summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

「何度も転職してやっと分かったこと」というつぶやきが納得な件(とっとこランサーさんのつぶやき)

こんにちは!

 

とっとこランサーさんのつぶやきが勉強になるので。

自身の経験なども補足したく。元ツイート↓

 

 

何度も転職してやっとわかったこと

はじめに

f:id:summersunday:20180424205438j:plain

・会社員に読んで欲しい

・20代の転職希望者に届いたら嬉しい

 

転職というと、未だにあまり良い印象を持たない方も多いかもしれません。終身雇用という言葉は聞かなくなったものの、長い間勤めるのが正社員として当たり前という考え方は多くあるように思います。

 

転職してやっとわかったこととは?

f:id:summersunday:20180424205427j:plain

・そもそも大半がブラック企業

・年功序列による名ばかり管理職が大量にいる

・デキるヤツが損をする傾向

・早く帰るキャラはコスパ良し

・大変=給料良いという認識は間違い

・業務より人間関係の問題多し

・1回目の転職が最も勇気必要

・慣れるとサクっと転職

 

とのことだそうな。

 

納得なものもありますし、そうなの?というものもあります。

自分は小さな企業ばかりが多いからかもしれません。

 

ひとつひとつコメントさせてください。

 

そもそも大半がブラック企業

納得です。会社は利益を生み出すためにたくさん効率よく働いてくれる人を求めていると思います。

 

ブラックをどこで区切るかにもよると思いますが、少しはブラックな部分を持っている企業が多いと感じます。

 

・長時間労働

・給料が極端に安い

・人間関係が悪い

 

など。探せばどの会社にもイヤな部分はあるかと。その他の良い部分をいかに見つけてゆくか、でしょうか。

 

年功序列による名ばかり管理職が大量にいる

これは自分の経験した会社にはありませんでした。

中小企業では、ワンマン社長がほぼすべての権限を有していて、ベテラン社員が2名ほど役職がある程度で、その他はすべて一般社員というような。チームリーダーという立場はありましたが、権限などは無かったように思います。

 

比較的大きな会社のグループに居たときには年功によって必然と等級が上がっていくシステムで、年齢が上なだけで給料が高い人は多くいました。

しかし管理職となる方は責任感も強く仕事ができる方ばかりだったように思います。

 

デキるヤツが損をする傾向

これもあまり感じませんでした。

仕事がデキる人には必然的に仕事が集まってしまい、残業が多くなっていくのは感じましたが、仕事ができない人にも仕事がたくさんあったので、そこまでアンフェアには感じませんでした。みんな頑張って仕事をしていた印象です。

 

営業ばかりの部署だと、担当が分けられているので個人戦のような印象が強くありました。デキる人はライフバランスも充実した仕事ができていたように思います。

 

早く帰るキャラはコスパ良し

これは納得です。

 

残業時間はほとんどの社員が多い会社に居たので、早く帰るキャラはコスパが良かったと思います。

ボーナスも大して変わりませんし。

 

習い事や趣味やプライベートに時間を割けるというのも充実ですよね。

 

ただ毎日早く帰るキャラは他の社員たちからの反感を買うような雰囲気もありました。残念な風習です。

 

大変=給料良いという認識は間違い

大変=給料良いという認識を自分自身は持っています。

なのでとっとこランサーさんとの認識が違うようです。

 

大変な仕事で割に合わないということはあるかもしれませんし、お客さんによっては競合がひしめいて安くて高品質なものを求められることもありました。

 

これに関しては自分としても参考にしながら考えてゆきたいです。

 

業務より人間関係の問題多し

これは本当に思いました。

すんなり仕事をしてもらうために、何度も頭を下げましたし、お願いをするときも何かしらのパフォーマンス込みでした。

 

「気持ちよく仕事してもらう」ということを大事にしなきゃならないのだなーと。

 

大学生のときはそんなこと知ったこっちゃないと尖ってましたが、そうでも無いと意識を改めました。2つめの会社では一般社員レベルではそういうことはありませんでしたが、部署間では多くあったように思います。上司たちが仲悪いという最悪ケースも。

 

こういうのがキチンとできる人って会社員に向いているのだなーと。自分も勉強中です。がんばります。律儀に。

 

1回目の転職が最も勇気必要

 これも感じます。

 

1社目を辞めるときは親や兄弟にも電話して、なんなら泣きながら電話しました。親にはめちゃくちゃ怒られると思っていたので。勝手に転職活動をして内定先を決めたことなど。

 

転職エージェントさんにもたくさん相談にのってもらいましたし、大学時代の友人にも何人か相談にのってもらいました。

 

今思えば、大した決断でも無かったかなあーと。結局辞めてしまいましたし。

 

慣れるとサクっと転職

転職に慣れるというのもどうかなーとは感じていますが、合わなければ辞めるというスタンスでもどうにかなるという感覚は持てるようになりました。

 

自分は今の仕事で頑張りたいという気持ちを毎回持つので、今回も頑張りたいと思ってます。

 

ただ、転職に悩む人がいるとしたら、「転職してみれば?ダメだったら辞めればいいし」なんてアドバイスができる気がしています。

 

さいごに

f:id:summersunday:20180424205503j:plain

・そもそも大半がブラック企業

・年功序列による名ばかり管理職が大量にいる

・デキるヤツが損をする傾向

・早く帰るキャラはコスパ良し

・大変=給料良いという認識は間違い

・業務より人間関係の問題多し

・1回目の転職が最も勇気必要

・慣れるとサクっと転職

 

というとっとこランサーさんのつぶやきがとても参考になりました。

まだ自分の経験値では理解できないところもありました。

 

転職を考える方むけに↓

 

・年収診断が無料のサイトです↓お試しあれ~ 

あなたの本当の価値を見いだす

 

・高年収求人が多いハイキャリア向け↓

ヘッドハンター・直接採用企業検索

 

・営業職で都内のときは大変お世話になった親身なエージェントさま 

20〜30代の転職にチャンス拡大中!?