summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

営業職で異業種へ転職するときに気を付けたいこと

こんにちは!

営業職を転々としているなかむー(@yuyachama)です。

 

最初に入った会社のバックグラウンドがやはりものを言う世界だと思ってます。キャリアスタート。

 

そんな営業職について書きたいと思います。

 

f:id:summersunday:20180604202640j:plain

 

営業職の異業種への転職!?

はじめに:気を付けたい

・年収だけを見る

・営業といってもさまざま

・年齢にも注意

・未経験職種はOK?

 

などなど、さまざまな疑問がわきますよね。営業職からの転職で有利なのは、やはり同業界の似通った職種であることが好ましいと言えるでしょう。

 

地域が違えば前の会社もそこまで嫌な顔はしないと思いますが、辞める時に同業他社への転職は不可などと誓約書を書かされる場合もありますし、同業他社への転職は気がひけるというのも分かります。

 

年収が高いだけは注意!

年収を高くして募集している企業は、人材の出入りが激しく、良い営業マンほどすぐに辞めてしまう可能性もあります。

 

というのも、営業マンをコマとして扱い、テレアポリストに無心で電話ができたり、個人宅へ訪問をしてうまく出入りできるという精神面で消耗するような営業職が多いからです。

 

とはいっても、成功する営業マンであれば、どんなスタイルであれ結果を出し、そしてそれに対してインセンティブ等をもらうことができ結果として高年収となる可能性はあります。

 

しかし要注意したいのは、かなりのメンタルの強さ、鈍感力が必要ということです。成功している営業マンは図太く、そして派手です。そういった営業マンと肩を並べられるパワーが必要です。

 

有形商材、無形商材

f:id:summersunday:20180513140007j:plain

 

有形商材、無形商材のどちらかを扱ってきたかは重要です。異業種といっても異なる商材だと経験値が下がる可能性もあります。

 

有形はカタチのあるもので、メーカーが製造するものであったり、不動産などもそうです。医薬品、自動車、部品、など。

 

無形はカタチのないもの。人材、広告、コンサル、保険、金融など。有形商材で営業をしてきた人にとっては、無形商材を扱うのは難しいと言えるでしょう。

 

わたし自身も有形商材を扱ってきた中で広告業に転職したのですが、相当困難になり、製品の価値よりも営業マンの価値を問われているようで相当にすり減りました。

 

BtoB(法人営業)、BtoC(個人営業)

f:id:summersunday:20180515203052j:plain

BtoBは相手が会社、企業です。

決裁者が上司であったり、目の前の顧客ではなく、商談を重ねて決裁者に承認を得て仕事を獲得するものです。価格が低いものであれば決裁者が担当者レベルのものもあると思いますが、それでも決済プロセスはしっかりと決まっているものが多いと感じます。

 

BtoCは相手が消費者です。

目の前の顧客を口説き落としたときには商品が売れるというもの。商材の強さよりもそのときの雰囲気なども影響されるものです。

業界でいくと、家電、アパレル、デパートなど。

 

法人営業や個人営業などという言い方をする場合もあります。これらもやはり営業スタイルは異なるので前職と近いスタイルを選択するほうが得策と思えます。

 

30代でのキャリアチェンジは危険

年収が下がる可能性もあり、いままでの営業経験がいきてこない可能性もあります。

 

特に30代となると即戦力を求められ、顧客を引き連れてくる場合の転職も有り得ます。管理職とはいえなくても、リーダー職などでマネジメント経験をしていることも有り得るため、相当なハードルが高くなります。

 

前職での高い実績などを背景に転職ができるのは30代前半まででしょう。

未経験でも可能、ということであれば20代や第二新卒などと同等の給与での転職となるでしょう。

 

 

異業種への転職には

f:id:summersunday:20180507212651j:plain

 

異業種への転職として大事なのは

 

有形商材、無形商材で近いもの。

BtoCやBtoBなど法人営業、個人営業で近いもの。

 

そして20代であれば営業経験とやる気や会社への志望の強さなど。

30代であればマネジメント経験や営業実績など。

 

こうしたものが必要となってくると思います。それでもキャリアチェンジしたい場合には20代半ばであれば第二新卒などでまったく違う業種を選択することも良いと思います。

 

もしくは同じ会社で異動希望を出して経験を積んでから転職という自分自身の価値を高める方法もあります。

 

また転職エージェントなどの力を借りて相談することも良いでしょう。

 

さいごに

・年収の高すぎる会社は注意

・商材の種類

・法人、個人

・年齢

 

など注意することがたくさんありました。

 

やはり転職市場のプロに相談することも良いと思いますし、自身の強みをグッドポイント診断LP などで把握するのもおすすめです。

 

おすすめエージェント、転職サイト

リクナビNEXT  は求人がやはり多く、そのままエージェントへも通じるメッセージをもらえるのでオススメです。

 

ミイダス も登録時に年収診断をしてくれるので、自身が転職した際の想定年収を測定してくれます。また面接確約オファーなどもいただけるのでオススメ!

 

リクナビNEXT詳細ページ

 

ミイダス詳細ページ