summersunday’s blog

就職/転職について30代男子が語り尽くす

無職から就職をするために有利な資格とは?

こんにちは!なかむー(@yuyachama)です。

 

転職活動を繰り返しているので、そのときの職歴や資格などで有利だと感じたものや、さまざまなサイトを調べてみましたので共有します。

 

f:id:summersunday:20180813223114j:plain

 

無職から就職するのに有利な資格とは

[:contnets] 

はじめに

・現在無職

・資格取得をしてから就職をしたいと思っている方へ

 

向けて記事を書きたいと思います。

 

介護福祉士、等介護系

f:id:summersunday:20180615204739j:plain

・介護業界は人手不足

・少子高齢化で需要多数

 

の業界です。

介護福祉士を取得するのは難しいかもしれませんが、ホームヘルパーなどの資格から狙っていくのも良いかもしれません。それによって介護系の施設に就職し、介護福祉士の資格取得を目指していくという手段は就職に繋がるように思います。

 

簿記(2級を目指すと良い)

・事務系職種

・経理など

 

大手企業などでも経理や総務などの内務系職種で募集がある際には有利な資格となります。簿記2級などは数か月の勉強で取得できる可能性もあります。

 

経理は特殊性も高いので人手不足になりやすい職種でもあります。

また比較的ホワイトな環境であるのが特徴のため今までの職場でなにかしら環境面の不安があった方などは目指してみるのも良いかもしれません。

 

 

フォークリフト

・物流、工場など

 

フォークリフトの免許は数日で取得できるので資格があると工場系の職種での採用が有利となります。

 

体力に自信があるのであれば期間工などトヨタ系列の大企業への就職も夢ではありません。正社員登用という道も最近では多いようですよ。

 

工場求人ナビ というサイトで探してみてください。

 

運転免許

f:id:summersunday:20180515203052j:plain

無職からの就職として、既に持っている資格を活かすことも考えましょう。

配送の仕事などは常にどの地域でも募集していることが多いです。 

 

大型

常に需要があり、人手不足でもあるトラックの運転手となれる可能性があります。運送会社などで重宝されるので若いうちに取っておくと給料も高く、とても有利な資格となります。

 

第二種

タクシーや運転代行が可能になる資格。

タクシーの運転手という仕事は高齢化によって必要とされ続ける仕事であるとも言えるでしょう。 

 

危険物取扱者

ガソリンスタンドでは乙種第4類という危険物取扱者資格があると給料が増すことがあり、セルフが増えてきているスタンドでのアルバイトが有利になります。

 

設備管理系や各種メーカーなどでも必要とされる場合がある資格のため、取得できると就職にとても有利となる。種類によっては非常に難関な資格でもある。

 

ビルメンテナンス系

f:id:summersunday:20180718081939j:plain

 いわゆるビルメンと呼ばれる職種に就くための資格であり、

 

・電気工事士

・ボイラー技士

・冷凍機械責任者

・危険物取扱者

 

という資格は設備管理系で有利とされる仕事です。仕事に就いてから取得するという手段もありますが、いくつか取得しておくとより就職に有利であると思われます。都心のビルメンテナンス系企業ではとても重宝されるでしょう。

 

まとめ

・介護系

・簿記

・危険物

・設備管理系

・運転免許

 

などの資格取得実現性が高く、直接的に企業への就職に繋がりやすい資格を目指すと良いでしょう。

 

無職からの就職では資格の勉強も大事ですが、やはり活動を諦めず続けることが大事になってきます。もしくはフリーで仕事をするという手段も模索するかもしれませんよね。クラウドソーシングなども最近では話題ですし。

 

以上です。

 

こんな記事も書いています↓

無職から就職するには?就職方法やスキルの身に付け方、取りたい方法など - summersunday’s blog