summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

ツェリードニヒに念を教えるのはクラピカになるのではなかろうか【ハンター×ハンター予想】

広告

こんにちは!

ハンターハンターが好きです。

ただのハンターハンター好きが勝手に展開を予想します。

 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

クラピカはツェリードニヒに念を教える!?

2017年7月現在の展開

ジャンプにて連載されているハンターハンターですが、現在ブラックホエール号の中でカキン王国の時期国王を決める戦いが展開されています。

第1皇子~第5皇子までが実力的に強いという話ですね。特に第4皇子のツェリードニヒは念を習得していないながら、性格的にも今後の展開のカギとなりそうなキャラクターであります。

いまは護衛のテータという女性が念を教えるという展開になりそうですが、もしかしたらクラピカが教えることになるのではないかと思っています。

 

クラピカが念を教える?

クラピカが現在の国王を決める争いに参加することになったのは、十二支ンの誘いがあったからなのですが、緋の目を所持しているのがツェリードニヒであるということを十二支ンから聞いたからです。

クラピカの目的は緋の目。現在ボディガードとして付いているオイト王妃とワブル王子の身の安全が保証されるのであれば、ツェリードニヒに加担するように思います。ツェリードニヒが王子と王妃を守るという約束をするかわかりませんが、第1皇子と戦うためには協力も必要と判断するようにも思われます。

 

テータでは役不足感がする

テータという護衛がいます。あまり強そうな描かれ方をしていません。実際はめちゃくちゃ強いのかもしれませんが。念獣にやられてしまうように思います。もしくは、他の王子の念獣への対処で手一杯となってしまうようにも思われます。

 

クラピカの命は第1皇子に狙われそう

クラピカ一人であれば、自分の身を守ることは可能だと思いますが、第1皇子と戦争状態にあります。その他の王子との交渉も進みそうですが、わたしはツェリードニヒと繋がりそうな気がしてなりません。

 

第2皇子と第3皇子は悪役っぽさ満点

現在第3皇子と交渉中のようですが、第2の女性も第3の軍人ぽい人も悪役っぽさがあります。第1皇子にやられそうな気がしています。そのへんの戦争の展開も誰が生き残るかに影響が出そうですが、少なくとも第2と第3皇子は悪役っぽくて少年マンガ的にやられそうです。

 

第1皇子の圧倒的武力に対抗するため

現状として念能力を使える護衛の数なども含めて、圧倒的に第1皇子が強そうです。このブラックホエール号の中ではラスボス的な存在に感じます。そうなってくると、敵の敵は味方的発想で第2~第5皇子と組んで倒す作戦が必要に思います。その中で候補としてツェリードニヒ王子が可能性としてあり得るように思います。

 

性格分析からツェリードニヒは特質系?

ヒソカの性格分析から。

強化系 … 単純で一途

操作系 … 理屈屋・マイペース

変化系 … 気まぐれでうそつき

放出系 … 短気で大雑把

特質系 … 個人主義者・カリスマ性有り

具現化系 … 神経質

個人主義者っぽいですし、カリスマ性はありそうです。そう思うと特質かもしれません。未知の念の性格をもっているので、いかようにも展開できそうです。

 

クラピカが念を教えるとして

おそらく、緋の目のコレクションは返却。オイト王妃とワブル王子の安全確保、が条件となって念を教えるような展開を私の脳内で期待しています。

教え方は真っ当な方法ではなく、多少の体のリスクを持ってでも無理やりこじ開けると思います。制約と誓約の話もしっかりすると思います。もちろん、クラピカの能力は半分程度知らせるくらいで。

第1皇子との全面戦争となり、 念獣どうしの激突が起こると思います。あとは正直ぜんぜん予想できません。ただクラピカの師匠や、ビスケ、ハンゾー、バショウ、センリツなどがどのように物語に関わってくるかも気になります。

 

勝手な予想ですみません。

こんな記事も書いています。

ハンター×ハンターの暗黒大陸考察ー解説本【暗黒大陸編超考察】を読んだ感想とネタバレ要注意の内容、解説一覧 - summersunday’s blog

広告