summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

営業の辛いところピックアップ10選

こんにちは!

営業職をしているなかむー(@yuyachama)です。

 

営業で辛いと感じることも多いですよね。

そういう部分をピックアップしてみました。

 

営業の辛いところ

 はじめに

 製造業の営業職をしている30代が書いています。

 

これから営業になろうと思っている方への営業職の実態や、営業をしている方に共感していただけると嬉しいです。

 

  • ノルマ
  • 売上へのこだわり
  • コミュニケーションが難しい
  • ストレスが高い
  • 結果がすべて
  • クレーム対応
  • 売れなきゃ叱責
  • ロールプレイングが辛い
  • 思い通りにならない
  • 騙している感じがする

 

このような一覧が考えられます。

 

ノルマ

f:id:summersunday:20180605201113j:plain

 

ノルマはもちろん課せられることが多いと思います。

 

アポの件数だとか、売上数値だとか、電話件数だとか、訪問件数、ビラ配りの配布数、などなど、いろんな数値で目標を立てられます。

 

特に多いのはやはり売上ですね。利益が優先とはいえ売上さえたっていればあとは工場側の努力、ということになりますから。

 

売上へのこだわり

こちらも当然のように営業として追っていかなければなりません。

 

検収を先にあげてもらってでも今月の売り上げを死守しろ、なんて指令が下ったこともあります。

 

売上がたっているときは営業はのほほんと仕事できるのですが、売り上げが立たない月は辛かったです、なるべく社内に居ないようにしようとしてました。

 

コミュニケーション

f:id:summersunday:20180604202807j:plain

 

当然人には合う合わないがあると思うので、コミュニケーションが難しいですよね。

 

自分の場合には合わない担当者、

・上から目線

・高圧的

 

という担当者に当たったときは相当神経消耗したように思います。

とにかく謝る癖がついてしまったようにも思います。

 

ストレス

普段からさまざまな人と接する営業職は気を遣う場面も多く神経が消耗する方も多いでしょう。自分もそのタイプです。

 

またゆっくりできると思ったらクレームがきたり、

社内のトラブルに巻き込まれたり、

突発的な飲み会に客先から誘われたり、

 

さまざまなストレス要因がありますよね。

 

結果がすべて

f:id:summersunday:20180604202703j:plain

営業は売上が出る分、数値がすべてとも言えます。

 

ラッキーパンチが当たれば数値が増すのも営業です。こういうときには大きな顔をして仕事を進められますし、早いうちにラッキーが重なれば自信が持ててよい結果も得られやすくなるでしょう。

 

ただ結果的に努力している人が数値が出るというもの商売の面白いところです。

 

クレーム対応

f:id:summersunday:20180513114139j:plain

 

「なんで僕がこんな怒られるんだろう・・・」

 

と感じたことのある営業マンも多いのではないでしょうか。もちろん、社外との交渉はすべて営業を通じてやることが多いのですが、品質面では工場側の責任であってもやはり会社の顔という意味で営業がクレーム対応することが多いです。

 

反面、外注先などに厳しい言葉を言った経験もあります。もう少し言葉を考えなければと思いましたが。

 

売れなきゃ叱責

これはVS上司との話ですが、売れなきゃ叱責というのは本当のようです。

 

まれに先輩の中には、優しい言葉をかけてくれる人もいますが、内心どう思っているか定かではありません。

 

上司は自分の成績にも直結するので部下の数値はとても大事になってきます。売れなきゃ叱責とありますが、持っている客先のトラブルであったり、不景気であったり、さまざまな要因があるのですが、やはり数値は一定数確保しないと辛いのが営業職です。

 

ロールプレイングのダメだし

f:id:summersunday:20180505164533j:plain

 

これもよくある新人の辛いところです。

営業職として入社すると、社内で上司や先輩を顧客と思って営業してみるというロールプレイングが展開されます。

 

自分はとても苦手でした。キャラ的な部分もありますし、緊張しますし。

 

しかしこういうところで成果を出せると評価だけ高まって数値よりも評価される場合もあるのが営業なので難しいです。

 

細かすぎるダメだしはやる気がそがれるので辛いですよね。

 

思い通りにならない

こちらもその通りです。

 

相手の都合が変わったり、担当者どうしではOKだと思っていても決裁が下りなかった場合もありますし、数値が出せないこともしばしば。

 

営業だけで判断してしまってはマズいことになることもありますし、相手が人なのでいくら説明しても伝わらなかったり。

 

合わない担当者ほど辛い営業はないように思います。

 

騙している感じ

自身の会社の商品に対して自信がないとそう感じることもあると思います。

 

また値段的な部分では受注できる範囲で少しでも見積を高く設定するのが営業の仕事だったりするので。

 

どうしてもだましている感じが出てしまうのも営業の辛いところです。ここはわたしは平気なのですが、それでも辛いと感じてしまう人も多いというのは理解できます。

 

さいごに

  • ノルマ
  • 売上へのこだわり
  • コミュニケーションが難しい
  • ストレスが高い
  • 結果がすべて
  • クレーム対応
  • 売れなきゃ叱責
  • ロールプレイングが辛い
  • 思い通りにならない
  • 騙している感じがする

 

10つあげてみました。

あくまで有形商材のBtoBしか経験がありませんが、営業として辛い気持ちが分かると思って書きました。

 

キャリアに悩む方へ:オススメ転職サイト&エージェント

・無料で市場価値診断が受けられるサイトがあります

自身のキャリアや出身学校などを簡単に記入するだけで、転職市場での価値を測定してくれます。簡単なプロフィールだけで診断できるので、登録してみることをオススメします

ミイダスに登録する

 

自分の適性がわかる下記サイトもオススメです。20分〜30分程度の時間で利用できるので、まずは気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

自分の才能や強みを知ることで、行動が変化します。リクルートが提供している、グットポイント診断ではあなたの強みを無料で診断することができます。

グッドポイント診断を受ける

 

当サイトを通じて転職を考えていただく方もいます。

登録は少し手間がかかりますが、それによって「仕事」という人生の大きな時間を割くことになる環境が変化するのであれば、とても良いチャンスだと思っています。

 

すでに世界シェアの高い優良企業に居る方は、より高年収な求人を見てみることもオススメです。 ビズリーチという高年収に特化したサイトがオススメです。

 

直接採用企業を検索をしてみる

 

 

当サイトから登録が多い転職サービスはこちら

高年収求人多数会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

総合的な満足度が高い マイナビエージェント

営業職の転職なら typeの人材紹介

無料での想定年収診断が人気 MIIDAS

グッドポイント診断 リクナビNEXT