summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

仕事ができる人が陥りがちな仕事時の困惑、仕事仲間とのトラブル5選!

こんにちは!

仕事ができない力高めのなかむー(@yuyachama)です。できないことはハッキリできませんって言えますし、分からないことは何度でも聞けます。

たまに自分なにも知りませんけどって顔をよくします。

 

さて、仕事ができる人って周りにいますか?

後輩に指導ができることも仕事ができるうちに入ると思いますが、そういう方って自分ができてしまう分、教えるのが下手だったりするんですよね。

 

そういった特徴的なものをまとめたく。ちょうどいるんですよね、仕事できるのに、トラブル抱えがちって人。

 

f:id:summersunday:20180605200855j:plain

 

仕事ができる人が陥る困惑・トラブル

はじめに

周りに仕事ができるけど、なぜか周りとはうまくできない人がいる人。

 

そういう方のストレス発散のために。

 

仕事ができる側の立場はよくわかりませんが、

できない側の方々の相談をよく聞きますし、自分もできない側なので、意見したく。

 

その1、仕事ができない人のペースにイラ立つ

f:id:summersunday:20180605201113j:plain

 

「まだできてないの?」

 

なんて言葉をかけてしまい、仕事をふられた方のモチベーションが下がってしまいます。こういう言葉を言ってしまえるくらい本人は仕事が早いのでしょうけれど、言い方などを気を付けていかないと、この人とは仕事をしたくないと思われてしまうかと思います。ぶっちぎりで仕事できれば問題ありませんが。

 

その2、強引に決めてしまう

・意見を聞かずに決める

・段取りができていなくても強引に進める

 

こうしたことが行われると、下で働く人たちは「あの人に何言っても無駄」と思ってしまいます。

 

意見をしても聞き入れてもらえずに強引に決めることも必要なときがあると思いますが、そのときは時間をかけて説明するということも必要に思います。

 

もちろんワンマン社長が引っ張るスタイルで上手くいく事業が多いのは事実ですが。

 

その3、教えるのが下手

f:id:summersunday:20180429083115j:plain

自身で仕事ができるせいか、人に教えるときに自分がつまづかなかったところがないため、つまづくポイントが分からない人がいます。

 

もちろん、教える経験値を積むことで緩和されていくことではありますが、

うまく説明できるまでの時間がじっくり成長した人より遅い場合があります。

 

部下ができたときにこうしたポイントで差が出てくることもありますよね。

 

その4、仕事できない人の立場や意見が理解できない

これを理解する必要があるのか、ということになるとは思いますが、

 

仕事ができて、仕事が好きな人って、自分では苦でもなんでもないことを人に依頼してしまうため、

 

相手がどう思うか分からないままになってしまうことがあります。

 

仕事が嫌いだけどイヤイヤこなして成長してきた人だと、そういう部分を理解しながら仕事を回すことができ、周りとの関係性も良くなります。

 

その5、主張をゴリ押しで通す

f:id:summersunday:20180426214745j:plain

弁が立つがゆえに陥りがちなものです。

 

「話しても仕方がない」

「どうせ相手にされない」

 

と部下や周りから思われて、しっかりとコミュニケーションが取れないことが多いです。

 

言いやすい人が近くにいて、柔らかい言葉でうまく潤滑油のような役割を担ってくれればいいですが、尖りだしてしまうと手が付けられません。

 

さいごに

・ペースが遅い人にイラ立つ

・強引に決めてしまう

・教えるのが下手

・仕事ができない人の意見が理解できない

・主張がゴリ押し

 

といった点があります。

もちろん、そのままぶっちぎれるのであれば良いのですが、非常に優秀に根回しをして仕事をするタイプとぶつかったときには、成果の差が出てしまいます。

 

また、下がついてこなくなって、本当のトラブルのときに誰も助けてくれない、ということも起こり得ます。

 

仕事ができる=個人プレイが上手い、だけではないという意味で書きました。

 

みなさまの周りに似た人がいて、クスっと笑える記事であれば幸いです。

 

こんな記事も書いています↓

どんな場所でも成功しそうなビジネスマンの特徴【会社員のすすめ】 - summersunday’s blog