読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

ラグビー観戦を楽しむ方法をご紹介

オススメ-スポーツ オススメ
広告

こんにちは。

スポーツ観戦はおすきですか?

わたしは大好きです。ラグビーが特に好きです。

 

ラグビーを観戦するときに、知っておくと面白いことや、ルール、どこをどう楽しんだらよいか、など自分なりにご説明させてください。

 

ラグビー観戦を楽しむ方法

 

その1、ルールは細かく知らなくてよい

ラグビー観戦で大事なこと、それはルールがよくわからなくてもいいってことです!

 

知らなくていいんです!

 

絶対に覚えることといえば、

前にパスが投げられない。

危険なプレーをしちゃいけない。

 

これくらいです。あとは人がぶつかってる様子を楽しめばいいと思います。キックが何点?トライが何点?

キックが2~3点。トライが5点です。7点差は1トライ1ゴールで追いつける点差です。

 

その2、誰がどんなポジションなのか把握すると面白い

ラグビーはポジションによって役割が異なります。大きく分けるとフォワードとバックスがあります。

 

フォワード:比較的体の大きい人が突進してボールを進める。

バックス:足の速い選手がパスを回してボールを進める。

 

スクラムを組むのはフォワードの8人です。1番~8番。

 

1~3番:プロップ、フッカー。スクラムの最前線。体重100キロを超えるような選手が多い。高校生だと単純に太ってるから1~3番、なんてことも。

 

4~5番:ロック。背も高く体の大きい選手がおおい。スクラムを押す力も必要であり、フィールドでのプレーも大事。ボールを持って突進したり、ラインアウトでジャンプしたり。

 

6~7番:フランカー。機動力も必要で、なおかつ体の強さも必要。ボールを持つ働きよりも、密集へいち早く駆けつけてボールを展開するために相手のプレッシャーをはねのける役割が重要視される。守備でも大活躍。

 

8番:ナンバーエイト。強くて走れて、フォワードの花形ポジション。スクラムからボールを持ちだして走るときは強さの見せ所。

 

9番:スクラムハーフ。体が小さい人も多い。ボール供給の要であり、密集に毎回現れてバックスにボールを渡す。パスの職人。

 

10番:スタンドオフ。司令塔。キック、パス、ラン、すべてにおいて活躍しなければならない。

 

11番・14番:ウイング。足の速い人が多い。ボールを受け取ったら相手のディフェンスが薄いところを駆け抜ける。

 

12番・13番:センター。バックスの中でぶつかる回数が多い。足も速くパスも上手く体の強さも求められるポジション。

 

15番:フルバック。守備の最後の砦。キックが蹴られたときはカウンターアタックをする。うしろから守備全体を見渡すことができディフェンスのバランスを見る。

 

その3、セットプレーがみどころ

たくさんのセットプレーがあります。

 

スクラム:軽い反則があったときの再開方法。8人が組んで押し合う。フォワードの力勝負が見られる。

 

ラインアウト:外にボールが出たときの再開方法。まっすぐにボールを入れてジャンプしてボールを奪い合う。サインプレーなどで相手をかく乱する。

 

ペナルティ:重い反則があったときの再開方法。反則をした側は10m離れる。ボールを蹴って再開。蹴って外に出せば、マイボールでラインアウトができる。数十メートル一気に進むことも可能。スクラムを選択することも可能。

 

その他細かいルールもあります。

ドロップアウト:蹴ったボールがそのままインゴールまでいったとき。22mライン手前から蹴って再開。

 

キャリーバック:攻め込まれた際に自陣でボールを置いたとき。自陣5mで相手ボールスクラム。

 

その4:気持ちが伝わってくる

ラグビーが面白いのは、気持ちが勝負の分かれ目なところです。

 

大学やトップリーグでは力の差がしっかり出ます。メンタル面で左右されないくらい強い選手だからだと思います。

 

しかし高校生のラグビーでは、気持ちの変化で勝敗が一気に分かれることがあります。試合前に気合いを入れて気持ちが入った選手が泣いているなんてこともよくあります。

 

ロッカールームの様子↓

早稲田ラグビー ロッカールームでの清宮監督と山下主将の檄 - YouTube

 

その5、時間がきても最後のワンプレーは続く

ラグビーの面白いところは、最後のワンプレーはどれだけ時間が過ぎても続くことです。

 

最後の最後に逆転が起きるという事例が多いのもラグビーの面白いところ。

 

2015年ワールドカップの南アフリカ戦もそうでした。

【神実況】「スクラム組もうぜ!」の実況が話題に!ラグビー日本代表が大金星を挙げる感動の瞬間! - YouTube

 

花園の試合で一番おもしろかったのは↓

西陵商業×啓光学園 (後半) 1996年 花園決勝 - YouTube

 

 

さいごに

なかなか伝わらないのがラグビーの難しいところ。

解説ならいつでもしますので、ご遠慮なく。

 

 

究極の勝利 ULTIMATE CRUSH

究極の勝利 ULTIMATE CRUSH

 

 

 

「前へ」明治大学ラグビー部 受け継がれゆく北島忠治の魂

「前へ」明治大学ラグビー部 受け継がれゆく北島忠治の魂

 

 

 

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング

 

 

 

広告