summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

ブラック企業の実態【建築業界】を聞いてゾっとしたーー製造業もブラックだと思っていたけれど

こんにちは!

転職経験があり、2つの業界にいました。(製造業と福祉)

業界によってこんなにも違うのか、と驚いたのを覚えています。

 

さて今回は、建築業界の経験者が書いたブログを見て感じたことがありますので、ご紹介。自分の居た製造業とも比較できたらと思います。

 

f:id:summersunday:20180222161747j:plain

 

ブラックなのは土建?製造?

はじめに

就職活動中の方や転職しようか悩んでいる若手社会人の方へ向けた記事です。

この記事を読んで、自分の環境について客観的に見つける機会になれば幸いです。

 

建築業界や製造業について実体験をもとに書いています。

 

建築業界の闇・・・

【ブラック企業】建築業界の闇 これから建築業界へ踏み出す人に知ってほしい3つのこと | HSP 今ココを生きる

 

建築業界の闇というタイトルで始まる記事を読みました。まとめると、

 

・休みが少ない(年間休日100日以下!?)

・残業が多く、自分の仕事ができるのは17時以降

・ゼネコンと下請けの板挟み

 

という点が注目でした。

 

ぼく自身、そこそこブラックな会社に居たこともあったと自覚していたはずなのですが、業界が違えばブラックでもなんでもない、のかもしれないと感じるすさまじさでした。

 

f:id:summersunday:20180222161958j:plain

 

年間休日について

転職サイトなどでよく拝見するのは、年間休日120日以上、という文句。

 

トヨタ系などの企業では、祝日が無い代わりにお盆やゴールデンウイーク、年末年始などでまとめて休みを取ることがあるようです。

 

土日祝休みであれば120日以上となることが多いです。

 

下記記事にて計算した例が載っています

年間休日なんて気にして就職活動・転職活動したことないけど休みは多い方がいいよね - summersunday’s blog

 

残業時間について

どれくらいの残業が普通なのでしょう。

 

ぼくが所属していた会社は、定時できっちり上がるタイプの人と、遅くまで残業する人が混在する会社でした。残業する人ほど出世をしていく会社ではありました。残業代ももちろん多く支払われます。

 

早く帰りたいけど頑張る人・・・50~80時間

デフォルトで遅くまで残業する人・・・月80時間~

 

遅くまで残業する人は、早く帰るつもり無いんじゃないかな、という仕事のスタンスで、日中におしゃべりをしたり、たばこ休憩が長かったり。

 

また転職した会社では部署によって残業の多さが変わりました。総務人事経理関連の職場はほぼ定時の方ばかりで、営業で残業が多かった自分たちはいつも羨ましがっていたのを覚えています。左遷されると倉庫勤務となりホワイト職場に変わるため、倉庫希望を出そうかな、が定番ジョークでした。

 

板挟み系あるある

建築業界でもゼネコンからのプレッシャーと、下請けからの突き上げがあると聞いて、20代の社員としてはとてもやりづらい環境だったろうとお見受けします。

 

ぼくも板挟みの経験があるのでご紹介したく。

 

・外注先とユーザーの板挟みでトラブル

自社であれば、納期切迫した状況でも寝ずに仕上げてください、なんて平気で言ったこともあるのですが、それが外注先だと難しくなります。最悪のケースは、ケツを割られてしまい、ユーザーに迷惑をかけてしまうことに繋がります。

 

20代だったので、ナメられてしまう仕事もあったかと記憶しています。金曜日に外注先が仕事をミスして納期がどうしても必要となったのですが、土日も出勤するような流れにもっていったことは今でも記憶に残っています。

 

・工場と上司とで板挟み

工場側の偉い人から、「こんな納期でやれるわけねえだろ!」と怒られ、しかし営業の上司からはこの納期でやれないならどんな仕事も取れないから、と言われ。

 

自身の調整能力が低かったのもありますが、工場サイドの方に無理をお願いして納得してもらい助けてもらったことは多くあります。感謝!

上司が話すと工場側も違った対応するの、なんででしょうね?まあいいや。

 

 

f:id:summersunday:20180222162611j:plain

 

自身が就職活動時にブラックと呼ばれていた業界

2010年からだいぶ労働環境も整備され、社会的なブラック企業の認知も上がってきていると思うのですが、会社の環境というのは劇的に変わることも少ないので、いまだに業界的な常識が非常識ということも有り得るのではないかと思います。

 

自分が就職活動時には、

 

・建築関係

・小売り

・IT

・介護

 

などがきつい仕事、拘束時間が長い、肉体的にしんどい、などと聞いたことがあります。

 

逆にホワイトは??

経験した中でもホワイト業界がありました。

 

・福祉(介護ではない)

・行政法人やNPO

・大学職員

・インフラ

 

などは自分も耳にしたことがあります。労働環境と賃金は比例するか分かりませんが、平均値としては低めな印象です。

 

ホワイト企業は辞める人も少ないので求人が少な目ですが、出ていたら労働環境を変えるために応募してみるのも良いと思います。

ちなみに福祉業界は超絶ホワイトです。

 

まとめ

・年間休日(120日以上が理想)

・残業時間(さすがに100時間超は死ぬ、40時間程度に留めたい)

・精神的プレッシャーには早めに相談して先を見据えた行動を!

 

ブラック?:小売り、建築、介護、IT

ホワイト?:行政法人、大学、福祉、インフラ

 

インフラも電力自由化などで競争が激しくなり忙しいのかな?

 

以上です。

 

ちなみに自分はいくつか転職サイトに登録しました。リクナビ、マイナビなど。転職市場価値診断が無料でできるMIIDASというサイトは面白かったです。登録して受け身で待ってみるスタンスでも世界観が少し変わりますよ。

 

 

 

MIIDAS 

 

20代に特化したサービスを持つマイナビジョブ20'sで相談 もオススメです。

 

 

マイナビジョブ20's  

 

こんな記事も書いています↓

ブラック企業の真実という本を読み自分の会社の環境の良さに気が付いた - summersunday’s blog