読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

一切折れない人にずっとぶつかってきたけど、もう疲れたから折れようと思う

雑記 雑記-悪口 雑記-愚痴
広告

こんばんは。

 

雑記ー愚痴、悪口。

 

今回の主張は、「自分が折れても、さらに煽ってくる人と接するのが疲れた」って話。なかむー、大人になったね、偉いよ、すごいよって褒めてほしくって記事かきはじめます。

 

言えないことも多いので伝わらないかと思いますが、もし読んでいただけたら、いいよ、成長だよ、がんばれよってコメントいただけると嬉しいです。

 

衝突を避けよう

 

事の発端

仕事を振られたときのことです。

 

自分が考える仕事の進め方と違うと感じたので、振られた仕事内容が納得できるまで質問をしました。自分でも情けないですが、すこしヒートアップして質問したと思います。自分の直属の上司と他部署の上の人が話し合って決定したことのようでしたが、自分の上司は途中から入っていて、自分が代わりにやることになりました。

 

他部署の上の人の主張に一度は納得したものの、どうにも腑に落ちないところがありました。というのも、普段から現場で働いている人と会話している中で、ある程度方針が決まっていたことと違うやり方で進めろという指示だったからです。仕事がふられた場所では、反論せずに引き受けることになったのですが、モヤモヤしたままでした。

 

翌日の会議で

翌日、自分ひとりで立ち向かっても無理だと思っていたので、会議で聞いてみました。

 

現場で働いている人の意見と自分の意見が近いと思っていたので、方針を少し修正してもらえると思ったからです。

 

しかしその会議ではあまり議論できず、自分の意見は却下されてしまい、しかも翌日にもなって方針修正を求めることに、上の人を怒らせてしまうことに。

 

しぶしぶ進めていたものの

結局へこんでいたものの、仕事なので指示に従って進めていました。自分の中では結果が自分が思う方向より悪くなればいいな、くらいに思ってやっていました。オモテには出さないように気を付けましたけれど。

 

イヤミな言葉を送られる

納得してないながら、関わらないように、触らぬ神に祟りなしと思って進めていたのですが、イヤミな言葉を投げてきたり、過去の資料を読むように進めてきたりと、自分としては腹が立つようなことが重なっていて、素直に受け取れなくなってしまいました。それでも「過去の資料を出していただいてありがとうございます。」と自分が言うことで終わらせたかったのですが、その言葉を言ったあとに、さらにイヤミを言われて相当にへこんでいます。「考え方やわらかくした方がいいよ。」のような表現を。(くっそーーー!!)

 

正直、この記事を書きながら、まったく納得いかないので、明日また上司に相談して、直接話をさせてもらえないものかと考えているくらいです。どうしよう、やっぱり引いておいた方がいいかもしれません。平和に。

 

記事を書きながら思い出しているので、かなり腹立ってきていますが、最後までかけて少し、ほんの少しすっきりしています。(優しい方々の応援コメントをもらえたらなーと思ってます。ちなみにクソコメきても、仕方ないかもしれない感情です。)

 

なんでこんな悔しいのかわかりませんが、めっちゃ悔しくて泣きそうです!あぁーー!!

 

明日もいいことありますように。

 

よい年末を過ごしましょう。ばいびー!

 

 

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)

 

 

 

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

  • 作者: 戸田久美,葛城かえで,柾朱鷺
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント

 

 

広告