読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

スーパーボウルの感想(2017年ペイトリオッツVSファルコンズ)

オススメ オススメ-スポーツ
広告

こんにちは。

 

100%の婚活アカウント、なかむー(@yuyachama)です。

 

スポーツ観戦って女性ウケが悪いみたいですね。残念!

 

スポーツ観戦が大好きで、オリンピックイヤーはテンション高めです。

ラグビーやアメフトも好きです。日本ではマイナースポーツかも。

 

プロ野球も詳しいとは言えませんが、普通に見ます。

 

2017年の2月に行われました、アメリカのNFLのナンバー1を決めるスーパーボウルを観戦しました。ブレイディ選手以外ほとんど知りませんが。

 

2017NFLスーパーボウル感想

ペイトリオッツとは?

ニューイングランド・ペイトリオッツ。

ニューイングランドとは、北東部諸州の総称。本拠地はマサチューセッツ州のジレットスタジアム。

スーパーボウル優勝4回。

 

ファルコンズとは?

アトランタ・ファルコンズ。

アトランタはジョージア州の都市。ジョージア州は地図で右下のほう。

本拠地はジョージアドーム。

 

そもそもスーパーボウルって?

NFLの優勝決定戦。

 

AFC(アメリカンフットボールカンファレンス)とNFC(ナショナルフットボールカンファレンス)の優勝チームで争われる。

 

プロ野球でいう日本シリーズみたいなかんじです。プロ野球では、パシフィックリーグとセントラルリーグの優勝どうしで日本シリーズをします。

 

優勝回数が最も多いのはスティーラーズ(ピッツバーグ)。

 

試合の感想

序盤はスコアが入らず、緊張する展開でした。

 

どちらのクオーターバックもパスが上手く、短い距離のパスが繋がっている印象です。

 

ファルコンズのRB(ランニングバック)、24の背番号フリーマンが抜けているのも目立ちました。

 

フリーマンが抜けてくると、それをおとりにしてパスを仕掛けたり、ファルコンズに波がきている時間帯がありました。

 

前半は21対3で終わりました。ペイトリオッツはフィールドゴールのみ。そのシーンは僕が観戦したBSの放送では省略されていました。

 

後半にはいっても、ファルコンズが上手く攻撃を成功させている部分が目立ちます。

背番号24フリーマン

背番号18ゲイブリエル

などの速い選手がクオーターバックとかみ合う攻撃が見られました。

 

第4ハーフに入ってから、やっとブレイディのリズムが出てきたと解説にも合ったように、パスが通るようになりました。

 

あとは、ファルコンズのホールディングなどの反則で10ヤード進めることがあり、自滅していっている印象も。

 

それでもファルコンズのDL(ディフェンスライン)がサックを決めることもあり、なかなか点差が縮まりません。97番のフリーニーに襲われたらひとたまりもありません。強すぎます。

 

しかしペイトリオッツのクオーターバックのブレイディが飄々とパスを決め、一気に8点差までくると、ひょっとしたらという気配が会場を包みます。前半はワンサイドゲームだと感じていたので、とても興奮して見れました。

 

残り2分少々では、11番のエデルマンのスーパーキャッチが見られます。

最後の2点差に追いつくタッチダウンのダイブはアドレナリン全開でした。

 

延長戦に入ると、ブレイディの長いパスが決まりまくって、完全にペイトリオッツの展開。最後はランニングバックの28番ホワイトが飛び込んでタッチダウン。勝負が決まりました。面白かったです。

 

動画

Patriots vs. Falcons | Super Bowl LI Game Highlights - YouTube

 

 

 

 

広告