summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

プライベートライアンという映画を見て泣きました

広告

こんにちは。

 

古い映画のご紹介。

 

プライベートライアン

予告編

www.youtube.com

 

 

あらすじ

第二次世界大戦時のヨーロッパ。ノルマンディー上陸作戦のシーンから始まります。

アメリカ軍の兵士ジェームス・ライアンの兄3人が死亡したため、激戦下にいるライアンを家に戻すための特別チームが動き出す。

救出作戦に出たものの、作戦途中で死傷者が出るほどに戦闘が激しく行われています。途中では同姓同名のジェームスライアンを見つけ出したり、敵軍捕虜の命乞いを受けて逃がすシーンも。見つけ出したライアンに兄弟が死んだことを伝えたが、家に戻ることを拒否し戦闘を続けると言うライアン。その小隊が守っている橋の戦闘に参加することに。終始戦闘シーンが続く戦争映画です。

 

いまこそ見てほしい

戦争に対する考え方や平和の尊さを再考できる作品です。

 

最初と最後は、生き残ったライアンが戦士した兵士たちのお墓で祈るシーンが映し出されます。

 

最後のシーンは何度見ても泣きそうになります。

 

お墓に向かって話しかけるシーンです。

 

「今日は家族と参りました。彼らも私と一緒に来たいと。

あなたに正直に言います。本国へ帰ることは本心ではありませんでした。

毎日あなたが言ったことを考えました。

そして自分の人生を精一杯自分ができる限り生きてきました。

十分であったことを願います。十分生きてきたことを、

戦場であなた方がしてくださったことに報いることができたことを。」

 

そして奥様に問います。

「いい人生を歩めただろうか?いい男であったか教えてくれ。」と。

 

どこの国でも共通の価値観があると感じました

当たり前のことですが、

 

命の尊さとか、平和の尊さは共通しているんだと感じました。

 

日本では戦争が終わってから平和が続いていますが、

 

これからも続いてほしいとつくづく感じました。

 

その他のおすすめ戦争映画

戦争映画がけっこう好きで、よく見ます。オススメをご紹介!

 

ハートロッカー

イラク戦争のアメリカ軍爆弾処理班を描いた映画。

ハート・ロッカー Blu-ray

 

アメリカンスナイパー

イラク戦争に4度従軍したスナイパー(狙撃手)の物語。

 

アメリカン・スナイパー(字幕版)

 

 

ネイビーシールズ

アクション映画です。アメリカ海軍特殊部隊の活動を描いた作品。

 

ネイビーシールズ (字幕版)

 

日本のいちばん長い日

終戦の日本での出来事。

本土決戦を願う陸軍将校たちの活動や、本土決戦を避け日本の未来を願う閣僚。内閣の中でも意見が分かれる様子が見どころです。

日本のいちばん長い日 [DVD]

 

以上です。

おわり!

 

 

 

広告