summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

「29歳からのルール」の内容が全然できてなくて、改めて取り入れたい事項

広告

あたりまえだけどなかなかできない 29歳からのルール (アスカビジネス)

 

こんにちは。

 

「あたりまえだけどなかなかできない29歳からのルール」という本が自分の本棚にあり、久しぶりに目を通したら、全然できてなくて改めて取り入れたい事項をまとめてみます。

 

29歳からのルール

本の内容

小さな会社のブランド戦略などを手掛けるコンサルタントの村尾隆介さんが書かれた本です。テーマが10個あり、

・有効な時間の使い方

・コミュニケーションと人間関係

・愛されるリーダーとして

・仕事ができる人になる

・お金と仲良くする

・キャリアと起業

・健康と若さを保つ

・自分らしいファッション

・自分ブランド

・学びと自己成長

 

というテーマでそれぞれに対する様々なルール設定がされています。29歳前後の方にとても読み応えのある良書だと感じます。良いとこ取りでも可、と書かれてます。わたしの解釈が正しければ。

 

全然できてなかったこと

ひとまず手に取ったときには、ちゃんと取り入れようと心に誓ったものですが、人は忘れる生き物ですね。辛い思い出は忘れられないのに。

全然できていなかったことを書きだします。

 

・生活のリズムへの変化

・旅行

・相手が誰でも接し方を同じにする

・ポジティブの練習

・お金のセンスがいい友人作り

・英語

・自分らしさの意識

 

ほとんどできていませんでした。中には、ちょっと無理ぽ、みたいなのもあったので、できそうなものから。

 

f:id:summersunday:20170501214637j:plain

 

生活のリズムの変化:「サマータイムで生活のリズムを変える」

1年間を同じペースでこなすのではなく、生活リズムを一定期間だけ変えてみる、ということを著書では勧められています。

 

朝型のライフスタイルを確立したいと思いつつ、思わず面白いテレビがあって夜更かししてしまったり、次の日が休みだからといつもよりツイッターを楽しんだり。

 

生活のリズムを変えることで、今まで見えなかった側面が見られるようです。こういった期間を通じて習い事などで効率よくスキルを身に付けることも効果があると。

 

自分はまったくできていないことで、とにかく同じサイクルで、年間通じて同じように過ごそうとしていました。なので今年の夏はいつもより少し早く起きてみたり、いつもと違うサイクルにしてみようと思います。習い事したいなぁ~。

 

旅行:「日程を先に確保して、毎年必ず旅行をする」

旅行、あまりできていません。いまのところ予定がないです。昨年は広島や東京や大阪など行きました。ブロガーの友人たちに会うために。それはそれで楽しかったですが、誘ってもらったり、思いついて行ってみたり。あらかじめ予定があったわけではありません。今年は予定のないまま過ぎそうなので、予定入れたいですね。どこいこかな。

 

自分自身を謙虚にしてくれる効果があるそう。謙虚っていいですよね。好きです、謙虚な人。

 

旅はすきです。国内も海外も。やっぱり旅が人を成長されるって言葉も聞いたことがあるので、がんがん旅に出ようと思います。

 

f:id:summersunday:20170501214759j:plain

 

接し方:「相手が誰であっても平等に接する」

かっこいい大人になるためのルールであると書かれています。相手が学生であっても、年下であっても、年配でも、接し方を変えず、自分の接し方を変えないようにしなければと感じます。

 

自分の場合、自分より年下だと急に強気になって、タメ口でいけそうならタメ口で、ちょっと失礼なこといっても近づける雰囲気なら攻めるような姿勢でいってしまいます。それが功を奏することもあるかもしれませんが、やはり同じ接し方ができるといいですよね。

 

どんな人へも敬意をもって接すると、大人として好感のもてる人になれそうですよね。気を付けます。

 

 ポジティブ:「ポジティブになるために練習する」

スポット的にポジティブになれるものではない、そう書かれています。より明るい人と接したいと思うものですよね。自分もまさに明るい人がすきです。

 

徹底した習慣化とクセとしていく姿勢が必要なようです。

 

ポジティブなところを見つける眼を養うこと、枕詞にポジティブをつけてみること、を習慣化してポジティブに考えるクセをつけるとよいそうです。日々のコツコツが大事になってきますね。ブログ、おセンチなことばかり書いていますが、ポジティブに書きたいです。おセンチなエモいのも好きですが。

 

お金のセンス:「お金のセンスがいい友人を増やす」

お金のセンス、なんだか新しい概念ですが、なんとなく感じるものがあります。自分はダメダメです。センス皆無。なにごともあまりセンスがないように感じます。(いきなりネガティブ)

 

周りの友人には影響を受けるものなので、前向きで頑張っている人と接するようにしたいです。お金や投資の勉強をしている同世代はあまり聞いたことがないので分かりませんが、さっそく大学の友人に聞いてみたいと感じました。

 

ブログをやっていると、自分より若い世代なのにとてもアクティブに動いている方も多くいるように思います。少しでもいいので、接してもらえる時間を増やしたいと思います。

 

英語:「英語ができれば選択肢は広がる」

英語に関して、前向きに勉強していた時期もあったのですが、いまの仕事に関係がないことで、まあいいや、旅行程度に使えるし。と勉強を怠っていました。

 

今後ずっと同じ会社にいられるとは限りませんし、今後のキャリアを考えると英語は勉強しておいて損はないと感じます。

 

英語は短期集中型が良いとも書かれているので、集中的に勉強する期間を設けて、なまっている英語力を上げたいと思います。

 

自分らしさの意識:「自分らしさを毎日意識する」

自分らしさなんて考えたことがなかったです。それこそ、仕事ができる人のタイプはみな同じで、そのステレオタイプに向かっていけばいいと考えている方の人間です。

 

しかし、この本で紹介されている言葉を見ると、自分という個性を活かしていけるようにするのもいいのかな、と感じます。

 

なりたい自分像を作り上げ、それを日々積み重ねていく必要があります。こう思われたい、こうありたいというリストを作るといいそうな。

 

普段の言葉や行動から、自分らしさが出たら嬉しいですね。

 

f:id:summersunday:20170501215010p:plain

 

あとがき

たまたま本棚にあり、1年以上前に購入したものを読んでみました。

 

目次にリストが載っていて、それを詳しく説明いただいている本です。読みやすく、行動を変えようという気持ちにさせてくれる本です。

 

自分は、なかなか難しい、これは難しすぎて無理、そんなことも載ってますが、やはりすべて取り入れられるほうが、自分の成長につながるように思います。

 

自分にとっては、

・生活のリズムへの変化

・旅行

・相手が誰でも接し方を同じにする

・ポジティブの練習

・お金のセンスがいい友人作り

・英語

・自分らしさの意識

 

などが響いたのですが、みなさまそれぞれ響く場所も違うと思います。良書です。読んでみてください。

 

 

広告