summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

シロアリ駆除の募集はブラックではない?一事例をご紹介

こんにちは!転職サイトをながめるのが趣味・特技となりつつあるなかむー(@yuyachama)です。

 

シロアリ駆除、よく募集がありますよね。ブラックかもしれないとうわさを聞きつけて調べました。

 

f:id:summersunday:20180813220553j:plain

 

シロアリ駆除業者はブラック!?

はじめに

30代のホワイト企業サラリーマンが興味本位で調べたものです。

 

・シロアリ駆除業者について

・ブラックなのか

 

これから就職/転職を検討している方に見ていただきたいです。

 

過労死があった!?

f:id:summersunday:20180813215505j:plain

白アリ駆除会社、雨宮(名古屋市北区)の営業所長をしていた愛知県豊橋市の男性=当時(58)=は2012年11月14日昼、勤務中に大動脈解離で死亡。豊橋労働基準監督署は今年4月、男性が亡くなる半年前から、1カ月平均で月120時間を超える時間外労働があったとして、男性の過労死を認定した。

 

引用(【ブラック企業】シロアリ駆除会社「雨宮」 営業所長 大動脈解離過労死事件 - NAVER まとめ

 

愛知県の企業の58歳男性です。

営業所長と現場業務という激務が過労死を招いたのでしょう。

 

1か月の時間外労働は平均120時間

f:id:summersunday:20180813220151j:plain

 

1か月120時間とすると、

 

20日勤務で1日、6時間。25日勤務で1日、4.8時間。

定時が6時だとすると毎日12時ごろまで働くことになります。25日勤務だったとしても10時過ぎまではいるということなのでしょう。

 

相当な労働時間だと思います。

わたし自身、100時間を超えたことが一度だけありました。残業代が出るからと夕飯はほとんど毎日一緒に働いていたメンバーと外食でした。ラーメン、居酒屋など。高カロリーのものだったと思います。

 

営業なら歩合給を上げないと薄給

f:id:summersunday:20180813215505j:plain

・歩合制

・固定給は少ない

 

という事例は営業をしなくてはならない仕事の場合には多いのが実情かと思います。コミットに対しての報酬というかたちで。

 

シロアリ駆除業者の場合、駆除する人と営業として家を周る人は同じ人の可能性もあるようですね。

 

特別に資格が必要というわけではなさそうです。そのため、工事もできるような格好でいくことも多いのでしょう。田舎の家でスーツを着て出向いても警戒されるでしょうし。

 

実績のボーダーがあり、歩合が付かないことも・・

f:id:summersunday:20180810133653j:plain

歩合までのボーダーが高い。

 

成果が低いうちはほとんど給料のプラスが付かず、何年経っても安月給のまま、ということもあるようです。

 

もちろん営業として働いていく上ではそういった成果に対しての給料UPが条件であることは多いと思います。自信があればいいのですが、運も左右する商材であれば難しいかもしれません。シロアリを駆除できない業者はいないでしょうし。くすりの良し悪しはあるでしょうが。

 

モーレツ型の営業スタイル

f:id:summersunday:20180718082152j:plain

・体育会系

・スクワットや声出し

 

こうした営業が強く動く企業では体育会系のノリの上司が多いのも事実だと思います。

 

スクワットや腕立て伏せでノルマ未達の罰を受けた社員がいたとの噂も。

 

わたしが中途採用試験を受けたゴリゴリの営業会社も朝礼での声出しが毎日あるとのことでした。社長も体が大きく豪傑っぷりがうかがえる方でした。

 

タイムカードは終了前に押されている・・・

f:id:summersunday:20180718082130j:plain

 

有り得ないことだと信じたいですが、タイムカードは勝手に切られていて、実際の残業代は少なくなっているということも。

 

営業が外出している分の休憩時間などが加味される場合や、みなし残業などがあるのかもしれません。

 

しかしタイムカード管理していて勝手に押されるというのはいただけないものですね。シロアリ駆除業者の中でこのような企業があったようですよ。

 

有給は基本的に取れない・・

f:id:summersunday:20180625212258j:plain

・有給取得後に他の休日に強制出勤

 

有給は労働者に与えられた権利であるはずなのに、有給取得をすると後日出勤させられるということが行われていたようです。

 

これでは休みが取れませんよね。また強制出勤となるなら、バランス良く休めるように有給はとらずにいるかもしれません。とにかく出勤が多いとそれだけで疲れるのもとても理解できます。

 

ノルマ未達は反省レポート

f:id:summersunday:20180609152822j:plain

・反省レポート

・スクワットや筋トレ

 

営業の未達によっての罰が体力的なものや、学生のような反省レポートのようです。

 

これだけとにかく体力を使って、動きまわる必要があることがうかがえます。あとは運も強く左右するのでしょう。

 

うまく入り込む営業テクニックももちろんあるのだとは思いますが。

 

無料床下診断で入り込む営業手法

f:id:summersunday:20180417193427j:plain

・無料診断

・定期検査

 

などによってうまく入り込み、営業をかけていくようです。

実際に働いていた方の中には良心の呵責にさいなまれることもあったのだとか。

 

白アリが実際にいたり、予防の効果はあるのですが、とにかく家主の不安をあおって、独り身の女性などに寄り添っていくのが効果的のようです。

 

一度契約をした顧客は、その後もさまざまな商材を駆使してお金をむしり取る手法のようです。消費者としても注意しなければいけませんよね。

 

さいごに

・営業は体育会系

・過労死の実例アリ

・営業手法は良心を捨てなければならない

 

ということが印象的でした。

あくまでネット情報、書籍情報です。がしかし、うわさであったとしても出回っている内容です。

 

すべてのシロアリ駆除業者が当てはまるわけではありません。

しかし、営業手法はやはりある程度商材としての差別化が難しいものではあると思うので、厳しい営業となるでしょう。

 

以上です。

 

こんな記事も書いています↓

ブラック企業の真実という本を読み自分の会社の環境の良さに気が付いた - summersunday’s blog