summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

ハンター×ハンター36巻の雑記感想ネタバレ有り

こんにちは。

ハンター×ハンター36巻の感想です。思いついたことを書き連ねるものです。

 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ハンターハンター36巻の感想

 

クラピカのダウジングチェーンが相当有能

最初にシマヌに問いかけるシーンがあります。

サイユウが内通者であることも見破りましたし、相当有能な能力でウソ発見器としての役割がありますよね。

 

一般人に見えたヘビ

念獣のヘビが見えるというのは一般人からすると相当怖いですよね。具現化系ではないかとクラピカが想像しています。

このあたりの念に対しての想像とか知識が戦闘へかなり影響してくるので面白いです。しかしだれなんでしょう?暗殺者は。

 

継承戦から離脱できそうなのは・・?

のちのち能力の説明がなされますが、継承戦からひとりでも離脱すると制約が解かれて念獣が消えるかもしれないと推測されています。

それができそうなのは、カチョウ&フウゲツな気がしています。しかしそううまくはいかないんでしょうなあ。

 

シマヌの王家に使える心意気が泣ける

ちょっとしたシーンなのですが、「死ぬまで王家に仕える」と考えているシマヌの意思が感動シーンですね。

 

旅団はやっぱり強すぎる

道をふさがれるシーンでは旅団がボコボコにした3人から話を聞いています。だれが戦ったのかわかりませんが、とりあえず圧勝したのでしょう。さすがです。幻影旅団!

 

王子と組(一家)

・第3王子:シュウ=ウ一家

・第4王子:エイ=イ一家

・第7王子:シャ=ア一家

 

という構図のようです。第1、第2は持っていないんですね、あと第5王子も。

 

王子たちの墓が用意されている!?

モモゼ王子の眠る棺の中心に何か用意されていて、まるで念能力を増大させるような装置が置いてあるようになっています。兄弟で殺し合い、おそろしいおそろしい。

 

ハンゾースキルが思ったとおり分身の術

ハンゾーの能力がひとつ明かされました。まだまだ活躍してくれそうです。体術だけだと主人公たちと同レベルかそれ以上ですもんね、面白くなりそうです。

 

操作系の能力がなんでもあり

記憶補正がどうのなんて話題もあります。もはや念はなんでもありですね、しかし本当に誰が強いんでしょうか。気になります。なぜかクラピカ死ぬ気がしています。大丈夫かな。

 

カミーラ王子の能力がつよい!!

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

元ネタの絵本もあるようですね。蘇生するって最強すぎません!?

 

コインが日本円で1円玉

第3王子の念獣が落とすコインが1円ってのが「安い!」と感じました。

 

念獣の能力が明らかに

第2、第5、第7、第9王子の念獣の能力がある程度明らかになっています。戦闘にどうかかわるか分かりませんが、それぞれの個々の性格などに合っているような気がします。

 

ハルケンブルク王子がまともっぽいけど・・

父親に継承戦を止めるように言いに行ったり、まともっぽい感性なのだけど、能力が強化系だと今後なーーというのが感想です。

やっぱり操作系、具現化系などの特殊系に近いほうが有利なのが念な気がします。

 

ヒソカが狙われまくってる・・!

個人的にはヒソカけっこうすきなので、まだまだ活躍してほしいですが、旅団とも他の組からも狙われるとなると厳しいかもしれません。

 

ノブナガの円が超高性能

途中で暗殺犯が消えるシーンがあるのですが、ノブナガが気づきます。

やはり普段から円に関しての使用は慣れているのでしょうか。フィンクス、フェイタンよりも先に気づいているので相当高性能な気がします。

 

フランクリンが冷静

フランクリンはヒソカを探さずに食事をとっています。

その冷静さがなんとも言えない性格を表しているようですが、これからのキーポイントともなりそうな。

 

さいごに

ハンターハンターは2回くらい読み直さないとなにがなんだか分からなくなりますよね。しかしそれが面白いところでもあります。

 

雑多な感想でした。

 

こんな記事も書いています↓

ハンターハンター35巻の感想ー読みながら調べたことや気になったこと - summersunday’s blog