summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

2秒前までの自殺志願者を君は永久幸福論者に変えてくれた

広告

有心論

 

有心論の歌詞が好っきゃねん

RADWIMPSの有心論ってご存知ですか?

前前前世などや、以前から有名なRADWIMPSですが、自分は同世代の友人がどハマりしていてカラオケで歌っているのを聞いて知りました。

はじめて聞いたときは衝撃的な歌詞に驚いたものです。

 

 

有心論

有心論

  • RADWIMPS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

歌詞

今まで僕がついた嘘と今まで僕が言ったホント
どっちが多いか怪しくなって 探すのをやめた
自分の中の嫌いなところ自分の中の好きなところ
どっちが多いかもう分かってて 悲しくなった
どうせいつかは嫌われるなら 愛した人に憎まれるなら
そうなる前に僕のほうから嫌った僕だった
だけどいつかは誰かを求め
愛されたいとそう望むなら
そうなる前に僕の方から 愛してみてよと
君があまりにも綺麗に泣くから
僕は思わず横で笑ったよ
すると君もつられて笑うから
僕は嬉しくて泣く 泣く
明日を呪う人間不信者は
明日を夢見る人間信者に
もう昨日を探していた僕はいない いない
君は人間洗浄器 この機会にどのご家庭にも
一つは用意していただきたい
こりゃ買わない手はない嘘ではない
驚くべき効果を発揮します 新しい自分に出会えます
ただ中毒性がございます 用法・用量をお守りください
こんなキャッチフレーズを書こう
やっとこさ君のクローンが成功したときにでも
だって君は世界初の 肉眼で確認できる愛
地上で唯一出会える神様
誰も端っこで泣かないようにと
君は地球を丸くしたんだろう?
だから君に会えないと僕は 隅っこ探して泣く 泣く
誰も命無駄にしないようにと
君は命に終わり作ったよ
だから君がいないその時は
僕は息を止め待つ
するとね君は いつでもここに来てくれたのに
もうここにいない いない
明日を夢見る人間信者は
明日の死を待つ自殺志願者に
3分前の僕がまた顔を出す
息を止めると心があったよ
そこを開くと君がいたんだよ
左心房に君がいるなら問題はない ない ないよね
二秒前までの自殺志願者を
君は永久幸福論者に変えてくれた
そんな君はもういない いない いない いないけど
この心臓に君がいるんだよ
全身に向け脈を打つんだよ
今日も生きて今日も生きて
そして今のままでいてと
白血球、赤血球、その他諸々の愛を僕に送る

 

歌詞の好きなところ

二秒前までの自殺志願者を君は永久幸福論者に変えてくれた

 

というフレーズです。

 

カラオケで友人が、自殺志願者という言葉を歌っているところも驚きましたが、誰でも辛いことの一つや二つあったりするのかなー、なんて考えたものです。

 

もしかして自分だけが悩んでて、みんなはもっとイージーモードで生きてるのかなあ、なんでこんな辛いんだろうかなあ、なんていう気持ちがあったのですが、そんなときに聞いていて元気づけられたものです。

 

その他にも、改めて聞いていて好きなところを抜粋していきます。

 

どうせいつかは嫌われるなら愛した人に憎まれるならそうなる前に僕のほうから嫌った僕だった

なんとなく分かります、どうせ嫌われるなら、自分が先に嫌いになれば、傷つかないですむんじゃなかろうか、なんて考えたこともあります。

好きになってしまうと、相手が応えてくれないと虚しくなるから、そうなる前に自分の気持ちを押し殺したり。もちろん、大人になっていくにつれて、そういった気持ちを押し殺し過ぎたせいで、どうやって恋ってするんだっけ状態になっております。気持ち押し殺してませんか?素直に、ぶつかってみたいと思う今日このごろです。みんな空気読みすぎやと思うで?

 

君があまりにも綺麗に泣くから

続くフレーズも素敵です。

僕は思わず横で笑ったよすると君もつられて笑うから僕は嬉しくて泣く泣く

 

綺麗な涙っていいですよね。あまり感動して泣くってことが減ってきていますが、それでも嬉しいことがあったり、感動するような出来事があったり、良い映画に感情移入したり。

 

誰かが喜んでいる姿を見ると、こちらも嬉しくなるものです。

 

人を笑顔にできるってすごい才能だと思うんです。それがブログでできている自信はないですが、誰かに見てもらって、ああいいなあ、人の感情や気持ちが表れているなあ、と感じるブログは見ていて心動かされます。たとえそれが、ネガティブな気持ちであっても、その後に明るい気持ちを表現していると嬉しくなります。

 

誰も端っこで泣かないようにと君は地球を丸くしたんだろう?

素敵なフレーズですね。地球が丸いって感じられるような絶景で聞きたいです。海が見えるところとか。

 

たしかに端っこで泣いている人を見ると、放っておけないと思いつつも、周りの誰かに気を遣って、見て見ぬふりをするような人間でした。

 

社会人になってそんなイジメのようなものは減りましたが、それでも見て見ぬふりや話を合わせてしまうことはあります。

 

誰も端っこで泣かないように、地球は丸いのかもね。これ使わせてもらおう。誰かと海を見に行ったら。「今夜街に出よう、友達に借りたオンボロ車で、海まで走ろう、週末の夜はオレにくれないか、たとえ最初で最後の夜でも」(もうひとつの土曜日/浜田省吾)

 

あとがき

歌うのは難しいのですが、歌詞が響いてくる歌です。

 

さすがに自分のブログで人の気持ちを動かせるほどの自信はありませんが、暇つぶし程度になれば嬉しいです。

悩んだ自分の過去を赤裸々に話すことで、同じような悩みがある人に巡り合えたら嬉しいと思っていますし、そんなときに聞いていた曲などを紹介することで、誰かが元気になってくれればと思います。

 

いつもながら真面目ですね、いろんなことがあったっていいじゃない、失敗だってあるじゃない、人間だもの。

 

ところで、いつ女の子紹介してくれるん?ばいちゃ!

 

 

 

広告