読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

高校中退したいならすればいい、でも背中は押せない気がする

雑記
広告

こんにちは。

 

なかむー(@yuyachama)です。

 

高校中退に関して、いろいろと考えたことがあったので書いています。

 

ぶんたさんの記事を読んで書き始めます。ぶんたさんかっこよすぎてズルくね?

www.buntadayo.com

  

高校中退に関して思うことをありのまま

 

そんな急ぐ必要あるの?

高校を中退して、専門的な技術や知識を身に付けて独立したいという方がいたそうな。

 

この意見を聞いて、

 

「そんなに急ぐ必要あるの?」

「それって卒業してからじゃだめなの?」

 

って思いました。正直な感想です。しかし、自分自身そういうこと言う人間にはなりたくないと思っています。でも言わせて。

 

周りからの否定とどう向き合う

高校中退したいと周りに話すと、否定されたそうです。

 

自分も高校は卒業した方がいいんじゃない?って言うような気がします。

 

転職をした経験や、いまの仕事の関係から、求人票をよく見るのですが、学歴フィルターでふるいにかける企業は多いです。同じくらい面接のかんじがいい2人がいて、採用人数に限りがあってどちらかしか採用できないとき、学歴が良い方を採用するのが企業です。

 

周りからの否定をはねのけて、"自分の信念を貫き通せるなら"中退すべきです。(ぶんたさんもそう言っています)

 

健康で、否定をはねのけて働き続けられますか?

やっぱり高校を卒業したほうがいいと思う理由はこれです。

 

高校中退して、技術を身に付けて仕事が続けられればそれに越したことはないのですが、もし万が一、健康面で不安が出てきて(主に10代~20代ならメンタル面で)働けなくなったり、仕事を変えなければならなくなったりしたときに、高校を卒業しておいた方が他の仕事を見つけるときに有利です。

 

自分自身、新卒で入社した会社で一生働き続けるつもりで働いていました。でも20代だった僕は仕事を変えました。そのときに、学歴英語のスコアなど、書面であらわれる分かりやすい指標が自分を助けてくれたと思っています。

 

高校へ行くという決断をしたのは数年前の自分では?

高校へ行くと決断したのは自分ではないのですか?

 

3年間行くことは入学のときに分かっていたはずです。もちろん、高校の授業が思った以上に意味がないと感じる気持ちも分からなくないです。時間の無駄だと思う気持ちもわからなくないです。受験のための勉強も面白くないです。

 

高校を中退するっていうことで、中学を卒業するときに決断した自分の道を途中で投げ出した人だと思われる覚悟がいると思います。

 

「とりあえず3年」という言葉を自分が言いたくはないと思っていますが、たった3年も自分の決めたことを継続できない方に、果たして事業をしていく信念があるのでしょうか?

 

人と違うと生きにくいのが日本社会

少しでも偏差値の高い大学を卒業して、

少しでも大きな会社に就職して、

20代後半~30代前半くらいで結婚して、

核家族で子ども二人くらい育てて、

同じ会社で40年くらい勤めて、

そういう方が幸せの典型例ではないかと自分は思っています。

 

自分自身、高校を中退したり、転職を繰り返したり、人と違うと思いながら、「普通」になりたくて仕方なくてやるせない気持ちをブログにつづっています。

 

人と違うことをするだけで、否定され、避けられるのが日本だと思ってます。変わった人と関わりたくない、のも僕の本音です。(自分自身が変わった人なので周りの友人も変わった人が多いですが。)

 

本人から相談を受けてもないのに、横から意見してすみません。

もう書きながらアップしようか迷いに迷っています。

 

横からすみません。本人見たらどう思うか不安です。否定したいわけじゃないんです。できれば成功したら何のお店かサービスか分かりませんけど、あのとき変な意見してた太陽のアイコンは僕です、すみませんって謝りに行こうと思ってます。

 

でも自分みたいな意見があったりもするんだ、って新たな気づきになればよいかなと思ってます。

 

たぶん背中を押してくれる意見しか受け入れないモードかとも思ってます。若い頃の自分も、いや今でもいわゆる老害的な意見は、自分と意見が同じでも否定したくなりますし、受け入れたくなくなります。

 

多様な現代、高校中退したくらいで、路頭に迷うことなんてないです。

以前、20代の方が主催する異業種交流会的なやつに参加したとき、

「フリーランス」とか、独立して事業してます、とかいう方を見て、大変たくましくて素敵だなーって思いました。多様な働き方が増えてきた世の中です。

自分は高校を中退して、人生に絶望していましたが、フリーとか在宅ワークが実現しつつある現代なので、なんなりかなるような気もしています。10代からスタートきったら、同世代に差もつけれるじゃん?

 

ひとまず、僕の記事なんて読んでる暇があったら、もっと成功してるぶんたさんの話を聞いたり、ぶんたさんの周りにいるフリーの方々の話を聞くといいと思います!いま思いついたのはちゅーまんさんです。フリーのライターさん。

chuman.info

(ワードプレスだから通知飛ばないよね?大丈夫だよね?)

 

がんばれ!いつかお店(?)いくぜ。ぜったい成功しろよバカチンが!

 

フリーランスの教科書 (星海社新書)

フリーランスの教科書 (星海社新書)

 

 

 

開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金

開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金

 

 

 

 

フリーランスのための一生仕事に困らない本

フリーランスのための一生仕事に困らない本

 

 

 

広告