読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

summersunday’s blog

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに男は ブログを書くのです

残業上限「月100時間」についてのヘボリーマンのオピニオンブログ

就職・転職 就職・転職-転職

f:id:summersunday:20170324215240j:plain

 

こんにちは。

 

残業上限100時間について。

 

30歳のサラリーマンが語ります。

 

残業上限100時間について

結論から

月100時間の残業は繁忙期であれば可能でよい、と思います。

 

なぜ?

いやなら辞めて転職したらよいと感じます。

仕事ができない人に100時間も残業させるでしょうか?会社として大変非効率なので仕事ができる人がやっていると思います。

 

36(サブロク)協定って何かよくわからないけど・・

月45時間、年間360時間って協定があるみたいです。(そうなの?)

 

特別条項付き36協定での残業上限というのがあるらしいです。

1か月100時間

2~6か月平均80時間

年間720時間

というものが設定されたようです。おそろしい。

 

f:id:summersunday:20170324215304j:plain

 

残業100時間を超えた経験について

残業が多い会社で働いたことがあります。月に60時間だと、今月残業少ないな・・・という気分でした。

 

100時間を80時間平均くらいで推移していたと思います。営業マンで、外出しても営業手当ではなく残業手当が支給されていました。毎朝8時台の始業で定時が17時、そこからすぐ残業時間とみなされました。毎日21時前後に退社していたので、月20日で80時間近くの残業をしていました。残業代は上限なしで貰えていたので、どういう手順をとっていたかわかりませんが、役所への提出などは残業ではなかったかもしれません。

 

月に100時間を超えたのは、事業部横断のプロジェクトメンバーに選ばれて、通常の仕事以外にプロジェクトチームの会議や作業が定時後に行われたときでした。約2か月ほどは退社するのが23時ごろでした。疲れ切って週末は睡眠と銭湯へ行ってマッサージを受けてゆっくりする、という過ごし方でした。

 

仕事自体は楽しくやれていましたが、さすがに体力的にしんどかったように思います。楽しくない仕事だったとしたら、おそらく精神的に病んでいたと思います。

 

残業のさらに多い会社に勤めたことについて

残業が多いことが理由ではありませんでしたが、転職をしました。求人票には残業月平均20~30時間と書かれていました。

 

入ってみると月20~30とは別世界で、同じ部署の人はほとんどが終電ちかくまで残業していました。残業は自己申告だったので、同じ部署の人はだいたい40時間くらいを適当につけるという話でした。36協定があるからかもしれません。わたしも同じように適当に45時間以下くらいで申告していました。実際は毎日5時間~6時間残業していたので、月間100時間ちかく残業していたと思います。

 

先輩にきいたところ、残業時間を50時間や60時間つけると上司から後ろの月に回してくれとか、単身赴任の人は家族に会いに行く手当を多めにつけることにして残業を減らしてくれとか、そういったことが行われていました。

 

f:id:summersunday:20170324215330j:plain

 

軽うつ症状及び自律神経失調

環境もあり、上司ともうまく話せず、ストレスを溜めていったせいか、会社に行けずに体調をくずしました。最初はネクタイを締めると吐き気がしたり、満員電車で腹痛がおきる程度が続くかんじで、下痢止めを飲んだりして対処していたのですが、全然治らずにいました。

 

周りの友人に転職しようか相談していたときに、体調面もやばいことを指摘されてメンタルクリニックに行ったことがきっかけで休職することになりました。

 

残業が少ない部署で働いたことについて

休職期間を経て別の部署で働きました。

 

環境的には、配慮をもらっていて、残業はほぼ無し、という職場で働かせてもらいました。

 

数年は残業多く働いてきた経験もあり、しばらくすると物足りない気持ちも出てきましたが、クビにならずに働かせてもらえる感謝の方が大きかったです。

 

残業が少ない環境は、自分にとって合っています。1社目の自分は、いま冷静に思うと、洗脳されていたかのように「残業している自分=仕事が任されていてデキる」と勘違いしていました。

 

残業代が減る分、給料は減りましたが、その分の時間が自分にとっては大切な時間です。

 

f:id:summersunday:20170324215357j:plain

 

その他いろいろ

以前の会社では、残業代がないと生活が成り立たないという先輩社員も居たように思います。仕事がなくても会社に居る人もいました。わざと非効率にやっているような。

 

毎日定時で帰る人に向かって、「あいつなんで帰るの?有り得ない。」という感情を抱いていたのも思い出しました。不健康ですね。

 

給料減らしてでも早く帰らせてほしい、というような気持ちで働いているときもありました。自分は残業もいやですし、そもそも働くこと自体を「苦痛」と感じます。

 

残業が多い人は、責任感が強かったりするのかもしれませんが、いまは「頭おかしい」とすら思っています。

 

さて、だんだん不健康な感情が飛び出してきたので、推敲もせずこのあたりで。

 

20代の方で残業が多く転職したいと思う方がいましたら、自分の経験談などをもとにわたしでよければ相談にのります。会社辞めたいときは、背中を押してくれる人すくないと思いますので。

 

広告