読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

転職エージェントが転職経験者からおすすめされるけれど、サイトで転職した自分の経験談

広告

f:id:summersunday:20170430092354j:plain

 

こんにちは。

 

転職エージェントを利用して転職しよう、という記事をよく読みます。ほんまにーー?そんなええのん?

 

というあたりを、自分の経験談と照らし合わせながら、赤裸々に語っていきたいと思います。

 

転職エージェントを利用した経験談

はじめに

現在30歳の転職経験者が、転職エージェントを利用したときの経験談です。決して仕事の実績があるわけでもなく、大きな会社でもなかったので、多少の年収アップは希望していましたが、環境面を変えたいという気持ちが大きかったです。ですので、キャリアアップ志向の方というより、20代で仕事の環境を変えたい方向けの記事かもしれません。ちなみに自分はホワイトな職種でサラリーマンしながら、副業アフィリなどでお小遣いを稼いでいます。そのへんの詳細は記事末に置くつもりです。

 

1回目の転職時プロフィール

年齢:27歳

職種:営業

希望年収:400超えたらいいな

業界:製造業

その他希望:大手にいきたい、残業減らしたい

 

いきさつ

転職をしようと決意しました。仕事がうまくいかず、営業としての腕がなかったのですが、それを会社のせいにしていて、工場側が力があれば営業できると思っていました。というより、大きな会社の看板を背負った営業をしてみたいという欲が出たのもありました。転職活動自体がはじめてで、友人に聞きながら転職サイトに登録しました。リクナビNEXTです。

 

スカウトメッセージ

転職サイトに登録すると、転職エージェントからオファーやスカウトメッセージが届きます。うちに登録しませんか?というような。最初はよくわからなかったので、ほとんどに返信していました。「営業経験」があるだけでもらえるオファーもありますし、20代ってだけでもらえるオファーもあるようです。自分だけじゃないから舞い上がらないようにね。

 

使ったエージェントは

・typeの人材紹介

・ネオキャリア

・愛知県に特化した個人エージェント

 

です。ほんとによくわからず、連絡をくれた会社に行っていました。

 

もちろん、直接企業からのオファーもありました。自分はこのメッセージでのスカウトで1回目の転職を決めました。

 

「履歴書」と「職務経歴書」を持って面接にきてほしい、というものでした。応募してすぐの週末が面接日だったように思います。1回の面接で内定でした。

 

f:id:summersunday:20170430092721j:plain

 

各エージェントの感想

個人ブログとしての、正直な感想です。

 

typeの人材紹介

ベテランの女性が対応していただきました。転職が初めてなので、会社を辞めることについても相談に載っていただきましたし、転職エージェントのビジネスモデルもおしえてもらいました。転職先の会社から年収の数%が報酬としてもらえる仕組みのようです。相場は30%だとか。けっこう大きいですね。

 

自分の転職に対しての条件がブレていたこともあり、紹介いただける案件もブレていました。ほとんどが同じ業界の、同じ職種の、同じような仕事でした。製造業の営業というもの。その他の紹介してほしいとお願いしたものの、エージェントさんが乗り気でなかった気がします。なんだか「あなたのスペックじゃ、このへんが相当ね」と言われているような感覚でした。なんだか消耗するかんじでした。正直な感想です。

 

なんだか自分の希望だとかよりも、求人をたくさん出していただいたような気がします。たくさん求人はお持ちな印象でした。大きな会社なんですよね、人材業界では。おそらく。広告よく見ますし。

 

ネオキャリア

ネオキャリアは新宿にオフィスのある会社です。オフィスビルに企業の方針のようなものがあり、イケイケ感がある会社でした。意識高そうな。

担当していただいた方も、若い女性で、言葉はわるいですが、ケバい、爪もネイルゴリゴリの方でした。

「なかむーさんの経歴が、とっても綺麗なんで、大手狙いましょう!ぜったいいけますよ!東証一部も狙いましょう!」

みたいなことを言われたように思います。乗せられて元気になりましたね。そのままネオキャリアの仕事もご紹介いただけました。嬉しかったですね正直に。紹介いただいた案件は、年収400~500の、自分の経験値と合うような会社でした。大手も紹介いただきましたし、製造業にはこだわらずに面白い案件を紹介してくれました。個人的にはとても有り難く、いまでも感謝しています。

 

愛知県に特化した個人エージェント

東京に住んでいたのですが、実家のある愛知県に戻ろうかということも検討していました。なので、転職サイトの希望に勤務先、愛知と入力していました。

そこを見て連絡をいただけたエージェントさんでした。個人でやっているところでしたが、紹介いただいた企業が大学新卒時にも受けた企業様だったので、連絡をしました。企業名はすみません、覚えていません。

東京のカフェで相談にのってもらい、職務経歴書や履歴書などもすべて「こちらでうまいこと書いておきますね~」というようなかたちで、一度提出した書類をうまく編集してもらいました。

紹介いただける企業は、本当に魅力的な企業様ばかりで、業界では知らない人はいないという工作機械メーカーや、業界最大手と呼ばれるような企業様も紹介いただきました。年収よりも、自分の希望に近いところを選んでいただけたような気がします。個人のエージェント様なので、紹介いただけた案件は少なかったように思いますが、どれも行きたいと思えるいいところばかりでした。転職するか、しないかという面もハッキリとアドバイスいただけたので、とても心強かったです。

 

まとめ

文字数が増えましたので、1回目の転職時のエージェント様について書きました。

2回目も、同じところに相談させていただいたり、知り合いがいたのでエン・エージェントに相談に行ったりしました。あとリクナビエージェントも。そのへんも過去に記事にしたように思いますが、改めて記事にしていきたいです。

 

今回は、

・typeの人材紹介

・ネオキャリア

・個人エージェント

 

の3つのエージェント様の感想でした。あくまで個人の感想です。エージェントもいいですし、サイトで直接でもいいと思いますよ。自分も20代の方のお力になれたら嬉しいので、お問い合わせフォームなどから連絡いただけましたら、できるかぎりのご質問にお答えしたいと思ってます。

 

なお、ホワイトな職場で、副業ねらっちゃおうって方に記事おいておきますね。サラリーマンの固定収入はやっぱり安心ですので、いきなり専業ってのはおすすめしておりませんけれど、止めはしません。

アフィリエイトの本3冊読んでの感想 - summersunday’s blog

 

転職エージェントを介して転職しようと思いつつ、結局転職サイトから転職した経験談 - summersunday’s blog

広告