summersunday’s blog

就職/転職について30代男子が語り尽くす

若者サポートステーションで相談してきた体験談

こんにちは!

 

うつ症状などで会社を退職してから再就職活動をしているなかむー(@yuyachama)です。

 

f:id:summersunday:20180813220553j:plain

 

若者サポートステーションに行ってきた

はじめに

・求職中の方

・若者サポートステーションを利用しようと考えている方

 

へ向けて書きたいと思います。

おもに自身の体験についてです。

 

現況

・30代

・フリーター(週に10時間程度

 

という状態でした。

 

若者サポートステーションを利用できる年齢

f:id:summersunday:20180813215512j:plain

・39歳まで

 

となっています。また週に20時間以内の就労状況ということもあります。

 

メンタルケアなどもしてくれるようです。またパソコンなどのスキル向上にもさまざまなサークルを通して身に付けることが可能とのこと。

 

面談について

・前日予約できた

・1回は50分程度

 

という面談でした。

聞かれたことは、

 

・現状の就労状況

・以前就いたことのある職業

・これから就きたい職業

・今後について

 

などを聞かれました。無業状態にある若者をサポートするという名目で、人によってさまざまな方法でサポート方法を探してくれます。

 

僕の場合はおそらく今後の職業体験や就労してからのサポートなどをお願いしたいところです。

 

さまざまなサークル活動

f:id:summersunday:20180718082130j:plain

・就活サークル

・社会人コミュニケーション

 

などによって社会人としてのスキルやコミュニケーションを身に付けたり、パソコンの講座を受けることもできるようになっていました。

 

3か月~4か月ほどのスパンで全10回程度の講義方式のようでした。

 

就活サークルでは、履歴書の書き方や自己PRの仕方なども教えてくれたり、他の方々と交流しながら発見していくのだと思われます。

 

社会人コミュニケーションではボランティアや企業実習などによって職業体験をしたりできるようです。

 

就職後のサポートもしてくるよう

まだ具体的な話はでていませんが、地域によってさまざまな求人をハローワークとも共同して持っているようで、企業実習などのサポートをしてくれるようです。

 

企業によっては実習者と相談して日時を決めることもできるようです。

 

わたしの場合は少しブランクもあり、アルバイトもあるので、無理のない範囲で実習などをしてから就職をして、それからも短時間などでできればと考えていますが、そこまで都合の良いことはないのかもしれません。

 

いったんはアルバイトを増やしたりする方針で

相談をして、これからはアルバイトをひとまずは続けていく方針で、もしできるのであればアルバイトを増やしていくことを目指すのはどうだろうかということになりました。

 

また県庁所在地にある本所に行ってきたのですが、自分の地域に近いところでも相談ができるようなので、相談ベースで今後についてサポートしてくれることになりました。

 

不安が少し解消された

・今後のこと

・方針や就職活動について

 

など不安ばかりでしたが、話を聞いてもらい、今後もサポートをしてくれるということで、またメンタルカウンセリングなども行われるようなので、かなり安心感があります。行動してよかったと思いました。

 

まだまだ今後のことで不安になるかとは思いますが、心療内科で相談するだけではなくて就労のことはこうした機関に相談することで自分自身かなり将来について前向きになれたように思います。

 

さいごに

39歳まで利用できるサポートステーションですが、とても優しいスタッフの方に話を聞いてもらい今後について相談にのってもらうことができました。

 

自分はひとりで行ったのですが、もっと若い方は親御さんと一緒に行くこともできるようです。

 

悩んでいる場合は、こうした専門機関に聞いてもらうとクリアになっていくように思います。

 

自分も就職できた報告ができると良いです。

 

こんな記事も書いています↓

うつ症状で休職してから社会復帰をするまでについて - summersunday’s blog