summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

懐の深い男に憧れて特徴を考えてみた件

広告

こんちは!

 

懐の深い人ってかっこいいですよね。男も惚れるってかんじで。

 

懐の深い男の特徴って?

嫌なことから逃げない

仕事でもプライベートでも、生きていると嫌なことってけっこう起きると思うんです。

 

そこから逃げない、ちゃんと正面から受け止めて、問題解決していく姿が懐の深い男ならできると思うんです。

 

常に冷静

問題が起きたり、トラブルのときって焦りますよね。自分はすぐパニック状態になります。

 

懐の深い男って焦りませんよね。遅刻?それなら連絡をして最適な手段で目的遂行。そんな人がかっこいいと思います。無理して走っても100キロ先じゃ間に合いませんもの。

 

精神的タフネス

頼りになる人ってメンタル的にタフだと思います。

 

いろんな責任、負担をかけても倒れない。どんなことでもやり遂げる。そういったことが信頼につながっていく。そんな気がします。

 

 

感情を表に出さない、でも伝わる

背中で語れる男になりたいと感じるものです。

 

懐の深い男は、多くを口にだしません。大事なときに「信頼している」「頼むぞ」と声をかけてくれるだけで、普段よりも心強くなれるような、そういう人ってかっこいいと思います。

 

目に見えない威圧感と鋭い眼差し

懐の深い男の威圧感がすごい。

 

話すだけで圧倒されるようなオーラと、どっしりとした雰囲気。

 

あとは目から光線でてるのかってくらいに鋭い眼差ししてません?

 

後進の育成に熱心

人間ひとりができることには限りがある。

 

そのことを知って、後進の育成に熱心に取り組む様子が懐の深い男の行動だと感じます。

 

 

まとめ&あとがき(ご容赦ください)

・嫌なことから逃げない

・常に冷静

・精神的タフネス

・感情を表に出さない、でも伝わる

・目に見えない威圧感と鋭い眼差し

・後進の育成に熱心

 

 

勝手に書いてみました。30代の器の小さい男が書いています。

 

かっこいいと思った男性を思い描いて書きました。この人の下で働けたら、安心していろいろチャレンジできるだろうな~と思ったり。

 

あとはテレビで見ていると、外交評論家の方なんかで懐が深くてかっこいい人が居て、実際に話を聞きに行ったりしました。

 

 

「外交」とは何か、「国益」とは何か 増補版・生きのびよ、日本!! (朝日文庫)

「外交」とは何か、「国益」とは何か 増補版・生きのびよ、日本!! (朝日文庫)

 

 

 

2020年日本のあり方―21世紀世代への7つの提言

2020年日本のあり方―21世紀世代への7つの提言

  • 作者: 塩川正十郎,石原信雄,尾崎護,岡本行夫,安斎隆,水野清,佐藤幸治
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

広告