summersunday’s blog

恋活/婚活、就職/転職、読書・映画・テレビ感想、ブログについて30代男子が語り尽くす

仕事が早い人の習慣・特徴14個ピックアップ

こんにちは!

仕事ができない男ですが、スピード感だけは意識しているなかむー(@yuyachama)です。

 

仕事が早い人ってどういう思考回路なんでしょう。

もうタスクが決まっているからなのでしょうか。意思決定が早いのでしょうか。

 

そういった特徴について書いてゆきます。

 

f:id:summersunday:20180718082130j:plain

 

仕事が早い人の習慣

はじめに

・30代のサラリーマンが書いています。

・今まで見てきた尊敬する方の特徴を書いています。

 

20代などの若手サラリーマンが参考にしていただましたら幸いです。

それほど仕事ができるわけではありませんが、上司のご機嫌うかがいだけは上手くてなんとか仕事はやりくりできています。ボーナス前だけ印象操作頑張っています。

 

そんな人間の書く文章です。目次だけでも見て行ってください。

 

  1. 整理整頓がされている
  2. 優先順位がハッキリしている
  3. 期限は自ら設定する
  4. 進捗具合を把握できている
  5. 100点を求めない
  6. 人に任せる部分は任せる
  7. 無駄を常に省く思考
  8. 即レス徹底
  9. 早起き
  10. コミュニケーションが積極的
  11. 早くなる方法をすぐ活用する
  12. 周囲の状況を理解している
  13. 小休憩が上手
  14. 段取りが徹底している

 

ざっとあげてみると14個となりました。

 

整理整頓がされている

仕事を進めるうえでとても重要な要素だと思います。

机周りが散らかっていると、それだけで資料を取りだすのに時間がかかり、ロスとなります。またデスクトップなどの整理整頓もしっかりとしていて、誰が見ても分かるようなファイル付けなども徹底しています。やはり整理整頓がしっかりされているだけでも仕事のスピードが違ってくると思います。

 

わたし自身が研修で働いた工場でも3Sや5Sといい、整理・整頓・清掃・清潔・しつけという5つのSから始まる言葉を徹底することで仕事の効率化、安全面の徹底がなされていました。

 

優先順位がハッキリしている

f:id:summersunday:20180621183309j:plain

優先順位も非常に大切です。

 

どれから手を付けようか迷ってしまっているだけで時間が過ぎている、ということもわたし自身よくありました。また優先順位を間違えて、とりあえずやることリストの上から手を付けていたら上司がいなくなってしまい、結局夜まで帰れないという事態をまねいたことも。

 

こうした優先順位づけが上手い人は仕事ができると言えるでしょう。

 

期限は自ら設定する

期限がない仕事は後回しとなってしまったことはありませんか。

 

わたしは常に先にやらなければいけないはずなのに、取りかかるのが厄介だからと後回しにしてしまうことがあります。

 

また期限が先だからとゆっくりとこなしていることで時間が過ぎることも。これでは残業時間も増えるばかりです。期限は自ら設定し、すべてにおいて期限をもって集中力を切らさずに仕事を進めている人は仕事が早いです。

 

進捗具合を把握できている

f:id:summersunday:20180615204739j:plain

 

自分がどれくらいの位置にいるのかを把握し、またどれくらいの時間で終われるのかを熟知しています。

 

これがあると今日中にやる仕事、明日からでも間に合う仕事、など割り切ることができ早く帰る習慣も出来上がるのでしょう。

 

わたしはどちらかというと、長めに見積もってしまい、やる気がそがれて、集中力も取りかかるのも遅くなり後手後手に回ってしまうタイプです。自分の座標を持ちたいものです。

 

100点を求めない

仕事術の本などを読むと、時間の遅い100点よりも、スピード感のある80点のほうが良い仕事だと書かれていることが多いです。

 

完璧を求めて仕事が遅くなってしまうのは良くないですよね。

しかし、かといって落第点60点以下の仕事でとにかく早くしてしまうというのも考え物。評価は下がってしまうでしょう。自分としては90点前後までもっていけたと感じだときには既に上司へ見てもらうようなイメージで進めていくとよいでしょう。

 

人に任せる部分は任せる

f:id:summersunday:20180604202841j:plain

 

人に任せるということがしっかりとできて、自分の役割というのを把握している人は仕事ができると言えるでしょう。仕事ができる=仕事が早いではないかもしれませんが、自分がやるべき仕事にだけ手を付けるので、必然と早くなっていくでしょう。

 

わたし自身は自分でやらなければ、という気持ちが強く、人にお願いするのも遠慮がちとなってしまい抱え込んで結局遅くなる、というパターンが多いです。

 

営業マン時代は事務の方にお願いできることと、自分でやる範囲を分けるのに苦悩しました。

 

無駄を常に省く思考

なにか無駄なことはないか、と常にアンテナを張りながら仕事をしているため、少しでも無駄に感じたことには疑問を持ち、最善を尽くそうとしています。

 

ときにはこうしたアイデアからイノベーションが産まれ、より循環の良い職場環境が出来上がることもあるでしょう。

 

こうした無駄を省く思考は常にするのは非常に難しいと感じます。特に業務に追われているときには。

 

即レス徹底

f:id:summersunday:20180515203111j:plain

 

これはプライベートでもそうですが、返事が遅い、レスポンスが遅くなってくるとどんどんとクオリティを求められていくようなのが仕事です。

 

わたし自身、メールの返事だけは早くしていこうという心もちで仕事をしています。

 

1日遅れただけで受注できなくなってしまった、電車は定刻通り出発する、という場面に出くわしたこともあります。

 

自分がボールキャリアになっている時点で仕事として考えなければならないことが増え、余計に遅くなります。ボールは蹴ってしまい反応を待っている時間は違う仕事に取り掛かれるのです。先輩からもよく言われました。

 

早起き

早起きと仕事の早さは直結しないと思いますが、

 

朝の方が頭の回転が良いというのはよく言われていることで、上場企業の役員などは朝型人間が大半だと聞いたことがあります。

 

わたしも朝に早く出社して仕事をしたことがありますが、やはり周りも静かで仕事がはかどった記憶があります。

 

朝型というのは仕事に直結する習慣なのだと言えるでしょう。

 

コミュニケーションが積極的

f:id:summersunday:20180504170945j:plain

 

コミュニケーションが積極的というのは、情報が集まるというのもありますし、仕事を他の人へ振りやすくなるというのもひとつです。

 

自分しかできない仕事というのも多いかとは思いますが、実はそうでもないことが大半です。

 

情報を把握し、周りの中で手が空いている人がいるのなら手伝ってもらうというのも仕事を早く進める手段です。

 

早くなる方法をすぐ活用する

仕事が早い人の習慣として感じたのは、新しいものを積極的に取り入れようと言う気持ちの衰えがないということです。

 

従来通りのやり方のほうが慣れていて早いから、という理由で新しい方法を試さずにいる方が多いとは思いますが、仕事が早い人は年齢がいくつであっても新しい方法をすぐ活用します。

 

これは本当に雲泥の差を生む時代となってきていて、知らないだけで大きく損をしている可能性もあります。

 

周囲の状況を理解している

f:id:summersunday:20180429083056j:plain

 

職場のキーマンや、連絡を取らなければならない人、決裁をもらう予定の人などの予定をしっかり把握しておくことで、いつまでに終わらせなければならないかを把握しています。

 

これが上司であれば、上司が外出する前に添削をしてもらってから資料を完成させる、などといった段取りが踏めます。

 

社外の方との連絡でもしっかりと把握できていると、仕事での滞りが減ります。

 

小休憩が上手

仕事では集中力というのも大事になってくるでしょう。

 

しかし人間の集中はある一定の時間以上は持たない、といった科学的な結果も出ているそうです。

 

わたしが聞いたことのあるやり方は25分集中、5分休憩、25分集中、という繰り返しのようです。

 

とにかく、集中力が高い仕事が継続できれば仕事が早くなることは間違いありません。

 

段取りが徹底している

f:id:summersunday:20180426214745j:plain

 

やはり意思決定に迷いがないというのが仕事を早めることのようです。

どうしても手を動かす速さというのには限界がありますので。

 

となるとやはり迷っている時間の少なさ、頭を使う仕事のときは集中できる環境で一気にやる、なにか作業を機械的にするときにはルーティン化して済ませてしまう、という方法が良いのだと感じます。

 

わたしが知っている仕事のできる人は、週末に3時間程度かけて一週間の段取りを決めるそうです。それくらい段取りが良いと仕事の進みも良いのだと思います。

 

さいごに

  1. 整理整頓がされている
  2. 優先順位がハッキリしている
  3. 期限は自ら設定する
  4. 進捗具合を把握できている
  5. 100点を求めない
  6. 人に任せる部分は任せる
  7. 無駄を常に省く思考
  8. 即レス徹底
  9. 早起き
  10. コミュニケーションが積極的
  11. 早くなる方法をすぐ活用する
  12. 周囲の状況を理解している
  13. 小休憩が上手
  14. 段取りが徹底している

 

14個ピックアップしてみました。

いかがでしょうか。わたし自身、ほとんどできていないから残業が多くなっているのだと感じます。

 

もっとしっかりと段取りに時間をかけて、小休憩もうまくとってやってゆきたいと思います。コミュニケーションはできている気がするなあ。雑談ww

 

あとは100点を求めなくても、合格点をしっかり持って行ける仕事をしたいものです。

 

以上です。

 

こんな記事も書いています↓

管理職になれる人の条件とは?必要な資質や能力 - summersunday’s blog