summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

永田町の論理という言葉を聞いて考えたあれこれ

こんにちは。

政治家の町?永田町ですね。国会議事堂などがある。

 

 

 

永田町の論理

yahoo知恵袋によると・・

先ず第一に既得権益を守ること、自分に降りかかる火の粉は他人に降りかかる様にすること、自己保身に徹すること、金のなる木には群がること、権力者には巻かれること、いずれにしても火中の栗は拾わないこと、要するに自分の利益に成ることには必死に行動するが、自分の利益に成らない事には近ずかない、これを実行している議員が残れるのです。 

 

上記が永田町の論理、という言葉の意味だそうな。

 

f:id:summersunday:20171214222407j:plain

 

既得権益?

こちらもyahoo知恵袋に載っていました。例として挙げられているのは、

・小麦

・バター

・米

・漁業権

・工事指定業者

・タバコ屋

などが挙げられていました。

 

それぞれ官僚機構の天下り先の機関へ上納金?や輸入納付金?があるそうです。

漁業組合には漁ができる場所が決められていたり、工事も指定業者でなければできないという縛りがあったりするようです。

もちろん、国内生産農家を守ることや、漁場が荒れないように、工事が規定や水準の通り行われる信頼できる業者である、などの意味もあるので、良い事だとも思うのですが。それを理由に政治家やお役人が私腹を肥やしまくっているというのが問題のようです。

 

責任回避のこと?

自分に降りかかる火の粉を他人に降りかかるように、というのは責任を回避することだと思います。

 

ある程度の大きな組織で、有名な会社だとみんな能力が高くて、仕事の成果などは運もあったり、タイミングだったりもあるかとも思います。出世していく人は、「経歴にキズがない」ことが重視されるなんて話を小説やマンガで読んだりします。つまりは、重大な失敗などを起こしてきていないことが重要なのかと。となると、やはり責任はうまく回避できてきている人のほうが政治家のなかでも良いのかと感じます。人徳は無い気がしますが。責任逃れする人なんて。

 

自己保身に徹すること?

こちらも責任回避、自分を守るってことですよね。

自分が関わったことが問題になったりすると、メンバー全員が責任を背負うことになりますよね。もちろん責任者だったり、リーダーの人が一番責任を負うのだと思いますが。

 

そういったことを回避してきた人ほど大成していくのだと思います。進めていることを失敗させないように、問題にならないように立ち振る舞わなければならない、ってことですよね。

 

ただ潔く認めるってのも世間へのアピールになって良い方向に進むなんてこともありそうなので難しいところ。

 

金のなる木には群がること

このへんは、高い給料もらってるんだから困らないんじゃないの?という感覚をもらってしまうのですが。

 

国会議員の年収ベース2200万円って出てきました。

どこにも書いていない、国会議員の本当の収入

 

それでもやはり、政治家が大成していくには、もっと資金が必要なのかもしれません。公共事業とか数億単位で動くんですもんね。

 

権力者には巻かれる

まだ全然30代のサラリーマンなので、分からない感覚です。

 

権力者とは?経団連の人とか?各種団体の人とか?政治家の偉い人とか?

 

権力者に気に入られることが、政治家生命を保持するのでしょうか。

 

火中の栗を拾う?

昔のことわざのようなものらしく、

 

他人の利益のために危険を冒すこと

火中の栗を拾う(カチュウノクリヲヒロウ)とは - コトバンク

 

火中の栗を拾うって行為は、日本人にしたら、他人のために必死に頑張ってケガしてしまうなんていうある種の美徳のような気もしますが。とはいっても、自分も人のためにどこまで危険を冒せるかと問われると難しいですね。

 

政治家も同じなのだと思います。もちろん、日本をよりよくしたい、実現したい社会がある、とはいっても次の選挙で受からない事には何もできませんもの。

 

自分がこの言葉を聞いて考えた率直な意見

政治家でもないですが、政治家だったらどういう行動を取るだろうと考えたことがあります。

 

自分の信念や、実現したいことを早期に実行していく力も必要だと思いますが、自分が議員として居られることを最優先に考えるのではないか、と考えました。

 

なので、「永田町の論理」という言葉自体はマイナスイメージではあるのですが、至極当然のことなのでは、という感覚もあります。冷めてる?ドライなのかな?

 

もちろん、近づきすぎてはマズいな、という直感が働いたりすることもあると思います。

 

自己保身という意味意外にも、意思決定の上で「永田町の論理」が働いて、自分自身の信念や正義感や政治家としての想いなどを押し殺す、なんてこともあるのかもしれません。

 

○○の論理、という独特な価値観もいろいろあるようですね。はてな村の論理、自分はけっこう守ってますよ?

 

以上!