする、などの販売もされています。すぽっちゃに一緒に行く、なら自分もできそうだ。一人より人数多いほうが楽しいし。スポーツの助っ人もできそうだ。サッカーとフットサルならいい活躍しまっせ。

 

さいごに

フリーター、ニートというと親御さん世代から心配されそうなフレーズですが、政府も働き方改革を訴えて、さまざまな手法で働き方の多様化をすすめています。

 

正社員がすべてではないですし、いろんな生き方があると思います。

・転職サイトを使う

・ハローワークに相談

・専門学校

・スキルを売っていく

・フリーランスを目指す

・期間工

・コネ

 

などを模索してみてください。

この記事を最後まで読んでくださってありがとうございます。もしメッセージいただけたら一生懸命にあなたの人生の未来を一緒に考えたいと思います。

 

こんな記事も書いています↓

第二新卒とは?定義からおすすめの転職サイト、エージェント、活動時期、転職理由についてまとめ - summersunday’s blog