summersunday’s blog

就職/転職について30代男子が語り尽くす

ハイキャリアの転職にオススメの転職サイトや転職エージェント

こんにちは!なかむー(@yuyachama)です。

 

ハイキャリアの転職の場合、自身のポテンシャルに沿った転職先を見つけるのが難しかったり、希望の年収を手に入れることが難しかったりしますよね。

 

将来的な年収アップを目指すことも大切ですし、キャリアとして一本通ったものを築くのも大切に感じます。

 

ハイキャリアの方へ向けて転職サイトなどをご紹介したくこの記事を書きたいと思います。

 

f:id:summersunday:20180718081939j:plain

 

ハイキャリアの転職なら

はじめに

 ・年収600万以上(都市部では1000万以上)

 

を狙っている方へ向けての記事です。

 

若手の方、ミドル世代の方、女性の方向けに別の転職サイトやエージェントを紹介したいと思います。

 

ハイキャリア向け転職エージェントおすすめ一覧(スカウトサービス含む)

リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/

JACリクルートメント:http://www.jac-recruitment.jp/

キャリアカーバー:https://careercarver.jp/

ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

doda:https://doda.jp/

パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/

ミイダス:https://miidas.jp/

typeの人材紹介:https://type.career-agent.jp/

AMBI:https://en-ambi.com/ 

リブズキャリア:https://libinc.jp/

 

ハイキャリア転職を成功させるには?

・転職エージェントを使う

・スカウトサービスを活用する

 

という点が重要になってきます。というのもやはり転職サイトからの転職の場合には自分自身が企業を見つけることができますが、年収面の交渉などを自分自身でしなければならなくなります。ハイクラスで転職を希望される方であればそういった交渉も上手なのかもしれませんが、やはりそこはプロに任せた方がいいでしょう。

 

スカウトサービスに関しても自身の職務経歴などからスカウトをもらえることが可能です。有能なヘッドハンターであればそうした経歴から年収アップできる求人を紹介することが可能でしょう。

 

ベンチャー企業より大手?

・結論=ベンチャーより大手

 

結論からいくとベンチャーよりも大手に転職したほうがいいでしょう。特にキャリア採用であれば役職付きでの転職が可能です。

 

ベンチャーですと役員などにいきなり採用されることもあるかもしれませんし、大きく事業が成功すれば年収も倍々ゲームのように膨らんでいく可能性があるかもしれません。しかしながら少数であるベンチャーの場合には業績によっては前職よりも年収が下がってしまう可能性もあります。

 

会社とともに命を共にする覚悟でもないかぎりは大手企業にて上を目指していけるような転職をするのが良いでしょう。

 

エージェントへの連絡頻度は?

・小まめに連絡を取る(2週に1回はマスト)

 

というのが大事になってきます。マルチタスクが得意な方々だと思うので、連絡してからほったらかしという状態ではないかと思いますが、小まめに連絡を取って求職を続けているというアピールを怠らないようにしましょう。

 

連絡が頻繁であるほど、エージェント側も求人紹介実績となりやすい人材であると判断し強くプッシュしてくれるでしょう。

 

エージェントの担当変更も視野に

・自身のキャリア価値を理解していない

・性格的に合わない

 

といった場合にはコンサルタントの変更も視野に入れましょう。特に業界的なもので特化した業績を持っている場合には、その業界に詳しい方であったり、そのキャリア価値を理解している人に担当としてついてもらうことがよりよい転職に繋がります。

 

中にはキャリアとしての価値が理解できずに、似たような職種だけどまったく初めての求人を紹介されてしまったり、アピールの仕方が間違っていたりというミスマッチが起きてしまうことも考えられます。

 

また、性格的に合わないといった場合でも変更することが可能です。自身のキャリアの為なのでこのへんはシビアに考えるとよいでしょう。

 

自己分析は入念に

ハイキャリアのために転職して年収アップを狙うとしても、同じ業界、同じ職種での転職が難しい場合もありますし、よりスキルアップを目指す上で似たような職種へのキャリア変更も考えられます。特に若年層であればちょっとずらしたような職種への転職も考えられます。

 

そういった際には自己分析や強みを把握しておくことが重要となります。

 

オススメはグッドポイント診断です↓

>>グッドポイント診断LP  

 

ハイキャリアの場合にはヘッドハンティング型エージェントが特徴的!?

・総合型

・ヘッドハンティング(スカウト)型

 

というのがあり、スカウト型の転職方法もハイキャリアの型には特徴的です。Linked Inなどでスカウトが来る可能性もありますし、職務経歴書を掲載しておくことでヘッドハンティングを待つという方法もあります。

 

上記した中では、BIZREACH(ビズリーチ)などがヘッドハンティングがあり、ご自身のプロフィールを元にキャリアコンサルタントが独自のネットワークからさまざまな求人を提示してくれます。

 

総合型はマイナビエージェントなどがサイトもエージェントもあり、総合力として高いものを持っているでしょう。地域的にも全国的に網羅しています。

 

全世代向け:ビズリーチ

 

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』 

 

BIZREACH(ビズリーチ)は完全にハイキャリア向けに特化しています。会員制転職サービスで、会費の高いものを支払える方向けにだけ公開している求人もあるようです。

 

ヘッドハンターも一流の方ばかりで、厳正な審査を通過している人だけのようです。専門性の高い分野でもあなたの能力を理解してくれるエージェントが存在するでしょう。

 

若手ハイキャリア

 

 

ミイダス 

ミイダスは年収診断が魅力的です。

 

若手の場合、経験値や学校歴などもキャリア形成に関わってくるため、自分の市場価値が客観的に分かります。

 

また面接確約オファーなどが届くので転職活動がスムーズに続くと思います。

 

AMBI

ハイクラス転職・求人情報サイト AMBI(アンビ)は 若手ハイキャリア向けに作られた転職サイトです。

 

年収500万以上の求人が多くあり、20代でも高年収で大手の求人が多くあります。また、合格可能性なども見ることができ、職務経歴書やプロフィールを載せておくことでスカウトが届くこともあります。

 

下記インタビューサイトなどは面白い内容です↓

若手ハイキャリア向け転職サイト『AMBI』のユーザーってどんな人?エンのAMBIっぽい人たちにインタビューしてみた! – ensoku!(エンソク)

 

女性ハイキャリア

 

type

 

正社員の転職を無料支援!
 typeの人材紹介
 では女性専用に設けられたハイキャリア向けの人材紹介が充実しています。

 

こうした女性向けサービスを大々的に展開しているのはtypeだけではないでしょうか。

 

リブズキャリア

キャリア女性のための転職サービス | LiBzCAREER(リブズキャリア)

 

女性ならではの条件がそろっている企業が多くあります。特に育児サポートや出産の際の休暇などのサポートがある会社かどうか、などについての条件面があらかじめ求人に載っています。

 

また女性のロールモデルなどの紹介もあり、自身がキャリアを築く上で参考となる人物像などが見ることができます。

 

他社にはない独占案件も多数保持しているのも魅力です。反面、ハイキャリアでない方にとってはドライな対応となってしまうこともあるようです。

 

さいごに

BIZREACH(ビズリーチ)

ミイダス

typeの人材紹介 

 

の3つは特にオススメです。

 

ハイキャリア層や年収を大幅にアップさせるには、こうしたサイトで求人を見るのが効果的です。エージェントに相談して年収を相談してもらうのも手でしょう。